topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望の朝 ~なでしこジャパン世界制覇によせて~ - 2011.07.18 Mon

2011・7・18(日本時間)- この先、日本サッカー界、いや世界のサッカー界に大きな転機をもたらした日として刻まれるであろう1日になりました。

多くの人々が眠い目をこすりながら、1つの願いの下、TVに、ネットに、熱い視線を注いだ120分(+PK)
残念ながら我が家で受信できるチャンネルでは中継がなかった為、ネットのテキストとツイッター上の書き込みで試合経過をフォローしていましたが、PKの終盤にケーブルテレビのチャンネルで観戦していたオットの友人からフライングのお祝い電話が掛かってきて、優勝の瞬間をシェアする事ができました。

本当、優勝決定から暫く、話すにも、ネットに書き込むにも、余りの興奮に震えが止まらず。

試合中、アメリカにリードを奪われた時も、そして、なでしこジャパンが粘り強く追いついた時も、私の頭の中にずっと同じ歌が流れてました。

♪新しい朝が来た 希望の朝だ・・

そう、お馴染みの方も多いかと思いますが、ラジオ体操の歌です(笑)

こちらの現地時間では夜だったのですが、日本ではちょうど日が昇り、新たな日が始まったばかり。
きっと、この歌の如く、なでしこジャパンが希望を運んで来てくれる、なぜか、そう信じて疑いませんでした、というより、そう信じてたかった。きっと、日本に希望の夜明けを運んでくれる

そして、彼女達は夜が更け行くドイツの地から、朝日の昇る母国・日本に勝利という希望を届けてくれました。

新しい朝、希望の朝

今日は、日本にとって、このフレーズがふさわしいの一日の始まりとなりました。
本当におめでとう、なでしこジャパン。日本に「勝利」という名の希望を届けてくれた事へ心からの感謝と、男女通じて初のW杯制覇に対しお祝いの気持ちを贈りたいと思います。

● COMMENT ●

私はEUrosportで見ていたのですが、ドイツ語なので開設はチンプンカンプン。
延長引き分けの結果、サドンデスになるのかPK戦になるのかも分からなかったぐらいですが、アメリカが2つ外した時点で、優勝を確信しました。
大きなプレッシャーがかかる中で、ゴールを決めた選手は素晴らしいですね。
仰る通り、新しい朝、希望の朝。
苦しい時は被災地のことを考えろ!というコーチの言葉を胸に、最後まで諦めなかったなでしこジャパン。
大震災の後遺症に苦しむ日本に、なによりのプレゼントをくれましたね。

ほんとうに素晴らしかったですね
私は、あまり 彼女たちと被災地のことを結びつけたくないのですが
(彼女たちは、彼女たち自身の努力で 勝利をつかんだのですから)
なにより、なでしこ自身が、被災地のことを忘れないスタイルには
畏敬の念を感じずにはいられません
一流の選手であると同時に、一流の精神でもあるんですね
米国の放送局も 素直に優勝を称えてくれていたのが嬉しかったです

私もラジオにて参加していましたが、久々に燃えてしまいました!
実は本来スポーツ観戦があまりとくいじゃないワタクシなのですが、スポーツ素晴らしさを、なでしこJAPANに教えてもらいました!

新しい朝が来た~♪
日の出のころに優勝を決めたというのも、素敵な必然ですよね♪

久々の明るい話題にとても気持ちが和らいだ夜更けでした

>タヌ子さん

本当に長い試合でしたが、その分最後の喜びは本当に本当に大きいものでしたね。
PKで決めた選手もすばらしいけど、神がかりなファインセーブを連発したキーパーにも賞賛を送りたいです。
引き離されても、引き離されても、追いついて、そして勝利を引き寄せたなでしこイレブン。本当伝説になりそうな一戦でした。

