topimage

2017-11

涼しげな風景 From BiH ~Vodopad Kravica~ - 2006.08.21 Mon

日本はお盆を過ぎても猛暑の勢いは衰える気配がないようですが、秋の気配すら感じていたボスニアもここ一週間程は30℃を越える日が続いています。それでも部屋の中にいれば十分涼しく快適に過ごせていたのが、今日は本当久々にクーラーを入れました。

こんな時にはせめて涼しげな風景を眺めてみませんか?


vodopad


↑の写真はボスニア・ヘルツェゴビナ南部のリュブスキ近郊に位置するKravica(クラビッツァ)の滝です。現地ガイドによるとKravicaという名は牛を水飲みに連れてきた事に由来するそうですが(※Krava→牛)、高さ25m、幅100mとサイズ的には日本のの原尻の滝(大分県豊後大野市緒方町 高さ20m、幅120m)レベルでしょうか。

原尻の滝

日本の滝で私が訪れた事があるのは華厳の滝だけですが、改めて日本の滝について調べてみると三大瀑布と呼ばれる滝のうち、華厳の滝、那智の滝は高さはかなりのものですが幅は狭めなんですね。もう一つの袋田の滝は73mあるようですけど。日本の滝について取り上げているサイトでも落差は特記していても幅に関する情報は余り記述がなかったので滝愛好家の方々にとって幅は関心を引かないのでしょうか?

本当は視覚から涼を取るだけでなく、滝まで涼みに行きたいところですが、
行くのは無理だからもっと日本の滝も見て涼を取りたいわ~という方はこちら


<旅の道しるべ一口メモ>

リュブシュキ→モスタールから36Km。バスあり
滝を訪れるなら春がお勧めだが、ヘビに注意との事。
リュブシュキには宿泊施設もあるが、滝の近郊にキャンプ可能な場所有り。

関連記事

● COMMENT ●

確かに写真を見ているだけでもマイナスイオンが漂ってきそうですね。癒されます。京都も連日猛暑です。先週東京から妹が来たので一緒仁保津川くだりを楽しみました。深い緑と清流で確かに少しは涼しかったけれど、時々船底が岩にあたって痛いくらい水が減ってました。
船下りに加えこちらでは納涼床といって川にせり出すように作ったテラスの上で水音や流れを楽しみながら食事やお茶ができる店が多くありますが、これも暑いところ故の知恵ですね。
ボスニアでは、夏ならではの過ごし方とか風物(日本で言う風鈴とか蚊帳とか蚊取り線香のような)はありますか?

癒されますね~(^^)
今日はくもりのコトールですが、昨日はメチャクチャ暑かったです!
私は家族旅行で華厳の滝、那智の滝そして袋田の滝も行きました。相当昔で実際覚えてるのは、那智の黒飴の味くらいなんですが(汗)華厳の滝は台風の後に行ったのですごい水量でびっしょり濡れたのを覚えています。
袋田の滝は冬がオススメですよ!私も落差は覚えてないのですが、非常に短い滝でした。でも、冬になると凍って何ともいえない幻想的な姿になります。

>デベラさん

こちらは昨日の猛暑から一転、冷夏に逆戻りしました(汗)
日本の夏の風物詩といえば、風鈴、花火、カキ氷・・・本当に色々ありますよね。ボスニアの夏を代表するものといえば橋の上からのダイビング!デルベンタでは川が浅いのか飛び込む人見かけませんが(違った意味で飛び込む人はいるようですが・・・>汗)、TVでもよく飛び込む姿を紹介してますよ。代表的なのはスターリ・モストで有名なモスタールのダイビング大会です。

>maityさん

海もいいですが、滝もなかなか良いですよね~?といってもうちの近所にはどちらもないんですが(涙)

maityさんは日本3大瀑布制覇されているんですね☆うちの親が那智の滝を訪れた際には水量不足だったのかがっかりして帰ってきましたが、黒飴を食べたらまた印象も違っていたかも?!
袋田の滝は我が家から近そうで遠いんですが、一見の価値ありですね!

maityさんのところにカキコしたいのですが、またどうもうまくブログが表示されなくてコメント欄が表示されないので復旧待ちです。アドリア海きれいですよね~。10年程前ボランティアの合間に泳ぎに行ってたのを懐かしく思い出します。ボランティアで仲良くなった子ども達と遊びに行って海の中をひっぱりまわされたりとか(汗)唯一の欠点は浜が砂ではなく岩なのでサンダルなしでは歩けないってことでしょうか?

