topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋雨/春風 - 2008.11.17 Mon

秋は何故か別れが多い季節である。
そして、その別れは一時のものではなく、永遠である事が余計に胸を切なくさせる・・

生まれて初めて近しい人の最期の姿に対面するという経験をしたのは 、ボスニアに来て5年目の晩秋の事だった。そして、つい先日、オットの知人が最期まで周囲に自らの病を告白せぬままこの世を去った。

そして秋雨の日には、昨秋に訪れた知人の死を思い出す。
突然の死を告げる電話が鳴ったのは、秋雨が激しく窓ガラスを叩く夜だった。
そして今、秋雨の音をかすかに聞きながら思い返すのは、秋の冷たい雨ではなく暖かな春風吹く過去の1日である。

それはある晴れた春の昼下がり、かなり歳を召しているにも関わらず元気よく自転車のペダルを漕いでやってきたその人は自宅に電話を掛ける為に我が家に立ち寄った。
どうやら役所に提出する書類に不備があったらしく、不足分の書類が自宅のどこにあるのか電話で奥さんに確認をしたかったらしい。

しかし、奥さんに書類が保管されている場所を説明しても奥さん側には上手く伝わらないらしく、段々と苛立ってくる声が庭にいた私の耳まで届いた。
いつもは強気な奥さんの横でいつも人がよさそうな顔で微笑んでいるその人も遂に業を煮やしたらしく、飛び出す、というよりまさに「ほとばしる」という表現がピッタリな勢いで

「○○××△△▲▲×××××××□□■■×××××!!!!!!!」

と悪態のオンパレードが始まった。

余りの勢いに驚く、というより、あの温和な人から飛び出した予想外の語彙に不謹慎にもついプッと噴出してしまったが、受話器を置いて家から出てきたその人の前では何気ない風を装う私であった。

この国では老若男女関わらず悪態をつくのは日常茶飯事ではあるとはいえ、自分の悪態の連発が外にも筒抜けだった事は自覚していたのだろう。
電話利用のお礼を告げるその人の顔が、なんとも恥ずかしそうな、はにかんだ表情だったのがなんとも印象的だった。

その人は春風が吹く中を再び軽やかにペダルを踏み、自宅に向かって走り去っていった。

到って穏やかなその人の口から悪態を耳にした事は、後にも先にも記憶が無い。
そして、別れの予感もなく、本当に突然逝ってしまって1年が経とうとしている。

それ以来、秋雨の降る夜には、爽やかにペダルを漕いで立ち去る背中に降り注いでいた春の陽ざしと、温和な人柄を表すような春風の暖かさが私の心に甦るのである。












● COMMENT ●

そうですね。
秋になると、私も幼い時のことなどいろいろなことを思い出します。
空気が澄んできて、例えば金木犀や通りに流れてくる食事の匂いなどが鮮明に嗅覚を刺激してくることと関係しているような気がします(私の場合)。不思議なのは、わくわくするような楽しいことではなく胸がキュッとくるような記憶ばかりがよみがえって来ることです。
今月、祖母が97歳でなくなりました。
正確には97歳の誕生日を迎える僅か5時間前に息を引き取ったのですが、この世に生まれたのと全く同じ季節に逝ったのは偶然とはいえ祖母らしい気がしています。大きな木立にぐるりと取り囲まれた墓地では枯葉がぱらぱらと音を立てて舞い落ちてきて印象的でした。来年からはこの季節になるとMic'oさんが知人を思い出されるように私も祖母を思いだすんじゃないかと思います。なんだか切ない季節ですねぇ・・・。

>デベラさん

まず、お祖母様の事、心よりお悔やみ申し上げます。
秋はスポーツに興じるもよし、読書にふけるもよし、食べるもよし(笑)、と何をするにも適した季節なのにも関わらず、何となく物悲しいセンチメンタルな気分になりがちな季節でもあるのですよね。
特に落ち葉が舞い降りてくるのと人生の終焉というのは重ね合わせて見てしまいがちかも。

でも、命の終焉だけでなく、新緑から黄色、赤とその色を変え、そして朽ちていく木の葉を見ていると若さから徐々に円熟の時期を迎え、そして世界を次世代に託して幕を閉じていく・・そういった生の美しさに思いを馳せる時期でもあるのかもしれませんね。
そして、今は亡き人達から引き継いだものを時折思い返しながら、その存在に改めて感謝したいな、とも思うのです。

デベラさんのお祖母様が全ての痛みや苦しみから解放され安らかに眠られますように・・


管理者にだけ表示を許可する

静けさの前の嵐 «  | BLOG TOP |  » 鬼に笑われるのはどっちだ?(汗)

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。