そうそう、先程ボスニアとクロアチアの夜7時台のニュースでようやく試合の映像が観れるかも~って楽しみにしてたのに、ボスニアの公共放送BHT1では数分に渡ってしっかり紹介してくれたのに、NOVA TVでは全く触れず・・ちょっと凹みました。昨夜の同じ時間帯に行われたコパアメリカはちゃんと取り上げたのに~。ちょっといただけないですね



>ベルベルさん

いや~、本当、事実は小説より奇なり、という言葉を地でいく試合でしたね。
でも、なでしこジャパンが世界を制したこと、真実なんですよね。もう感動の嵐です☆

こういう時期なので、選手達も被災地の事は常に頭にあったでしょうし、震災時まで福島でプレイしていた選手や身内が被災地に住む選手も複数いましたから、結果と被災地を結び付けられてしまう部分も多々あると思いますが、何よりもまず、今回の結果はこれまでの彼女達の努力が結実したもの、ですよね。
同じサッカーでも、男子と比べて条件が厳しい中、こんなに偉大な結果を生み出した。本当、男子にも早く続いて欲しいな~と思います。



>あやのさん

昨日はどうも☆音声や文字だけで追っていても、本当興奮し通しの試合でしたね~!!

そう、日本ではちょうど夜が明けてラジオ体操が始まる頃(笑)に試合終了のホイッスルが鳴り響いて。
日の出づる国の代表が日の出を迎えた頃に優勝を決めた、というのは、とても印象深いな~と感じました。

スポーツの勝敗にとどまらず、多くの人々に喜びと希望を与えるパワーを与えてくれた一戦。
結果同様、彼女達のこれまでの努力の過程に心から賞賛を送りたいと思います。

mic'oさん、ご無沙汰しています。
お元気ですか?
女子サッカー、素晴らしかったですね。彼女達の頑張りに、励まされた思いです。
ボスニアは随分と暑いようですね。リトアニアは、例年に比べると、涼しい夏です(今のところですが)。息子君は、夏休みを満喫していますか?うちの豊は、毎日一日中外で遊んでいます^^

>ゆたさくさん

ゆたさくさん、こちらこそご無沙汰しております~☆ブログ、承認制にされたんですよね。寂しいけど、ネット上には色々な方もいらっしゃるし、かわいらしいお子さま達のプライバシーを守る為にも必要な対策だと思います。(もしかしたら他の理由なのかもしれませんが・・)

女子サッカー、いつも以上に日本を背負っている部分もあったと思いますが、プレッシャーを跳ねのけて本当言葉では賞賛しきれない奮闘振りでした。結果もすごいけれど、この栄光にたどり着くまでこれまで積み重ねてきた過程、そういうところにも想いを馳せてみたりします。
もうご存知かもしれませんが、優勝当日にはNHKの「ピタゴラスイッチ」では「アルゴリズム体操」がなでしこジャパンバージョンだったそうです。NHk、なかなか空気読みますね~(笑)
「なでしこ”アルゴリズム体操”に挑戦」
http://www3.nhk.or.jp/news/nadeshiko_taiso0719/index.html

今年のボスニアは暑い上に雨不足で大変です(>0<)
でも、豊君同様、我が家の息子も朝から晩まで遊び三昧です☆先のウィンブルドンを制した隣国セルビアのジョコビッチに影響を受けてか、テニスがブームです。

また気軽にコメント頂けるととっても嬉しいです(^^)

またまた失礼致します^^

そうなんです、諸事情あって、ブログを承認制にしました。もし宜しければ、yutasaku@gmail.comにご連絡ください。パスワードをお知らせ致します。これからも、ブログ遊びに来させて頂きます^^宜しくお願いいたします♪

>ゆたさくさん

連絡先ありがとうございます!
後でメールしますね^^こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします☆


管理者にだけ表示を許可する

みんな同じ月の下 «  | BLOG TOP |  » これでも欧州(の端っこ)ですが、何か?~我が家の「Hot」スポット・その2~(※温度の話です)

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。