袋田の滝は私の実家からも近そうで遠いです。1泊するか日帰りするか微妙な距離なんですよね(^^)

>唯一の欠点は浜が砂ではなく岩なのでサンダルなしでは歩けないってことでしょうか?
そうなんですよ。イテテ…(涙)ムール貝は異常なほど採れるのに、ハマグリやアサリは全く見かけません。
砂浜に改造した人工的なビーチは、藻や海藻などが生えてしまって、返って汚くなっているような気がします。やっぱり砂浜はアドリア海にとって、不自然なんでしょうね(--)
たとえ砂浜できれいなビーチだったとしても、カニやヤドカリなど生物の気配がないと、人工すぎてプールに来たって感じですね(汗)

素敵な写真をありがとうございます。
涼しげな気分になりますね。
大分の原尻の滝が登場したのでびっくり!!!
春に帰省した時に行ってきました。
まあ滝は・・・ですが観光地では流行の道の駅も
なかなかでおまけにチューリップ畑(?)が隣接していて
かなりのお気に入りの場所になりました。
春は超おすすめですよ。
また明日から大分に帰って親孝行してきます。

>maityさん

アドリア海の海岸はうっかりビーチサンダル忘れたりすると泣けてきますよね~。でも、今回行かれたところは赤ちゃんが砂遊びしてゴザが砂だらけとあったので人工的に砂をひいたところだったのかな?
でも、アドリア海のあの美しさといったら、足の痛みも軽く耐えられてしまいますよね~。

アサリはいなそうですが、ウニとか結構見かけませんか?こっちでは食べずに邪魔者扱いされているだけだと聞いた事があります。マグロ同様日本に輸出したらいいのに・・

>このみのママさん

そうでしたね。このみのママさんファミリーは大分に縁があるんですよね~。原尻の滝に反応してくださって嬉しいです☆(でもいまいちなのね>汗)
道の駅、それぞれに特徴があって面白そうですね。実家のすごく近くというわけではないけど、J-ヴィレッジという大きいサッカー施設があってそこの近くの道の駅には温泉もあるみたいです~。一度行ってみたいけど温泉に入りに行く為に道の駅に行くって言うのもなんか本末転倒なような・・?!

多分もう大分に向かって出発されてしまったとは思うのですが、家族水入らずの時間楽しく過ごしてきてくださいね☆

おひさしぶりです。blogの方にもお邪魔してみました。清涼感たっぷりな写真ですね~。私もおとといサラエヴォから帰国いたしました。最後の2週間は急病になって病院通いだったこともあって、結局1ヶ月半のボスニア滞在でした。今はすっかり良いのですが、ボスニア人の友達にすっかりお世話になって、もつべきものは友達だなぁと身にしみた次第です。
ところでボスニアの滝ですが、今年はSkakavを見に行ってきました!ほぼ100mの滝は圧巻でした。表情に富んだボスニアの自然に多くの目が向けられるといいですね。

>juncicaさん

ボスニア滞在どうされているのかな~?と思ってたのですが、体調を崩されてしまったようですね。猛暑から一転冷夏になった事も関係しているのでしょうか?

ボスニアの滝はヤイツェと↑で紹介したKravicaしか見たことがないのだけど、あちこちに点在しているようですね。滝じゃないけど、モスタル近郊のブラガイにあるBunaもなかなか涼しげでよいですよね。
欧州からはエコ・ツーリズムにも年々観光客が増えはじめているようですが、日本からも他の欧州諸国を廻る途中でボスニアの自然に癒されにくるコースなどあるといいですね☆




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/tb.php/6-dc8b5bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

男の子?女の子? «  | BLOG TOP |  » フランス代表がやって来た!

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード