topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修羅場の沙汰も○○次第? - 2012.03.05 Mon



すっかり月をまたいでしまいましたが(汗)、毎年恒例の修羅場、ではなくスラヴァ(各家庭の守護聖人を祭る日)報告です。

※これまでのスラヴァレポートは以下のリンクからどうぞ

=================================
≪2007年≫
進化するスラバ ~前編~
http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-entry-19.html
進化するスラバ(後編)
http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-entry-20.html

≪2010年≫
修羅場ワンダーランドへようこそ☆(アクシデント+α編)
http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-entry-363.html

≪2011年≫
迎え、もてなし、見送って・・~我が家の修羅場、ならぬスラヴァ・2011~
http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-entry-550.html

===============================

大寒波の影響で学校も休校中の時期ではありましたが、期間中は幸い雪の影響も少なく、遠方からのお客様にも無事足を運んでいただけました。
3日間の内、初日にゲストの3分の2(20数名)が集中し、もてなしの慌しさに加え前日の寝不足&準備疲れがたたってか、夜7時を廻る頃には耐えられない程の頭痛に襲われる事態に。
さすがにもう9時過ぎには痛みも我慢の限界に達し、ゲストが割と親しい間柄の親戚だったのを良い事に、オットに後を任せてベッドに倒れこみましたが、無理せずにじっくり休んだのが翌日は体のだるさもなくスッキリ目覚める事ができました。
昨年は2日目がしんどくって、お開きになる頃にはもう体がズタボロだったのですが、今年は2日目の来客が少なめだった事と前夜の休養が効を奏してか、お開きになった後も体力にも余裕あり。
3日目はスラヴァ、というよりは「ご近所さん感謝祭」といった趣きで、毎朝集まってコーヒーを飲むご近所さん達(+ウチ1人の息子さん)計6名だけ招待し、一緒に朝食(と呼ぶには重いメニュー)を取り、ようやく今年のスラヴァもつつがなく終了したわけなのですが・・・

来年のスラヴァって、もしかして、恐怖の

土・日開催ですか~!!(大汗)
(本当なら金・土なはずが、今年がうるう年な為に土・日になるんですね・・・)

平日だとお仕事で顔を出せない人などもいらっしゃれるのはいいのですが、その分準備する料理等が増えるのはともかく、中には不意打ちで両日とも現れる人もいて、何をどれだけ用意するべきなのか全く予想がつかない・・・という、裏方にとっては、正直なところ頭が痛い週末開催であります。
(以前、ゲストの利便性を考え、金・土・日と3日開催した事がありましたが、それ以来3日開催は懲りました・・)

スラヴァの準備ももてなしも年々手馴れたものになってきたとはいえ、暦の曜日の並びによってはまだまだ「スラヴァ=修羅場」と呼ぶに相応しい事は間違いありません。
まさに修羅場(スラヴァ)の沙汰も暦次第、と。
そんな中幸いといえるのが、息子が年々戦力として使えるようになってきている事でしょう。

というわけで、文字通りホストにとって修羅場となりそうな来年のスラヴァ。怒涛のもてなしの後はしばらく温泉にでも篭るか・・と今から真剣に検討中なのであります(^^;)



● COMMENT ●

No title

今年もお疲れさまでした!
mic'oさんの所にスラヴァのお手伝いに行ったら、接客が苦手な私でも、少しは要領よくお客さんをお迎えすることができるようになるかしら?
手馴れてきたとは言っても、1週間ぐらい前からあれこれ準備に取り掛からないといけないのでしょうね。
これだけのお菓子を作るだけでも大変なのに、温かいお料理も3日間準備しないといけないなんて、考えただけでも頭が痛い。
でも、こういう習慣も次第に小規模かされて、息子さんが大人になられるころにはスラヴァを開催するお家も数少なくなってしまうのでしょうね。

>タヌ子さま

ねぎらいのお言葉ありがとうございます☆そう、今年も無事にお役目を果たして脱力しております(いつまで?>汗)

日持ちしそうなお菓子は数日前から準備を初めても大丈夫なのですが、結局料理は前日、もしくは当日の午前中に仕込む事になっちゃいます。
幸い一度作ったら数が足りなくなった時以外は温めればいいので、その点は楽なのですが、1人何個食べるのか予想がつかないものは作りすぎちゃって後日もひたすら食べ続けるか、逆に予想よりも評判が良くて急いで作り足すか、という感じ。毎年予想屋さんに必要な量を占ってもらおうかと悩む程ですよ・・

スラヴァの習慣はまだまだ健在ですが、息子が独立した頃はどんな感じなってるんですかね~。当の息子は既にやる気満々でいますが、スラヴァがどうの、というより、単に友達を呼びたいだけのような(^^;)


管理者にだけ表示を許可する

変わらぬ光景~ヒッチコックの「鳥」in サラエボ?!~ «  | BLOG TOP |  » 北国のボーイズ☆ライフ ~スキー少年、ただいま修行中!~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。