topimage

2017-10

今日は何の日?~1984年サラエボ冬季オリンピック開幕~ - 2011.02.08 Tue

先程サラエボのオリンピック博物館について検索していたところ、ボスニアオリンピック委員会公式サイト内の記述にて今日2月8日がオリンピック初日だった事に気づきました。

1984年の開催から10年も経たぬ内に内戦勃発。かつてのオリンピック開催地であったサラエボの惨状は世界中の人々に衝撃を与えたのは、このブログを読んでくださっている方の多くが記憶しているかと思います。

olimpijski muzej 004

五輪の熱気に沸いた都市・サラエボが一転、多くの血が流れる戦場と化した惨状を伝えるポスター。

内戦時に破壊されたオリンピック施設は時と共に再建され、同様に内戦初期の段階に攻撃の標的となったオリンピック博物館も場所を移転し、現在はゼトラホール内で営業しています。(オリンピック委員会のオフィスも同ホール内)

博物館情報等も含んだボスニアオリンピック委員会の公式Hpですが、英語版もありますが、情報は殆ど現地語のまま・・というボスニアのサイトにありがちな中途半端さというか、詰めの甘さというか・・・(汗)

http://www.okbih.ba/

オリンピック博物館の様子は↑のサイト右端のビデオでも観る事ができますが、上の写真をはじめ以前訪れた際の画像が手元にあるので、次回は同博物館の概要などを紹介します。

これから数回オリンピックねたが続くと思いますが、よろしければ暫くお付き合い下さいませ。
関連記事

● COMMENT ●

オリンピックねた、大歓迎で~す!!

リトアニアのホームページも、その殆どが英語版を設けている割には、現地語版に比べて極端に情報量が少なかったり、殆どのページが「準備中」だったり。。。英語版を作っている意味って。。。?と思ってしまうことが時々あります^^

>ゆたさくさん


オリンピックねたに一票(?)ありがとうございます☆

>> リトアニアのホームページも、その殆どが英語版を設けている割には、現地語版に比べて極端に情報量が少なかったり、殆どのページが「準備中」だったり。。。英語版を作っている意味って。。。?と思ってしまうことが時々あります^^

リトアニアでも英語版が不完全だったりするんですね!一応英語版位は・・と思って立ち上げるのかもしれないですが、並行して情報アップするのはなかなか難しいですね。英語版を専門に担当する人がいたら別なんでしょうけど。


管理者にだけ表示を許可する

もう今は無き国の、五輪の記憶を求めて~サラエボ・オリンピック博物館~ «  | BLOG TOP |  » ボスニア映画「サラエボ・希望の街角」ロードショー&サーシャ・スタニシチ著「兵士はどうやってグラモフォンを修理するか」

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード