topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして河は今日も流るる~隣国・クロアチアのEU加盟~ - 2013.07.20 Sat

気が付けば最後にブログを更新してから3ケ月程が経過しておりました。(汗)

今年も後半戦を折り返すのと同時に、ボスニアの隣国・クロアチアは『EU加盟』という大きな転換期を迎えました。
我が家から直線距離で10㎞程のサヴァ川はこの6月までボスニアとクロアチアを隔てる国境の役割を果たしていましたが、この度のクロアチアEU加盟に伴い、この川は国境のみならず、EU加盟国と非EU加盟国を隔てる境となりました。

 対岸にはっきりとクロアチアを臨む事ができる高台は私のお気に入りの場所でもあるのですが、恐らくクロアチアのEU入りによって国境周辺の警備も強化されるということで、以前のように余りのんきに写真撮影もできなくなるだろうなーと思い、EU加盟前日に休日のドライブがてら国境周辺の地域を撮影してくる事に。


IMG_3283-001.jpg

撮影翌日から対岸はEUの加盟国。

IMG_3285-001.jpg



IMG_3298-001.jpg

少し確認しづらいですが、クロアチア側の教会(写真左側)とボスニア側のモスクの白いミナレット(写真右側)が向かい合っているように見える風景。

IMG_3304-001.jpg

ボスニア側にあるカトリック墓地。クロアチアを見渡せる高台に建つ。

IMG_3288-001.jpg

IMG_3328-001.jpg

IMG_3330-001.jpg

EU加盟により良くも悪くも変わっていくであろう対岸の国、そして、時は流れても余り変わる事ないボスニア側の廃墟と無数の地雷原。変わりゆく風景、変わらない風景、その合間をサヴァ川は今日もゆるやかに流れていきます。

● COMMENT ●

野馬追(南相馬)

おひさしぶりです。
クロアチアの写真を久しぶりに眺めていました。
今日は、浜通りの南相馬へ
野馬追を見に行っていました。

>和さん

いつもコメントをありがとうございます☆
こちらからの返事が遅くなり本当にすいませんm(__)m

野馬追い観に行かれたのですね!神旗争奪戦はかなりの迫力だったことと思います。
実は私も友人を訪ねがてら一日目の行列だけ見てきました。
南相馬(当時は原町市)には小学1年の時まで住んでいたのですが、野馬追いといえばやたら日差しが強かった記憶があります。野馬追いは雨が降らないというジンクスがあると聞いたことがありますが、今年も天気が崩れず実施されてよかったです。
よかったら和さんの野馬追いの感想や南相馬を訪ねての印象などをお聞かせ頂けると嬉しいです。


> おひさしぶりです。
> クロアチアの写真を久しぶりに眺めていました。
> 今日は、浜通りの南相馬へ
> 野馬追を見に行っていました。


管理者にだけ表示を許可する

ブログ放置の末の年末企画(汗)ー2013年&Mic'oのかけらを探しに行こうー «  | BLOG TOP |  » Boje zvuka ~ヤドランカさんの新アルバム発売中~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。