topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未曾有の洪水被害が出たボスニア、セルビア、クロアチアへの支援方法&支援イベントのお知らせ(6月14 日追加情報有り) - 2014.06.14 Sat

久々の更新が支援のお願いですいません・・
先の内戦で被害を受け、長年にわたり修復作業が続けられてきたサラエボの国立図書館再オープンの話や、いよいよ近づいてきたサッカーW杯に初出場するボスニア代表の情報などもアップしたいのですが、まずは急を要する話題からということで。

今年の春は雨が多く、以前から洪水の事が懸念されていたのですが、先週降った雨は120年にわたる観測史上最高の雨量、そしてそれに伴い、ボスニア(特に北部から中央部にかけて)、そして隣国のセルビアに未曾有の洪水被害が発生しました

バルカン半島洪水で死者40人超、ボスニア外相「100万人が被災」(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0E001520140520

北東部の街・ザヴィドヴィッチでは氾濫した川に押し流された橋がどんどん流されて他の橋に衝突するという信じられない光景も。



現在はクロアチアの北東部でも同様に洪水の被害が出ているようで、5月19日現在の情報によると、この3か国を合わせた被害面積はスロべニア(20256㎢)より少し大きい、22900㎢とも言われています。

私が住んでいるボスニア北部の街も以前から続いていた雨で川の水位が上がっており、この洪水が起こる約2週間前にも、平地の住民に対しては浸水に備えるよう呼びかけがあったばかり。
幸いその時には水が引き被害が起きなかったのですが、今回は1000軒程の家屋が浸水した4年前の洪水と同じ、もしくはそれ以上の被害が出るのではないかと懸念されていたのですが、最終的に100軒程の浸水被害は出てしまったものの、前回の洪水後に堤防を設置したり、今回も予め変電所などの建物に水が流れ込まないようショベルカーを総動員して作業にあたるなどの対策が功を奏して最悪の事態は免れました。
災害の終わりは対策の始まりだという事を改めて思いしらされた次第です。

しかし、隣街をはじめ、近隣の街が次々と水没し、甚大な被害が出ている様子を目の当たりにし、深い悲しみに襲われています。先日近所の方が「隣人の苦しんでいるのを見ると私達もつらい」とおっしゃっていましたが、自分の住んでいる街で甚大な被害が出なかったとはいえ、車でたった30分程のところで起きているこの惨状を目の当たりにして、「自分の街は比較的被害が少なかった」とホッと胸をなでおろすというわけにもいかず・・(あくまで予想されていたよりも被害が抑えられたというだけで、ウチの街でも100軒程の被害は出ていますから・・)

Helikopter

(画像:救助などの為に出動した軍のヘリコプターが被害発生から頻繁に自宅上空の上を飛んで行きました)

洪水の方は徐々に水が引きはじめ、片づけや洪水に巻き込まれて犠牲になった動物への対応、そして伝染病などを防止する為の消毒といった作業が少しづつ行われていますが、洪水後に懸念される衛生状況の悪化に加え、現在心配されているのが、内戦中に埋められたいまだに12万個程残っていると地雷の件。
元々雨が降り地面が緩むと地雷も徐々に移動すると聞いたことがあるのですが、今回の洪水や、それによって引き起こされたがけ崩れにより、それらが埋められている場所から流出している可能性が高いと言われています。
実際に先日被災地の1つであるブルチュコ市では流出した地雷が爆発し、幸いケガ人こそ出ませんでしたが、地雷の他にも内戦中に使用された爆発物や武器なども水で流されている可能性があり、それらの存在が復興作業の妨げや住民の命を脅かす事になるのではと、とても心配です。

洪水で流出した地雷が爆発、ボスニア・ヘルツェゴビナ(AFP)
http://www.afpbb.com/articles/-/3015579

甚大な被害からの復興は、こうした不安を抱えつつ、長い時間を掛けて行われていくのではないかと思いますが、ボスニア国内で民族を越えた援助活動が展開されているのをはじめ、旧ユーゴ諸国、各被災国に1000万円相当の緊急援助を決めた日本、そして世界各国が復興に手を差し伸べてくれています。
私が住んでいる街もクロアチア方面に向かう道路以外、周辺への通行が一時期ほぼ寸断された状態になり、入院を必要とする病気などになった際搬送されるドボイやバニャルカの病院に行くのが困難になった事で「もし、こんな時に何かあったらどうすればいいのか・・」という不安が頭をよぎりましたが、ウチの街の診療所長がTVで「何かあった時にはクロアチアのスラボンスキブロド病院に搬送できるように手配ができてるのでパニックにならないように」とコメントしていたのを聞いて安心したのと同時に、国境を越えていつのまにかこんな提携ができるようになってたんだ・・とちょっと感動しました。
旧ユーゴからの支援といえば、いい意味で予想を越えた事が多く、悲しい過去もあったけれど、それを乗り越えて「人」として困難な時に手を差し伸べる姿はマスコミでも何度も紹介されていました。

洪水被害が日本でも報道されるようになって以来、個人でも何か支援できる方法はないかという問い合わせを何件か頂いていますので、下にこれまで得た日本国内でできる寄付の情報、及び支援イベントの情報を記しておきます。

