topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の子?女の子? - 2006.09.09 Sat

日本では41年振りの親王誕生に沸いているようですが、我が家では8月末に突如やって来たニューフェイスを巡りちょっとした騒動が沸きあがっております。

息子の気まぐれによって「おた」と名付けられた我が家の新入りは

ota.jpg


我が家の男性陣がお祭りからお持ち帰りしたおさかな。

特別な装置も要らず水道水の中で飼えるので手入れが楽という事なのですが、これまでにちょっと見かけた事がない種類の魚で色合いもかなり微妙。
でも見慣れてくるとなかなか愛嬌もあるし、手を振ると一生懸命踊ってくれるような仕草を見せるのが可愛くて(多分他の魚だと思って興奮してるだけ)、明けても暮れても「おたさ~ん」とつい声を掛けてしまう生活を送っています。

で、「おた」という名前なんですけど

↑でも述べたように息子がメスかオスか考慮する事もなく適当な言葉をつぶやいている中から何の脈略もなく命名されたのですが、
私にとって「おた」という響きはオスっぽい。

と感じるのに対し

オットにとっては当然の如く"メス"を思わせる名前のようである。

(旧)ボスニアのかけらの中でもボスニアの名前について取り上げた事があったけど、こちらの名前で「A」でおわるものは例外はあれど大抵女性の名前。

それに大して「た」で終る日本の名前って、「こうた」とか「ゆうた」って男の子って感じがしませんか?

故に「おた」が私達の会話の話題にのぼる際、オットによって語られる時の「おた」は「ona(彼女)」になり、私が語る時には「on(彼)」になる。

見た目とかでなく、名前の響きによって性別に関する見解が違うというのはちょっと面白い。
他の言語だと一体「おた」はオスらしいのだろうか?それともメスっぽい?

というか、魚の性別ってどうやって見分けるんでしょうか?(汗)


● COMMENT ●

おた。う~む”おたかな(おさかな)?から来たのだろうか・・。チョット推理してみちゃいました(笑)
そっか!そういわれればドイツ語も最後がAは女の子の名前だもんなあ。でも、私も”おた”ちゃんは男の子の気がします。あ・・根拠はありませんけど。
しかし、綺麗な色ですねえ~。小さな魚には癒されますねえ。大きな魚は食べたくなったりしますけど(笑)

>光ちゃんママ

「おた」っていうのは魚と全く関係のない事をつぶやいていたら、突然言葉が「おた」で止まって、そのまま命名になっちゃったんです。でも「おた」→「おたかな」説だと言われたら納得しちゃいそうですよね☆とりあえず本人的に何も考えていなかったようです(汗)

光ちゃんママも「おた男の子説」に一票ですね!本文書いている時はぱっと「た」で終る名前思いつかなかったのだけど、「かんた」とか「りょうた」とか「ごんた(??)」とか色々ありますよね。最後が「た」で終る名前って響きがかわいいな~と思うのだけど、勘違い続発しそうだからやめときます(涙)

>>しかし、綺麗な色ですねえ~

実物はもう少し青みがかった色をしています。
実家の近所の水族館にマグロが沢山泳いでいる水槽があるところがあるんですが、見てると知らず知らずのうちに「あー刺身にしたら美味しそうだ~」と思ってたり(笑)

きれいなお魚ですねえ。そちらでもお祭りで金魚すくいみたいなものがあるのでしょうか。水族館のマグロといえば、やっぱりツナと表示してましたっけ。例えば牛、とかカウよりビーフといった方がダイレクトに食べ物っぽいじゃないですか。ツナって書いてあったら私も食欲そそられそうですが・・・。そういえば、Mic'oさんのお家の辺りはあまり新鮮なお魚はないんでしたっけ?

この魚は、ずばり熱帯魚の仲間『ベタ』だと思います。
ウチも昔飼ってました(日本で)。ポンプとか要らないし、水換えも頻繁にやらなくていいし、すごく楽ですよ!エサもそんなに食べないから、顆粒タイプのエサ4~5粒でお腹いっぱいになります。
ちなみに、こちらの「おたちゃん」はオスです。ベタはオスの方がヒレがヒラヒラして豪華なんですよ(^^)
メスはヒレが小さくて、普通の魚みたいです。メスを入れると繁殖しますが、オス同士同じ水槽に入れると、ケンカするんで(しかも殺し合い)絶対同じオスは入れたらなりませんよ~!

