FC2ブログ
topimage

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語クラスの年賀状・2018〜ボスニアの年賀状にあって日本の年賀状にないものとは?〜 - 2018.01.09 Tue

ボスニア北部バニャルカの高校で課外活動としての日本語クラスを担当させてもらってから今年度で4年目になります。
年賀状はクラス2年目の授業から年末の恒例行事となっておりますが、生徒達、今年も年賀状の例文を見ながら(ほぼ)初めての縦書きに取り組んでおりました。

coramini.jpg

これまで2回の経験から、縦書き自体は想像していたより難しくないようだという事が判明したので、今年は新しいステップとして日本から持ち帰った筆ペンを投入してみることに。
筆ペンで文字を書く事って日本人でも割と苦手にしてる人少なくないようですが、かくいう私も結婚して姓がカタカナになってからは今まで以上にバランスよく書くのが難しく、自分の名前を書くのも四苦八苦してるのですが・・(汗)
でも、筆ペンに予想以上の反応があったため、もっと持ち帰ればよかったと後悔。
今回筆ペンを使う機会がなかった子達には、また別の機会を作ろうと計画中です。
(終了式の時に筆ペンで七夕の短冊を書くというのもいいかも、と思ってます)

fude4.jpg

今回筆ペンを使って年賀状を作成したのは3名。
内2人は軽く鉛筆で下書きをしてたみたいですが、慣れない筆ペンで下書きをなぞるのもそう簡単な事ではないですよね~。
1人はインクを出しすぎちゃったらしく、最初の方の文字が少し滲んでしまいました。(インクの量に気をつけるようアドバイスするべきでした・・)

prvirazredmini.jpg


drugizmini_20180104025517fc5.jpg

drugimmini.jpg

aidrmini.jpg

今回の作品はこんな感じに仕上がりました。(名前の部分は伏せてあります)
本文は縦書きなのに、名前は横書きしてしまった子達がいたり、文字を抜かしてしまったり、見本にあった私の名前までうっかり書き写してしまい焦ってしまった子がいたり(「先生と自分の名前で連名にしちゃいなよ!」ということで解決)、細かい部分で惜しい生徒達もいましたが、今回も年賀状作成無事終了☆
例年通り、冬休み明けに学校の廊下に展示してもらう予定です。

sofijamini.jpg

提出するのは忘れてしまったものの、この日クラスの生徒に連れられて飛び入り参加してくれた子が書いてくれた年賀状。日本語の横書きも縦書きも初体験という事で、まず横書きで書いた後に縦書きに挑戦してくれました。
日本語にも関心を持ってくれたので、休み明けにはまた顔を出してくれる事を期待☆

dra5_201801040231269ca.jpg

初めて年賀状作成に挑戦する生徒達が大半な中、3年連続でクラスに参加してくれてる子の作品を並べてみました。
最初の年は鉛筆書きで、おの点の部分が抜けてしまったりしてましたが、2年目からはペンで一発勝負。3年目の今回はほぼまっすぐに書けてるところに成長を感じます。
今年は最上級生という事で勉強が大変らしくなかなかクラスにも参加できないのですが、年賀状作成は毎年楽しみにしてくれてるようで何とか時間をやりくりして参加してくれました。

とここまで生徒達の年賀状を見て頂いたところで、何かお気づきになられた方もいらっしゃるのではないかと思いますが、日本の年賀状になくて、ボスニアの年賀状にあるもの、それは「クリスマスにちなんだイラスト」。
日本の年賀状には干支の絵を描く事が多いという事は説明したのですが、ボスニア、中でもセルビア正教徒が多いこの辺りの地域では旧暦(ユリウス暦)に沿って1月7日にクリスマスを祝うためか、お正月の後にクリスマス→ついクリスマスを連想させるイラストを描いてしまうという流れのようです。

昨年日本に帰省した際、日本の小学生達にボスニア文化紹介の一環として生徒達が以前書いた年賀状を見てもらったのですが、その後に書いてもらった感想の1つがこちら。


20170916_155254.jpg

確かに、年賀状にクリスマスのイラストが描いてあったら驚くよね(^^;)
日本の文化を知ってもらうために始めた年賀状作成ですが、こんなところにも2つの文化の違いが垣間見えるのは面白いですね。

ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

NEW ! インスタグラム始めました。ほぼ毎日更新中!
https://www.instagram.com/michobih/


コツコツ仕上げたズミヤニェ刺繍の作品等を紹介しています。
ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」



関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「知ってるつもり」からの脱皮を図る~同じ正教なのにクリスマスが異なるのは何故なのー!編~ «  | BLOG TOP |  » 新年のご挨拶&我が家のお犬様事情

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2018年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2018年は以下の通りです。

4月1日 イースター
(ローマカトリック)

4月8日 イースター
(セルビア正教)

6月14日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

8月21日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。