topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日曜の朝に - 2008.03.23 Sun

ブログ左端に随時Upしている「一言宅急便」でも紹介しましたが、今日はローマ・カトリックのイースター。カトリック信者が大半を占めるクロアチア人の方々が家族や友人達とキリストの復活を祝している時、

セルビア正教が多数を占める地域に住む我が家では、息子が朝も早くから1人サッカーの親善試合に出かけて行きました。

遠征先はここから車で一時間程の所にある、ボスニア連邦側のイスラム教徒が多数を占める街・G市。
お互いの宗教上の暦の上では普通の日曜という事で、チーム関係者の間で自然と「そろそろ春だし、練習試合でもするか~」という話になったようです。

ちなみにこのチームとは息子のチームが発足して間もない1年半程に対戦した事があるのですが、その時には7-1(8-1?)で大敗を喫したものの、今回は2-1と惜敗。
チーム全体の実力もかなり底上げしたようですが、初めての試合では右も左も分からないまま走っていた息子が、「あ~悔しいよう~!!」と半泣きで帰宅した所に時の流れを感じました(^^)

utakmica


初対戦の後で撮影した記念写真
真ん中に写っているのは相手チームでプレーする女の子です。

(写真をデジカメ撮影したので画像が不鮮明ですが・・)

まあ、宗教の違いが日々の過ごし方にちょっとした違いを与える事はありますが、だからといって他の宗教を全く無視しているという事ではなく、お互いの祝日には電話やSMSにてお祝いの言葉を伝えることも忘れません。
私もカトリック信者のお友達に「Sretan uskrs!」のメッセージを送りました。(だからといって一応仏教徒の私にブッダ誕生日のお祝いメッセ-ジを送ってくる人はいないのですが・・^^;)

ところで時間は一週間程遡りますが、先週末世界遺産としても有名なクロアチアのドゥブロブニクを訪れた際、聖ヴラホ教会(と思われる)の前で人だかりを発見。

olive


olive2


地元の方と思われるご婦人がオリーブの葉とラベンダーらしき花を手にしています。

最初何かのプロモーションかと思ったのですが、ふと「情熱と冷静の間・Rosso(江国香織著)」の中に「先週はオリーブの枝をもらいに教会にも行った」という一節があったのを思い出し、ようやくの日は枝の主日(※)という事に気づいたのでした。

※枝の主日

復活祭(イースター)一週間前の日曜日。
教会で貰ったオリーブの枝は一年の健康や幸福を願い家に飾られる。

porodica


オリーブの枝を手に家路に着く親子連れ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

何となく投稿&ヤドランカさんラジオ出演 «  | BLOG TOP |  » (注意)ボスニア・スルプスカ共和国内におけるコソボ独立抗議行動

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。