topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君がいた夏は~我が家の夏祭り事情~ - 2008.10.01 Wed

少々前の話で恐縮ですが、数年振りに日本で過ごした今年の夏は私にとって「これぞ夏!」と感じさせる地元の祭りを堪能する事ができました。
物心ついてから日本の祭りを体験するのは初めてだった息子も七夕(仙台ほど盛大ではありませんが)や友人に誘われて遊びに行った夏祭りでスイカ割り(見事に命中してスイカもらってきました)やじゃんがら念仏踊りを体験させてもらったりと沢山の思い出が作れたようです。

一方こちらでは、私達が戻ってきてから数週間後に1年で最大のイベント「ヴァ-シャル(Vasar)」が開催されたのですが、私は所要で丁度この時期に家を留守にしていたので、約一週間の期間中私が行けたのは帰宅した翌日(最終日)のみ。
毎年立ち寄っている綿あめ屋さんで綿あめとポップコーンを買い、なぜかシートベルトがついていないジェットコースター(座席前方に捕まるバーがついてるものの、横に座る子どもを片手で抱えてないと落下しそうで怖い!!)で絶叫し、最後に数年越しで欲しかったものを手に入れたので一応満足しています。
とはいえ、例年なら会場から祭囃子が聞こえ始めるようになって徐々に気持ちが盛り上がっていくところ、今年はそういった流れを経ずにヴァ-シャルが幕を閉じてしまったので何となく中途半端な気持ちで夏の終わりを迎えてしまったような感もあります。
昨年のヴァ-シャルに関するブログ「マリヤが眠りにつく頃に」で息子と私の季節感の違いについてお話しましたが、私にとってもヴァ-シェルは晩夏の風物詩となっているようです。




一昨年のヴァ-シャルで我が家にやって来た熱帯魚(ベタ)「おた」も無事3年目を迎えました。(maityさん、飼育のご指導ありがとうございました☆)
「おた」の若かりし頃の姿はこちらでどうぞ

※追記(10月3日)

この日記をUpした数日後、「おた」は天寿を全うしこの世を去りました(涙)

<余談>
今年は私の母校が高校野球の県予選でかなりいいところまで進んだ事もあり、スタジアム&TV前で母校の応援する事が多かったのですが、どの高校でも応援に使っていたJitterin' Jinnの「夏祭り」、「♪君がいた夏は~」で始まるこの曲は私達の高校時代に流行ったこともあり懐かしさ一杯でした。
年月を経ても高校野球の応援に使われる曲は定番になっているものが多いですね。




● COMMENT ●

遅ればせながら…。
最近寒くなってきましたので、そういえば「おた」はどうしているかな?とふと頭によぎっておりました。
久しぶりの「おた」の話題が出た!と思ったら……がっくり。

気が付けば、「おた」がMic'o家にやってきて2年も過ぎてたんですね!
「おた」の襲名など、出会った頃の話題も今でもちゃんと記憶してます。

実家ではずっと犬を飼っており、私が居た頃でも過去2頭天寿を全うし、また自分自身も、熱帯魚やハムスターを飼っておりましたが、にも拘らず残念ながら、私は飼っていた動物たちの「終焉の瞬間」って一度も見たことがないのですよね。。。
その瞬間に立ち会えたと聞き、学校が始まり、どんどん外にいる時間の方が長くなったみっしゅくんにとっては、奇跡のようなものだったと思います。

悲しいことですが「おた」の死を通して、みっしゅくんはひとつまた成長してくれたのではないかと思います。そういう意味でも「おた」には本当に感謝ですね。
「おた」も、家族になったその日から、自分のひとつひとつの軌跡を覚えてくれているMic'oファミリーにきっと感謝している事と思います。
私も、他人事とは思えず何だか悲しいです。
「おた」のご冥福をお祈りします。

>Maityさん

「おた」のこと気に掛けていてくださってありがとうございました。
彼の元気な姿をmaityさんにも見ていただきたいな~と思い画像を貼り付けたのですが、その矢先の訃報になってしまいました(涙)
この写真を撮った頃はエサを余り食べなくなっていたり、と不調ではあったものの、見た目は元気そのものだったんですけどね・・

飼育開始当初からmaityさんには色々と飼育に関してご指南頂きましたが、「おた」がこうして2年以上に渡り私達と生活を共に出来たのもmaityさんのお陰だと思ってます。本当に色々なアドバイスありがとうございました。

動物の最期ってどれだけ長く生活を共にしていてもなかなか立ち会えるものではないですよね。
私も生後数ヶ月足らずでこの世を去った愛犬が亡くなった数時間後に段々冷たくなっていく体に触れて死を感じたことはありましたが、死にゆく瞬間に立ち会ったのは今回が初めてでした。みっしゅも授業が午前中だったので丁度その場に居合わせたのですが、最期を迎えてしまった事自体は悲しいものの、自ら名付けて可愛がっていた1つの命を見送る、という意味では、みっしゅが家にいた時間だった事が幸いだったと思います。

家に1人でいる時に「おた」とニラメッコをしてみたり、手の振りにあわせて躍らせてみたり(向こうにしてみればただの挑発・・>汗)、思い出せばキリがありませんが、本当にいい相棒だったんだな~
リキとの時間も大切に過ごしたいと思います。


管理者にだけ表示を許可する

サラエボ空港に格安航空会社が就航! «  | BLOG TOP |  » ご無沙汰しています!

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。