topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Legenda u našem gradu!~UEFAチャンピオンズリーグ・トロフィーツアーがやってきた!~ - 2016.10.20 Thu

(一週間程前の話です)
学校から帰宅した息子が「トロフィー見てきた」というので、「何のトロフィー?」と訊ねたところ、それがなんとサッカー欧州チャンピオンズリーグのトロフィーだというではありませんか。(@@)
某外資系銀行が主催するUEFAチャンピオンズリーグ・トロフィーツアーの一環で、ウチの街を拠点に国内で約20店舗(かな?)展開している大手スーパーに今日一日限り展示してるということが分かりました。

というわけで、本日我が街にやってきましたよ。サッカー・ヨーロッパチャンピオンズリーグのトロフィーが!
5か国を巡る今回のトロフィーツアー、ボスニア国内では首都・サラエボを含め4都市が選ばれたわけですが、会場の一つが人口約3万人のこの街だったのですね!(@0@)

trofej7.jpg

turnir.jpg

ちょうどスーパーに買い物にいくつもりでいたのですが、スーパーに行く理由の優先順位が買い物から一転トロフィー見物に(笑)
トロフィーはスーパーの店内に飾られてるのかと思いきや、駐車場脇のスペースに特設会場が設けられておりました。

trofej1.jpg
トロフィーを一目見たいとはやる気持ちを抑えつつ、会場に向かって掛けていく少年達と付き添いの方。
その一方、すっかり大人の世代である私は、歩く速度はそのままに、気持ちだけ先に会場へ飛ばしておりました(笑)

trofej2.jpg

トロフィーを見る為には列に並び、まとまった人数のグループ毎に上に通されてトロフィーの横を通り過ぎるシステムでして。少しだけ立ち止まって誰か下にいる人に写真を撮ってもらうのはいいけど、トロフィー付近で写真を撮るのはNG。
(さすがに息子の友人と思われる男子達が並んでいる中に紛れ込むのは気がひけまして、離れたところから眺める事に)

trofej3.jpg

展示が店内じゃないと分かってたら一眼ミラーレス持ってたのに(涙)しかも、列に並ぶ勇気もだせず・・それにしても、こんな近所でチャンピオンズリーグのトロフィー見れるなんてそうそうない機会だったわ~♪
でも、後に展示されていたのがトロフィーだけでなく、チャンピオンズリーグ関連の展示品もあったという事を知り、恥を忍んで列に並ばなかった事を多少後悔したことは認めます(^^;)

trofej11.jpg

会場ではトロフィーの展示と同時にフットサルの大会も開催してまして、それに参加してると思われるサッカー少年達があちこちに。この白黒のジャージ着てる子達はボスニア国境から程近い、隣国・クロアチアのスラボンスキ・ブロドから。
後日知ったところによると、この大会には11チームが参加していたそうです。

ああ、でも引っ越して来たばかりの街の戦争の傷跡で街中がボコボコだった状態を思い出すと、人々の大きな注目を集めるイベントが行われる日が来るなんてなんか泣きそうな気分になりました。
そして、何かイベント開催といえば、大抵サラエボ、よくてモスタル、バニャルカ位。小都市在住者としては正直多少心がささくれるってもんですが、人口3万人程のうちの街だって頑張ればこういうイベントを引っ張ってきて、人々の関心の中心になれるんだ、と感慨に浸っていたのでした。

今回の開催を実現してくれたUni Credit Bank、地元スーパー、そしてその他招致に尽力してくださった方本当にありがとうございました。




ブログランキングに参加しています
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア伝統刺繍&折り紙アクセサリー紹介ブログ 数日毎に更新中です
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
http://ameblo.jp/micobih/
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

一日違いで・・&「ボスニアのかけらlight」ひっそりと更新中 «  | BLOG TOP |  » 空港-サラエボ市内の路線バス、復活しました(17年3月27日夏ダイヤ情報追記あり)

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。