topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラエボ空港に格安航空会社が就航! - 2008.10.19 Sun

立て続けに情報系のネタになってしまいますが・・

ボスニアにおける主な空の玄関口・サラエボ空港に離発着する便も年々増えつつありますが、今夏からドイツの格安航空会社Germanwingsがケルン・ボン(Cologne/Bonn)空港からサラエボに就航開始しました。

同社のサイトでフライトスケジュールを検索したところ、残念ながら週2便のみの運行だそうですが、参考までに再来週のスケジュールです。


Cologne-Bonn→ Sarajevo (TUE) 11:25→13:25
Cologne-Bonn→ Sarajevo (SAT) 15:35→17:35


Sarajevo→ Cologne-Bonn(TUE) 13:55→15:55
Sarajevo →Cologne-Bonn(SAT) 18:05→20:05

Germanwingsのウェブサイトはこちらから



10月25日<追記>

前述の便に加え10月28日からはサラエボ-シュトゥットガルト便が就航します

Stuttgart-Sarajevo

火 14:05-15:50
土 16:00-17:45

Sarajevo-Stuttgart

火 16:25-18:10
土 18:20-20:05

何とシュトゥットガルト-サラエボ便の最低運賃は片道9EURO!(サラエボ-シュトゥットガルト便は26EURO)
その他+で32.14EURO(サラエボーシュトゥットガルト便は+53.5EURO)が加算されますがそれでも40EUROちょっとで飛べるのは朗報ですよね。




● COMMENT ●

Germanwingsついに就航ですか。
ただ、日本とサラエボ間を移動するのにどれだけ影響があるのかわかりませんが。

アリタリア航空が経営破綻して、いつのまにかサラエボ-ミラノ間の便は無くなってますね。
悪い噂を聞いていたので一度も乗ったことないですけど・・・。

サラエボ空港のホームページを見ると、ノルウェーの格安航空会社も土曜日にオスロ、ストックホルムとサラエボ間の便を飛ばしているみたいです。

安上がりの長距離移動といえばバスが主ですが、飛行機や鉄道網がもっと充実して選択肢が増えることを願っています!

>イエティさん

>>ただ、日本とサラエボ間を移動するのにどれだけ影響があるのかわかりませんが。

Germanwingsはケルン・ボンを拠点としてますので、日本から直接サラエボに入る事を考えてらっしゃる方は利用されないのではと思います。日本からチケットを購入するんだったら下手に格安航空会社を使うより、欧州の各都市追加料金で飛んでもそう料金的に変わらないと思うし、(確かルフトから直接購入する場合は日本→ドイツ各都市からサラエボまで+16000円位だったと思います。)何より時間のロスが出ませんから。
ということで、欧州内を周遊していてドイツからボスニアに短い時間で移動したい(特にミュンヘンより北西に離れた都市)と考えている人にはお勧めだと思います。そういう選択肢が増える事はいいと思いますけどね。

それからアリタリアは破綻しましたが、ネット上の情報だと一応まだ飛んでますよ。
サラエボに週2便だったのが1便になり、ついに無くなってしまったのは残念でしたが、突然破綻し、乗客に何の保証もなく消えたス○ス航空よりはよっぽどマシですね。(これでオットの身内もトバッチリ受けましたから)アリタリアの普段のいい加減ぶりから考えると、いい意味で予想を裏切られた感じです(笑)
ただ、再建に関してはまだゴタゴタしているようですし、この世界不況の中今後どうなるのか見通しが立ちませんが。
アリタリアで直接ボスニア入りするのは出来なくなったものの、、クロアチア(ザグレブ、スプリット)、セルビア(ベオグラード)へは相変わらず便が飛んでるだろうし、間接的には今後もボスニアへ来る方の足になっていくのかな、と思いきや、ザグレブ空港のサイトをチェックしたら見事にアリタリア便が出てきませんでした。今後イタリア路線はクロアチア航空か格安航空会社に委ねられるのかな?

北欧はこちらから難民で入っている人が多いので格安フライトのの需要はかなりありそうですよね。私の街のバスターミナルにも時々北欧かららしきバスが止まっているのを見かけますが、どんだけ走るんだって見ている方が心配になってきます。


管理者にだけ表示を許可する

マリファナ、口ずさむべからず(?!) «  | BLOG TOP |  » 君がいた夏は~我が家の夏祭り事情~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。