topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この寒波、どんだけ~!!! - 2007.11.18 Sun

どんだけ偉い冬将軍様が到来したのか分かりませんが、先週末はしんしんと雪が降り積もり、一面銀世界と化しました。

トンネルを通り抜けなくても、窓を開けたら、そこは、雪国でした。
ボスニアも通常の冬なら積雪は珍しいものではないんですが、昨シーズンは暖冬の影響でほぼ雪がなかった為、久々の雪景色です。





初雪(木曜・写真左)と日曜の朝(写真右)の積雪状況
一気に雪が落ちないよう、屋根には金具が付けられています

rikisnijeg.jpg


振り返っても、まだ降り止まず・・

rikipika.jpg

屋内でぬくぬくと暖を取っているピカチュウを恨めしげに見下ろすかのようなリキの視線が何気に怖い・・・

snjesko.jpg


外出先から帰宅した後、オットがなかなか家に入ってこないので凍死した何をしているのかと思えば、↑の雪だるまを作っていました。左手になぜ日本国旗なのか、そのコンセプトは不明です。

さて、週末の寒波はボスニア中のインフラや交通に影響を与えただけでなく、隣国セルビアで土曜日に予定されていたサッカー欧州選手権(EURO2008)の予選、セルビアvsアゼルバイジャンの一戦が大雪の為翌日午後へ延期決定→翌日も天候が回復しない為今週末に仕切り直しとなりました。この間、クロアチアがマケドニアにまさかの敗戦を喫したものの残り試合数と勝ち点の関係で既にEURO本選へのキップを手に入れるなど、予選の戦いはまさにクライマックスを迎えておりますが、ボスニア代表といえば今節お休み。でも、既に本選出場の可能性は微塵も残っていない上に黒星続きと代表サポ―ターの気持ちは冬の訪れに先駆けて冷え込んでいたはずです(汗)
代表をはじめ混迷するボスニアサッカー界に一筋の光明を与える意味でも、オシム監督回復の朗報が待ち遠しいところです。

● COMMENT ●

ブルブル

いやぁ、見ているだけで寒そうです。雪。
旦那さん、良いセンスしてますね<雪だるま。凍死していなくて良かった良かった。

オシム監督、回復を祈ってます。
そういえば、モンテの救急車、何番だったか?
電話したところで、通じるか?きちんと来てくれるかどうか?思うと、やっぱり誰か親しい人経由で連絡することを真っ先に考えるかもしれないな、とふと思いました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

>どぶ朗さん、baachan

>どぶ朗さん

>>いやぁ、見ているだけで寒そうです。雪。

いや、やっぱり寒いですよ~(>-<)
でも、雪が降っている時より、その後の道路凍結が怖いです。
車道は除雪車がキレイにしてくれますが、逆に歩道がツルッツルだったりするので。

ところで、どぶ朗さんってモンテ救急車体験してませんでしたっけ?救急に電話する時って声が上ずったり、頭が混乱したりして母国語であっても上手く状況が伝えられなさそうですよね。

>baachan

ローマ字表記だけど、PC故障しちゃったのかな?

そうそう、どんだけ!つい知ったかぶりして使ってます(笑)
「関係ねぇ~」もそれ自体はわかるけど、なんでその後「はい、おっぱっぴ~」と繋がるのか今一つ分かんない(^^;)
そういえばスペイン語バージョンの「関係ねぇ~」も丁度語呂が合って笑えるよね~☆


リキが怖い

モンテで救急車を体験したのは私です(汗)
そうそう、どぶ朗の治療費を払うため乗せられたですよ(タクシー代わり)

的確に分かりやすく現状を説明するのって、母国語でも難しいですよね。最近、こと日本語が抜けてきて、普段でも言葉をど忘れしているのに「あれ、なんだっけな?ここまで出掛かってるのにィ~」と言ってるうちに、向こうから電話を切られそうです(汗)

願わくば、2度目を呼ぶ羽目にならなきゃいいんだけど(笑)ちなみに、1度目は会社が呼んでくれました。
私は言葉が通じる以前に、モンテの救急車が24時間体制なのか不安に思うわけで。やっぱり3時を回ると、家に帰ってそうな。。。

屋根に金具をつけた設計が、もうこの寒波だけでなく、毎年雪が積もることを物語ってますね~。
今年はコトルも降るのかなぁ?振り向くと、お山の上の方が雪積もっている日はあるのですが・・・。
コトルに雪積もったらどうしよ~。冬眠しか手がない!
う~ん、ピカチュウを見下ろすリキの視線が何ともいえず(笑)

>maityさん

>>モンテで救急車を体験したのは私です(汗)

そうでした!でも、すごい経験されましたよね☆
「オンザナース」って・・・(^m^)

日本語で説明しろっていわれても、とりあえず原因がわからないと「○○が倒れてます」としか説明できませんよね。
「あれ、あれよ、あれが原因だと思うの、なんだっけ~!!!」と言っているうちに電話番号から自宅住所を割り出した救急車が到着してるかも(^^;)

雪は毎年降りますが、昨シーズンは暖冬の影響で殆ど降らず暖房用の薪が大分余りました。
雪が降るのも困りますが、でも降ってもおかしくない時期ではあるし、逆にその時期にあった気候だという事でちょっとホッとしたりして。

リキの視線は、マジで痛かったです(笑)