[日本国内でできるボスニア、クロアチア、セルビアへの募金窓口&支援イベントまとめ]

・洪水災害救援用・ボスニアとセルビア大使館の口座番号
http://chidazen.msz.co.jp/?eid=673
※オシム元日本代表監督の通訳を務めてらした千田善氏のブログに各大使館の口座番号がまとめられています。

また、セルビア大使館では口座振り込みの他、現金書留、大使館への持ち込みでも寄付を受け付けているようです。
セルビアの寄付情報に関しては在日セルビア大使館がサイトの方に情報をまとめてらっしゃいます。

在日セルビア大使館サイト【セルビア洪水復興支援募金を受付中】
http://www.tokyo.mfa.gov.rs/jpn/importanttext.php?subaction=showfull&id=1400465356&ucat=109&template=Frontpage3Cir&#disqus_thread


日本赤十字社
「2014年バルカン半島洪水救援金」
http://jrc.or.jp/contribute/help/l4/Vcms4_00004551.html
 6月9日から9月30日まで救援金を受け付け。
救援金は、セルビア赤十字社とボスニア・ヘルツェゴビナ赤十字社の現地救援、復興支援活動の支援に充てられるとの事。

上記以外の各国別募金方法(国別)
For ボスニア・ヘルツェゴビナ
・AMDA
被災者に対する緊急医療支援の為ボスニア・ヘルツェゴビナに看護婦を派遣。振込や街頭による募金活動も実施。
[ボスニア・ヘルツェゴビナ洪水 : 被災者に対する緊急医療支援活動開始]
http://amda.or.jp/articlelist/index.php?page=article&storyid=337(募金用の口座番号などの情報有り)

(5月下旬現在の現地の状況及び支援活動に関するレポートが紹介されています)
「ボスニア・ヘルツェゴビナ洪水 : 被災者に対する緊急医療支援活動2」
http://amda.or.jp/articlelist/index.php?page=article&storyid=338

・日本ハビタット協会
ボスニア大洪水緊急支援募金
http://www.habitat.or.jp/index.html(5月22日付のお知らせ)
銀行振り込み、郵便振替での募金受付 

・ジェフ千葉 NEW
バルカン半島洪水募金について
http://jefunited.co.jp/news/2014/06/top/1402743540407.html
こちらの情報更新が遅れてしまった為14日、15日の募金活動は終了してしまいましたが、6月28日の松本山雅FC戦 (フクダ電子アリーナ) にて募金活動が行われるそうです。
集められた募金は日本赤十字社を通じボスニアとセルビア各赤十字社に送られるそうです。

For セルビア
・南山大学・学生団体中欧への誘い主催「写真で見るセルビア洪水」展

6月23日(月)、24日(火)、27日(金)の3日間、駐日セルビア大使館及びセルビアの新聞社BLicの協力を受け、セルビアで発生した洪水の被害写真を展示するイベントが開かれます。
期間中、会場では現地の人々を勇気付けるプロジェクトや復興支援のための募金箱も準備されるとの事。

http://www.tokyo.mfa.gov.rs/jpn/newstext.php?subaction=showfull&id=1402365672&ucat=106&template=Frontpage3Cir&#disqus_thread
(リンク先は主催団体ではなく駐日セルビア大使館に掲載された情報です)

・名古屋グランパス
「セルビア洪水復興支援募金」のお知らせ
http://nagoya-grampus.jp/information/pressrelease/2014/0522post-209.php?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter
※5月24日、28日、及び6月8日の試合及びファン感謝デーの際に募金活動を行う予定

・FC町田ゼルビア
「セルビア洪水復興支援募金」の実施について
http://www.fcmz-kouenkai.jp/topics/detail_74.html
6月8日の相模原 戦の際に試合会場にて募金活動実施

・Yahoo!Japan ネット募金
【寄付が2倍】セルビア豪雨緊急支援募金http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630009/

For クロアチア
・サンフレッチェ広島
バルカン半島洪水被害に対する義援金募金開始について
http://www.sanfrecce.co.jp/news/release/?n=7137
6月8日から7月31日まで、チームオフィシャルショップ、7月開催分(7/15・7/23・7/27)の試合会場、及び口座振り込みの方法で募金受付。集められた募金は同チームに所属するミキッチ選手の母国であるクロアチア・赤十字社に送金される予定。

(新しい情報が見つかりましたら随時追加します)



● COMMENT ●

初めまして、検索から来ました。
セルビア・ボスニア・クロアチアの洪水募金についての情報をまとめたサイトを作っている者です。
当方のサイトから、こちらの記事をリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
大変な災害ですが、被災地の皆さんに少しでも善意を届けたいですね。

>ルッカさん

はじめまして。ブログ訪問&コメントありがとうございました。

旧ユーゴ3か国の被害に心を寄せて頂いてありがとうございます。リンクの件、こちらこそよろしくお願いいたします。


管理者にだけ表示を許可する

迫ってくる新年から逃げ切るように今年を振り返ってみる «  | BLOG TOP |  » 今更ながら超早送りで振り返る2013年。どうぞご『たんのう』ください 

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。