topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖なる朝に乾杯を~第3話・ご利用は計画的に☆ローミング節約術~ - 2008.04.16 Wed

ボスニアでも一般的に普及して久しい携帯。
国内旅行の際には利用している携帯電話会社の電波がほぼ確実に網羅されている為、電話本体さえ忘れなければ出先での通話に困る事はありませんが、今回行く先はなんといっても国外。
実はドゥブロブニク訪問の際にバスのドライバーさんと連絡をとる必要が出たのですが、SMSの方が安いとは思いつつも緊急性の高い内容だった為に通話する方法を取ったところ、数分の通話にも関わらずチャージしていた分とほぼ同じ金額のローミング代がさっぴかれてしまった為それ以上の通話が不能になるという事態に陥ってしまった私。 orz

まあ、ドゥブロブニク滞在は日帰りでしたし、基本的に業務関連の連絡は同行者の方の電話を利用していたので問題はありませんでしたが、今回は一旦モンテネグロに入ったらほぼ2日料金チャージするチャンスが無い事から、事前にローミングに掛かる料金をチェックしておく事にしました。

私が使用している携帯電話会社「m:tel」のサイトによると、モンテネグロには5社の携帯電話会社があり、それぞれにローミング使用料金にもばらつきがある模様。

SMS送信に関しては会社間で最大25フェニング※(約20円)位の違いしか有りませんが、ローミング経由の通話送受信にはかなりの差額がある事を発見しましたよ~。

※フェニングはボスニア通貨の最小単位で100フェニング=1KM(コンヴェルティビルナ・マルカ)

多分私が使用しているm:telと何らかの協定関係があると思われるm:tel(モンテネグロ)のローミングだと、

通話受信料→無料
通話発信、ボスニアへの通話(多分1分あたりの通話料)
モンテネグロの他の携帯会社への通話( 〃 )→各44フェニング(約35円)
に対し

MONETとPROMONTEのローミングを利用すると

通話受信料→63~65フェニング(約51円~52円)
通話発信料→3.72KM(約300円→両社共)
ボスニアへの通話、モンテネグロの他の携帯会社への通話料→3.36KM(約270円→両社共)


と発信、通話料に関してはm:telの7倍に!!
これは調べておいて大正解です。

実際にモンテネグロへ入国してみると、国境近くや山間部など電波が届きにくい場所では携帯の画面にMONETとPROMONTEが表示される機会が多かった為、通話するのはひたすらm:telの電波を受信できるまで我慢。
幸い、最も通話の必要性があったオストログ修道院付近ではm:telの電波が受信できたのでオストログ訪問中はどぶ朗さん&maityさんとも随時連絡を取る事ができました。
ただ、欲を言えばお2人がお住まいの付近を通過した際にも電波が届いていたら~と。

この旅行中かなりのSMSを送信し、m:telの電波が届く地域では何度か家族にも電話を入れましたが、3日間で掛かった携帯電話代はしめて

約6KM(約500円)

これは、ローミングを自動切換えに設定すると高い会社に切り替わってしまうので、常に手動にてチェックしていたのに加え、オットと息子が旅友・蝶々おばさんの家族宅にお邪魔している事が多いので、蝶々おばさんが家族に電話する際にはオットへの伝言も伝えてもらう(もしくはその逆)という具合に電話代節約に務めた結果でもあるんですけどね。
一方、ローミング代を意識せず電話されてた方の中には、最終日のバスの中で「旅行期間中の電話代50KM(約4000円)も掛かっちゃったわよ~」と叫んでらっしゃる方もいらっしゃいました。

日本から海外に出かける際に国際ローミング可能な携帯を持参される方も増えているようですが、お出掛け前には通話料に加えローミング料金の確認をお忘れなく☆

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ご無沙汰しています! «  | BLOG TOP |  » 聖なる朝に乾杯を~第2話・ニアミスを回避せよ②~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。