それにしても、お祭りでベタ持って帰ってくるなんて・・・すごいなぁ~。
って私も、金魚すくいの小さなひも付きのビニ袋に入ったベタが一匹ずつ並んでいたのを買ったんですが・・・。お祭りでってだけで風流?ですね(^^)

また、飼育のことで何か疑問ありましたら、メールください。唯一役立てる分野のような気がします(^^;

>デベラさん

アク○○リンのマグロ展示のところって「ツナ」って表示されてましたっけ?
でも、お肉と違ってお魚は大抵解体せずにそのまま焼いて食べるからその分食欲がそそられてしまうのかも・・
牛の場合はカウだったらまだ動物そのもの(?)として見れるけど、もし間違ってビーフって書いてあったら解体された後の姿を想像しちゃうかも。
そういえば現在うちの息子は「鶏肉はにわとりじゃないよね~」といちいち質問するのがブームです。多分本人もうすうす分かっていて聞くんだと思うんだけど、こんなオマヌケな会話を交わせるのも今のうちなので「そうだよ~にわとりじゃなくて鶏肉だよ~」と答えを返しています。でも、「にわとり=鶏肉」と頭の中でしっかり結びついた後でも「動物は可哀想だから食べない」とか言わずに「折角命を頂いてるのだから大事に食べよう」と思ってくれるようになってくれるといいな~と思います。

>Maityさん

おお~、「おた」情報ありがとうございます!
水をそれ程変える必要が無い事や複数で飼ってはいけない、といった条件から「ベタ」で間違いないと思います。これで「おた」の正体が判明したんで今晩からゆっくり眠れます(笑)

「おた」はビニ袋ではなく、最初から水槽に入ったまま売られていたようです。途中でコケたらどうするつもりだったんだろう?全然風流じゃないですね~(汗)

へっぽこ釣り師は約1名おりますが、魚を飼うというのは我が家にとって未知の世界ですのでまた色々教えて下さいね☆そういえば、こないだフ○がお腹のところから垂れ下がったままで、「もしかしてこれはフ○ではなく脱腸??」と慌ててしまいましたが、これはただ単にフ○のキレが悪かっただけ?こんな質問ですみません・・m(__)m
唯一お役に立てるだなんて、アロマとかリフレクソロジ-とかMaityさんには他にも教えて頂きたい事山積みですので、これからも師匠としてよろしくお願いします♪

水槽付きで売られていたんですかー。結構ダイナミックな販売方法だったんですね(^^;でも、そのまま飼えるからいいですね。

>これはただ単にフ○のキレが悪かっただけ?
Oh~キレが悪いだけです(笑)結構垂れ下がってるコトが多いので、そこは見て見ぬフリをしてあげてください。
水が汚れてきたら、水槽の半分か3/1くらい水を捨てて新しい水を『足す』感じで交換するといいですよ。
 

新しいペットですか。いいですね。うちの娘は魚をつかむのが得意なので、うちではまだ飼えません、、。落ち着いたら子供のころから飼いたかった犬を飼ってみようと思うのですが、その時はいろいろ教えてくださいね。
こっちの犬はパンを食べるんですねえ。そういえば日本でも昔は残り飯あげてたように記憶してますけど、お国柄ですね。

>maityさん

そう、アニメとかで丸っぽい小さい水槽に入った金魚とかでてくるじゃないですか?あんな感じです。オットがおたを連れて帰ってきた翌日あたりに露店をのぞいてみたらもうベタはいなかったのでめでたく(?)皆誰かにお持ち帰りされたようです

最初は水槽が小さすぎて可哀想だ~と思ってたんですが、ベタはコップでも飼えるんですね!
それから脱腸疑惑はキレが悪いだけ・・っと
φ(..) 

多分また疑問が湧いてくると思いますが、その時にはメールさせて頂きますね☆

>snow62さん

何の前触れもなくやってきました(汗)でもペットというよりはもう家族の一員って感じですね~。小さい頃からインコ、犬と人間以外の生き物と生活を共にしていますが、やっぱり楽しいですね。
snowさんのところでは犬ですか?こないだ犬の品評会に行って来たのですがこちらでは血統書付きの犬だとジャーマンシェパードやゴールデンレトリバーなどが人気なようです。ちなみに我が家の犬はシェパードと猟犬の雑種ですが番犬としてこの辺りではかなり有名です(不審者には容赦なく吠えるので・・)
でも、時には息子の遊び相手にもなってくれるし、snowさんのお子さん達も楽しみでしょうね。
そういえばこないだペット関連の雑誌を読んでいたらニシュ方面で秋田犬の子犬を販売している広告を見つけました。近かったら見に行ったかも・・

名前も国ごとによって女性的な名前、男性的な名前、ユニセックスな名前があっておもしろいですよね。そういえば、オシム監督の本名はIvanだそうですが、Ivicaがニックネームになってますね。でも、この記事や、ほかのボスニアに関する記事でも、aやicaで終わる名前は女性の名前がほとんどと聞いてびっくりしました。
ボスニアから話題がずれますが、日本語で「ルカ」っていう女の子の名前もイタリアでは男の子の名前ですよ。

>えいみさん

そう、オシム監督のIvica(イヴィツァ)は愛称なんですよ。本名じゃないからイヴィツァでもイビチャでも呼び方にそれ程こだわりがないのかな~、なんて日本のマスコミ報道をみていて思ったりします(^^;)

こちらにもルカという名前ありますよ。ただ、スペルが「Luka」ですけど。イタリア語だとLucaですか?
日本でも外国風の名前が流行ってるみたいですけど、ルカって女の子に付けられてるんですか?欧州の名前に馴染んでたら違和感を感じちゃいますね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/tb.php/7-b09cdd94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リチャード・ギア御一行様の到着なり~ «  | BLOG TOP |  » 涼しげな風景 From BiH ~Vodopad Kravica~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。