ご無沙汰です! すごい雪だね。今年は暖冬ではなさそう。。。雪多そう。娘は喜ぶだろうけど。息子ちゃんは喜んで遊んでる?? 
しばらく実家に行っていて、帰る4日前にオシム監督が倒れました。実家では比較的手が空くので、容態を知るためにニュースをはしごしてました。
で、帰ってきて一週間後何気なく買った雑誌で、実は病院に運ばれるまで90分かかったんだということを知りました。
たまたま私が見ていない局で報道されてるかもしれないけど、これを機会にもう少し外国人医療についての議論が出てきてもいいのになって思うよ。情報が選ばれてるっていうか、最近色んなことでテレビ不信。
とにかく早く意識が戻ることを祈ってます。今日のニュースでは意識を戻す治療を始めるんだとか。

雪は大変だけど、雪が普通に降る地域に住んでると、降らないと落ち着かないし、体調にも影響したりします。今年は雪遊びたくさんしよう♪

>シナモンさん

御無沙汰してます☆実家ではゆっくりとした時間を過ごせたみたいで何より(^^)
息子は久々の雪に大興奮で庭に出て雪遊びに励んでおりました。家に篭って「寒い~」ってゲーム三昧よりはいいかな。さすがに長時間は遊ばせられないけどね。
大雪でインフラが麻痺するのも困るけど、異常気象だと精神的にも悪影響があるよね。やっぱりその季節に合った気候になるって大事なんだな、と思う。

オシム監督の件、連絡網が上手く働かず時間が掛かった、って言われているけど、連絡時間のロスだけでなく、搬送受け入れてくれる病院がなかったらもっと治療が遅れてたと思うし、そう考えると居住地の浦安で病院が見つかったのも実は不幸中の幸いなのかな、と思う。
そういえば実家の方も地域の拠点病院で医師不足が問題になっているようで、実際いくつかの診療科目が新規患者受け入れ停止とかしてるみたい(--;)シナモンちゃんが住んでいる辺りはどうなのかな?

オシム監督といえば、ストレスを掛けないように(?)意識を戻さずに置く治療法って今回初めて聞きました(二○先生の授業では出てこなかったよね?>汗)こちらでも「オシム大丈夫なの?」って聞かれる事があるんだけど、早く朗報が届くといいなと思います。

こちらも冬・・・という感じになってきています。

とっても寒そう・・・。

それにしても雪だるまがとおっても可愛い!!!ご主人、BiH国旗でなく、何ゆえ日の丸を持たせたのかな???レゴを上手に使っていますね。

こちらは、砂だるまで対抗するしかないなぁ・・・(さすがに雪は降りませんから)と、妙に創作意欲が沸いてきましたです。

監督・・・一日も早く回復されますように!

>わはは大空さん

お久しぶりです☆
雪だるま、センスがない(爆)オットにしてはなかなかな出来かと。マフラーは彼の靴下なんですが、レゴの活用は私も思いつきませんでした。旗は日本のしかなかった、ということで。

ちなみに以前譲って頂いたブーツは雪の多い今シーズン大活躍中です。雪などでビチョビチョになっても直ぐ乾くので凄く便利☆本当にありがとうございました~!!

オシム監督もボチボチ回復しつつあるようですよ。
このままよい方向へいきますように

こんちには

オシムは回復基調にはあるようですね。
最初の言葉が「試合は・・」というのはなんとも出来過ぎのようで、そういうことにしておこう、という感じですが(笑)。
さて、ボスニアについて地方紙の記事で読んだのですが、現在コソボの独立について緊迫した場面に来ていて、そこで懸念されるのがボスニアのセルビア人のセルビアとの合体要求という声が大きくなり、ボスニアが分裂の危機にたたされるかもしれない、ということが書かれていました。
最近オシムがコメントを寄せた「サラエボの花」という映画が公開されました。まだまだ終わっていないのか、という感想も持ちつつも現地の人は日々を普通に暮らしているのだろうな。
日本にいるとそこらへんの”同居”しているだろう感覚はわからないのですが、オシムの故郷ですから
ウィットを忘れず、逞しく生活してるのでしょうね。

>ほろぐささん

そうですね、「試合は・・」ってちょっと出来過ぎ(汗)
確か倒れる直前までチャンピオンズリーグだかなにかの試合を観ていたと報じられていた記憶があるので、意識が回復した直後に話した事の中に「試合は?」という一言があったのかもしれませんが、そこだけ切り取って報道されているような気がします。

この秋にも内戦後最大の危機と呼ばれる政治的危機がボスニアを襲いましたが、スルプスカ共和国(ボスニアのセルビア人が多数を占める地域)側のセルビアとの合体というのは、今すぐどうのという話ではないと思います。
ただスルプスカ共和国の存在が維持できないとなれば、そういった声は更に高まってくるのではないかという懸念はありますが。
但し、実情として国籍はボスニア人でありながらセルビア人はボスニアよりセルビアに、クロアチア人はボスニアよりクロアチアに目を向けているというケースが大半だと思います。
サッカーネタになってしまいますが、セルビア人はセルビアを応援し、クロアチア人はクロアチアを応援するというのが当たり前の風景になっており、「もう少し『住んでいる国』としてボスニアを応援してもいいんじゃないの?」と思ったりしますが、一方でボスニアを応援するサポーターがイスラム教徒(ボシュニャ-ク人)のシンボルを描いた巨大な応援旗を掲げていたりするのを見ると、ボスニア全体で国の代表を応援する気持ちが高まらない状況も理解できるような気がします。

「サラエボの花」はオシム監督の出身である「グルバビッツア」というのが原題なのですが、日本でも公開が始まったのですね。
サラエボだけでなく、同じような悲惨な出来事が民族に関わらず国全体で行われ、今でもその傷に悩まされている人が数多くいるわけですが、普段の生活では基本的に宗教、民族という枠を越えて人と人との付き合いが続いていますよ。







管理者にだけ表示を許可する

リンゴの渋い思い出 «  | BLOG TOP |  » 119番通報から在日外国人医療を考える

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。