topimage

2017-10

聖なる朝に乾杯を ~第一話 ニアミスを回避せよ!①の巻~ - 2008.04.09 Wed

3月中旬に仕事でボスニア一周したのも束の間。それから10日も経たぬ内に今度は私用で隣国・モンテネグロを半周する旅に出ることになりました。

そもそもこの旅に出るキッカケは、ボスニア一周行脚の最中にオプショナルツアーとして立ち寄ったクロアチアはドゥロブニクでの出来事に遡ります。

私をモンテネグロの地へと誘う事となった、かの地での出来事とは・・・
ice


(暢気にアイスを頬張っている場合ではなかったのですよ!>自分)



そもそも、ボスニア一周旅行中は連日長旅が続く事が予想されていた為、休日となった日曜はオプショナルツアーに参加せずにホテルでゆっくり休養を取るか、もしくは近場でクロアチア国境近くのリゾート地・ネウムまで足を延ばしてみるつもりでした。
しかし、長年憧れていたドゥブロブニク行き。折角の機会をみすみす逃すのは絶対後悔する、と思い直してツアーに参加する事に。
滞在時間は短かったものの、案の定十二分に満足の行く訪問となり、しかも久々の潮の香りでリフレッシュ効果まで得る事ができたのですが、後に1つだけ大後悔を招く事が発覚しました。

個々数年来ネット上で親しく交流させて頂いているどぶ朗さん&maityさん夫妻はこのドゥブロブニクから2時間ばかりの所に位置するモンテネグロはティバットに在住されており、時折ドゥブロブニクにも足を運ばれている様子。
そんな事もあって「もしかしたら偶然御二人がかの地を訪れる日と重なったりとかないだろうか?」と淡い期待は常に胸の中にあり、何度か事前に連絡を取ってみようかとも思ったのですが、連絡を取ろうにもネット環境もなければ御二人の携帯番号もなく。加えてやっぱり余りに突然すぎるかな?という思いもちょーっぴりあった事から、願わくばドゥブロブニクでオフ会との願いは空想の中だけに留まったのでした。

ドゥブロブニク滞在中はシーズンオフにも関わらず本当に沢山の日本人観光客とすれ違い、その度に顔を見た事もないどぶ朗さんとmaityさんの姿を探してみたりしたのですが、なんと!!いらしたのですよ

どぶ朗さんが~!!!!(これまた残念ながら妻のmaityさんはお家でお留守番)

後程私とどぶ朗さんの話を総合してみると、同じ時間に同じレストランで同行者の方々と食事をなさっていたのです・・
(但し私達は屋内で、どぶ朗さん達はテラスで食事をしていた)
更には私が同行させて頂いていたグループの方が自由行動中におみやげを買うために立ち寄ったお店(通称・「鬼嫁の店」>笑)でどぶ朗さん達御一行と会話を交わした模様。
レストランから出る時に日本人のグループを目の端でちらっと捉えてはいたのですが、まさかそれがどぶ朗さん、その人だったとは~!!!!!

ただ、残念な事にお互い顔も知らない同士。
全く気づく事なくドゥブロブニクを後にしたのでした

もし、連絡を取っていたら、ひょっとしたらうまくお二人に会う方法を見つけられたかもしれないのに

こんなニアミス状態だった事に全く気づかずに街中を散策していたとは、これはただただ、悔しいの一言につきる・・・・orz

この事実を知ってからというもの、「後悔先に立たずとはよくいったもんだよ。ハァ~」と溜息ばかりの私でしたが、「これまではネット上でしか会った事がなかった人と同じ風景を共有しただけでも進歩じゃないか~」と思い直しつつあった数日後、外出先から帰宅したオットがニヤリと一言

「オストログに、行ってみない?」

                   ~②に続く~








関連記事

● COMMENT ●

あ、またアイスが食べたい

このアイス屋さんにも毎回出没しているどぶ朗です(笑)

ドゥブロブニクは日本人観光客も多くて、珍しくないので中々話しかけるのも・・・という気もしたのですが、鬼嫁の店でお話をした方は、ボスニアから見えたというので、もしや・・・?とは思ったのですが、ホントにもしや!だったとは(笑)

②も期待してま~す!

後日、ニアミスが発覚したときは、我が家も「惜しかったね~!」と数日間、話題にのぼってました(笑)

しかし、Mic'oさんが長年の夢だった「ドゥブロブニク」に行くことが出来て本当、よかったです。潮の香に包まれて、晴れ晴れとした顔のMic'oさんが想像できましたよ~!

それにしても2人で笑わせてもらったのが・・・(笑)
同じレストランにいながらも、どぶ朗だと分からなかったのは無理ありませんが、Mic'oさんと同行されてた皆様が、どぶ朗が日本人だと気が付くのに時間が掛かったのも「あ。やっぱりね~(笑)」と爆笑させて頂きました!!

クロアチアでということもあって、お互いのホームグラウンドではないので、なかなか同じ空間にいても互いに気が付かないものだと思いますが、どぶ朗の異国情緒あふれる顔がさらにMic'oさんを混乱させたのかと・・・(^m^)

今後はいつMic'oさんとバッタリお会いしてもいいように、常に周囲には気を配って外出するよう心がけたいと思います(笑)

>どぶ朗さん、maityさん

>どぶ朗さん

アイス屋さん、丁度あの時期から再オープンしたんでしょうか?
私達が現地に到着した午前中は結構肌寒かったので「あ、アイス屋さんだ。でも今日はスルーしよう」と思ってたところ、同行者の方が「食べたいな~」とつぶやかれたので、急遽立ち寄ってみる事に。
でも、本当に久々(というか旧ユーゴ内で初めて!)チョコミントにありつくことができたので結果オーライでした☆
キンダーチョコは気が付きませんでしたが、今度行ったらチェックしてみたいと思います。でも、シーズン真っ只中に行ったらのんびり選んでいる暇もない位混雑してそうですよね(^^;)

>maityさん

本当にね~、お互いのホームじゃない場所(でもお二人にとっては半ホーム?!)で知らずの内に出会っていた、っていうのがまた何とも摩訶不思議というか・・・
でも、今となってはきっとこれもオストログでの出会いへの布石だったのではと。

ドゥブロブニクで日本人男性グループの中にエキゾティックな顔立ちの男性がいらしたら、きっとそれはどぶ朗さんで間違いなし!ってもうお互い面が割れているから、ニアミスの心配はないさそうですよね(^^;)

でも、訪問先で「もしかしたらあの人とすれ違うかも・・」ってドキドキしつつ歩くのも結構楽しいですよね☆




管理者にだけ表示を許可する

聖なる朝に乾杯を~第2話・ニアミスを回避せよ②~ «  | BLOG TOP |  » 何となく投稿&ヤドランカさんラジオ出演

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード