FC2ブログ

スポンサーサイト

Mic'o(みーちょ)

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted byMic'o(みーちょ)

ハリルジャパンの行く末は「トプロ」?それとも「フラドノ」?~ボスニアの遊び体験と Road to Russia~

Mic'o(みーちょ)


今年も一ヶ月半程実家の方に帰省しておりましたが、ここ数年来、帰省の際に遊びを通じ子供達にボスニアを紹介させて頂く機会を頂いております。
息子が以前興じていた遊びを思い出して懐かしくなったり、今は高校生になった息子から改めて「学校でこんな遊びもしてたよ」と教えてもらったりしながら企画を練るわけですが、大人ではなく子供の視点からボスニアを見るという事が帰省の際の楽しみの1つとなっております。
毎年数少ないアイディアを捻りだしつつ違った遊びを紹介する事にしていますが、昨年はボスニア(というか旧ユーゴ)で子供達に楽しまれている遊び、「Toplo-Hladno(トプローフラドノ)」を地元の学童保育・れいめい kids factory の子供達に体験してもらいました。(なぜここで敢えて今年ではなく昨年の話をするのかは後半への伏線ということで)

「トプロ(本来「温かい=toplo」の意味だけど、ここでは探し物に近づいた時の掛け声)」、「フラドノ(本来は「寒い=hladno」の意味だけど、ここでは探し物から遠ざかった時の掛け声)」と周回から掛けられる声を頼りに、鬼役の人が隠された物の場所を把握し、探し当てるというゲーム。
鬼役となった指導員の方々&保護者の方が探し物に近づいても遠ざかっても元気な子供達から発せられるのはなぜか「トプロ」の声が圧倒的。(笑)そしてついに鬼役の学童指導員さんからは「トプロだけ言えばいいわけじゃないよね?(^^;)」とダメ出しが・・(笑)確かにそれじゃ指導員さん迷っちゃうよ(^^;)



さて、話がサッカーに移りますが、先日から始まったW杯アジア最終予選ではUAEに黒星を喫した我らがハリルジャパン(涙)。初戦を落としたとはいえ、この先まだ長いRoad to Russia。今日もこれからアウェーのタイ戦が控えております。
そしてハリルホジッチ監督の母国・ボスニア代表もいよいよ今晩予選第一戦となるエストニア戦に臨みますが、この2つの代表が行く末は「トプロ」か「フラドノ」か・・
この子ども達の元気な「トプロ!」の掛け声に導かれるように、両代表とも念願の「予選突破」に近づいていけることを願っております☆
関連記事

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。