topimage

2018-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルで見頃(手前)です♪ - 2018.04.08 Sun


日本では桜前線が足早に北上し、入学式を迎える前に葉桜になりつつ地域もあるようですが、
ボスニアも春を彩る華やかな花々よりも緑の葉が目立ち始めてきました。



昨日買い物がてら、街の木々に目をやると、満開の花で賑わっていたのはこの木位だったかな。


20180407_155534.jpg

20180407_155554mini.jpg

一瞬「桜かな?」と思ったものの、花びらの先が割れていないので、プラム系なのか?
春先の不安定な天気も去り、ようやく春の陽気を愉しめる時期になったので、もう少し淡く可憐な花々を愛でさせてもらえるといいのですが。

20180402_192514-1.jpg

そして、咲いているといえば、現在制作中のズミヤニェ刺繍。こちらは白地に紺の花が少しづつ花開いております♪

20180407_182614.jpg

花以外のモチーフも入るのですが、花のモチーフに関していえば、完成度は現在7分咲き位。
上で紹介した木の花が落ちないうちに完成させる予定です。



ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日更新中!
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」


復活直前はカラフルに♪~サラエボのケーブルカーいよいよ復活カウントダウン~(運行時間&料金追記あり) - 2018.04.05 Thu


高み(から)の見物④ ~2018・春 復活~ でも紹介しましたが、サラエボ市街地と近郊のトレべヴィッチ山を結ぶケーブルカーがいよいよ明日(6日)「サラエボ市の日」に合わせて復活します。
この復活に先駆け、サラエボのバシュチャルシヤなどにはケーブルカーを模したペーパークラフトが飾られ、復活を心待ちにする人々の気持ちを更に盛り上げているようです。





ただ、再開前日だというのに乗車料金が公式に発表されていないのはどういうことなのかと(汗)
チケットが公開されましたが、そこにはまだ料金が印刷されておらずΣ(-0-;)
(料金は購入時に印刷されるとのことですが・・)

料金設定に関しては何故か揉めているようで、ボスニア国民は6KM、その他の利用者は20KMなんて話も出てましたが、最終的にどうなるのやら。サラエボの観光名所である市庁舎(Vijećnica)は2KMだった入場料がいつの間にか10KM (5倍かよ!)に跳ね上がったという過去もあるので、変に欲がくらんで観光客に敬遠されるという事にならなければよいのですがね。

なにはともあれ、再開初日は11時から来賓向けに運行、そして14時からはサラエボ市民向けに無料運行される予定とのことです。

(追記)
5月7日付けの日刊紙によると月曜日及び火曜日は10:00~20:00、それ以外の日は9:00~20:00まで運行。
また往復料金はボスニア国民が6KM、観光客(記事内にはこう記載されてますが実際には外国人と思われます)20KMとのこと。
(但し運行時間及びは料金は季節等により変更が生じる可能性があります)



ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日更新中!
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」


怒涛の3ケ月が過ぎ・・ - 2018.04.03 Tue


「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。」とはよく言ったものですが、通常の授業に加え国外研修、毎年恒例の「修羅場」もといスラヴァ(家庭の守護聖人の日)、不定期に入った仕事等、息も絶え絶えに何とか走り切った3か月間。(汗)
3月末にゲストを迎えての日本語クラスが終わった後、自分にお疲れ様の意味を込めてプシュりました♪
(下戸なのでレモネードで笑)

DZibcpHW4Ac9bFr.jpg

日本語クラスの前後によく立ち寄るベーカリーのクレープとレモネード。
レモネードが美味しい季節になってきました。


日本では新年度がスタートし慌ただしく過ごされている方も多いかと思いますが、時にはお茶でも飲みながら窓の外の新緑を愉しむ一時が巡ってきますように☆

IMG_8035 (2)

お客様を迎えての日本語クラスで生徒がお茶を淹れてくれました。(^^)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日更新中!
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」






今年の冬とかけてザキトワちゃんと解く。その心は? - 2018.03.31 Sat


先日降ったのがなごり雪となったのか、このところのボスニア北部は最高気温が20℃越えの日。
3月25日から夏時間がスタートしてからは、日の入り時間もこれまでより一時間ずれ込み、19時近くなっても余裕で明るいです。
ついこないだまでのどんよりした日々がまるで嘘のよう。




今年の冬は前半が暖冬だった一方終盤にかけては怒涛の雪に見舞われましたが、この展開は何かに似てると思ったら

フィギュアスケートのザキトワちゃんだ!

日本でも人気の高いザキトワちゃん。ボスニアの公共放送局BHTでも平昌五輪のフィギュアスケートはライブや録画中継で放送してましたが、彼女がチュチュのような可憐な衣装に身を包み、華麗かつ最後までスタミナが切れない演技には圧倒されました。
(世界選手権は隣国セルビアのRTS2で放送してましたが、彼女にとっては残念なFSになってしまいましたね・・。)

そして、ザキトワ旋風が吹き荒れたフィギュアスケートのシーズン終了とほぼ同じく、春が訪れたボスニア北部。
私が日本語クラスのために週1で通っているバニャルカでは先日からレンタサイクルが始まったらしく、たまたま通り掛かったらレンタル初日という事なのかTV局が撮影をしていました。
バニャルカの市街地はほぼ平地なので自転車で走ったら気持ちよいだろうな~と思いつつ、撮影現場の横を通りすぎました。

bicycle.jpg

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日更新中!
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」



一体どこに行けば、俺は春にたどり着けるのだろう・・ - 2018.03.23 Fri


春分の日を迎え、冬時間から夏時間へと移行する時期がやってまいりました。
今年の夏時間は25日からスタートし、日本との時差は7時間となります。
ただ、この夏時間、周囲ではすこぶる評判が悪くてですね、先月あたりのニュースでも「EUが夏時間の廃止の是非について本格的な検討を始める」という話題が紹介されていました。
まあ、ボスニアはまだEUにも加盟してませんが、この流れを受けてボスニアでも検討したりするのでしょうか。

EU 夏時間廃止是非検討へ(毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20180220/k00/00m/030/044000c

何はともあれ、日も大分長くなり、出先から夕方のバスで家路に着いても窓の外の景色を楽しめる時期になりました。
片道一時間半程の道中、自然の芽吹きが感じられて、いよいよ緑萌えるだな~、と思ってたところ

13marcorage.jpg
(ボスニアの車窓より)

春分を迎えたその翌日、再び空から白いものが落ちてきたではないですか!
本当にこの冬は先の読めない空模様に翻弄されっぱなしです。


nino21mart.jpg

雪の中に埋まりながらも庭駆け回る愛犬・ニーノ。(しかし喜んではおらず>汗)
一体どこまで走れば春にたどり着けるのでしょう・・(汗)

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日更新中!
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2018年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2018年は以下の通りです。

4月1日 イースター
(ローマカトリック)

4月8日 イースター
(セルビア正教)

6月14日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

8月21日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。