topimage

2017-09

17日目の仕事始め - 2011.01.24 Mon

posta-1.jpg

新年開始17日目にして届いた郵便物の束です。
こうして改めて現地の仕事振りを書き出してみると、1月の半分はほぼ機能していないという事が一目瞭然(汗)
正月からの祝日オンパレードについては先日のブログにて記しましたが、新年は正月にサクッと休むだけの他の地域では、もっと早くから通常業務に戻ってる事と思われます。

でも例年はもっと早くから配達業務再開してたと記憶してるんだけどな~

その一方で、年末の郵便事情には違った意味で驚きの連続でした。

日本の身内が息子の誕生日プレゼントを郵送してくれたのですが、送るタイミングが遅れた上に、雪のために混乱を極めていたフライト状況を考慮すると、どう考えても届くのは年明けになりそうな予感大。
日本からのプレゼントを心待ちにしていた息子にも誕生日まで荷物が届かなくても落胆しないよう、心の準備をさせておいたのですが、郵便局から小包の保管通知が届いたのは、何と

日本から発送して7日後!!!!Σ(-0-;)
※通常、閑散期であっても日本からの郵便物が届くまで10日程掛かります。

下手すると誕生日どころか、セルビア正教のクリスマスを過ぎた頃に届くのを覚悟していたのに、日本でクリスマスを祝う頃に到着した荷物。
「わーい!日本のサンタさんが間違えて届けてくれたのかな~?」と歓喜する息子。
サンタさんは世界中の子ども達にクリスマスプレゼントを届けるついでに、息子の誕生日プレゼントも一緒に運んでくれたのかな~と、私まで童心に返ってちょっとワクワクしたり。

また、この数日後には車から1時間程の街、バニャ・ルーカから同じく息子宛にプレゼントを贈って頂いたのですが、これもまた発送の翌日に到着(※通常は届くまでに数日を要する)

普段の配達状況から「郵便物が届いても直ぐに配達せず、ある程度数がまとまった時点でまとめて配達しているのではないか?」と疑惑を掛けている私ですが、「年明けは郵便物が貯まってエライ事になるから、年末はなるだけ早めに郵便物を配達しよう」と郵便局が業務を通常よりスピードアップしているのかも??

それにしても、いつもなら配達の度に「ピンポーン」と玄関のチャイムを鳴らしてくれる郵便屋さん。今年の仕事始めは全く気配もさせずに立ち去っていった事から、沢山の郵便物を抱えよっぽど急いでいたと思われます(笑)
ネットで情報がやり取りされる世の中になっても、郵便が届く時のワクワク感はいつの時代になっても一緒。今年もチャイムの音と共に色々な便りを届けてくれるのを楽しみにしています。





● COMMENT ●

ボスニアの郵便事情もこちらと同じなんですね。
怠け者のクロアチア人に比べるときちんと仕事をしそうな気がしたんだけど…
郵便に関しては全く予想がつきません。
日本からの手紙が1週間で届くかと思うと、フランスからの手紙が2カ月かかったり(汗)
最近は小包は届けてくれず、郵便局まで取りに行かなければならない上に、色々書類に書き込みまでさせられるらしい。
私はその噂を聞いてから、こちらに荷物を送るのをやめてもらいました。
フランスも荷物がなくなったりして、あまり当てにならないんですが(郵便局員が盗んでいる、税関で開けた際に気に入ったものはポケットに入れると言う噂もあり)、クロアチアに比べれば大体届く時期が予想できるだけましかな。

>タヌ子さん


> 怠け者のクロアチア人に比べるときちんと仕事をしそうな気がしたんだけど…

いや、怠け者、というかノンビリ度はボスニアは負けず劣らずだと思われます(^^;)
日本からの郵便でも小包は割と決まった期間に届くんですが、その他はまちまちですね~。
小包は現地の税関でチェックした後「関税対象外」ってテープ張られてるのに、受け取りの際に日本円で600円位手数料だか徴収されるんですよ。郵便局まで取りに行くのは言うまでもなく・・
それにしてもクロアチアだと書類に記入しないといけないって面倒ですね。ボスニアもこれからEU入りを狙う過程でそういった複雑な手続きを導入したりしないかちょっと心配です(汗)

定期バスのドライバーにお願いして荷物を送るというシステムを使っている人もいますが、バスが遅れるなどのリスクやバスターミナルまで受け取りに行かなければならないという面倒くささはあるものの、郵便よりはかなり早く荷物が届くので便利ではありますよね。






> 郵便に関しては全く予想がつきません。
> 日本からの手紙が1週間で届くかと思うと、フランスからの手紙が2カ月かかったり(汗)
> 最近は小包は届けてくれず、郵便局まで取りに行かなければならない上に、色々書類に書き込みまでさせられるらしい。
> 私はその噂を聞いてから、こちらに荷物を送るのをやめてもらいました。
> フランスも荷物がなくなったりして、あまり当てにならないんですが(郵便局員が盗んでいる、税関で開けた際に気に入ったものはポケットに入れると言う噂もあり)、クロアチアに比べれば大体届く時期が予想できるだけましかな。

チェコは、基本郵便物はお家届けのはずなのに、なぜか3分の2の確率で(高!)最寄りの郵便局まで取りに行かされます(EMSであってもです!)
冬の雪道の中、荷物を取りに行くのはなかなか大変で、15kgの雑誌を担ぎ片手には幼児連れ!だった時はさすがにしんどかったです( ゚ω゚;)

荷物や手紙が届いているかな~とポストを覗くワクワク感!いいですよねー

デジタルな時代だからこそ、大切にしたいアナログなものたちが私も結構好きです(*゚ー゚*)

>あやのさん

お子さん連れて重い荷物の受け取りは大変でしたね~。しかも雪道だったんですか(汗)
こちらは小包だともれなく局留めになってますが、小型包装物の時はその時によってかな。
届けてくれる事を期待していない分、届けてくれるとえらく幸せな気分になります☆

> 荷物や手紙が届いているかな~とポストを覗くワクワク感!いいですよねー
> デジタルな時代だからこそ、大切にしたいアナログなものたちが私も結構好きです(*゚ー゚*)

実は私、郵便を待つのも好きなんですが、配達するのも好きでして・・って高校時代3年間配達のバイトしてたんですよ。しかも冬だけじゃなく、夏も(笑)配達先で嫌な事もあったけど、やっぱり手紙受け取った人の嬉しい顔見ると幸せ分けてもらった気持ちになりました。
なので、手紙自体が来るのも嬉しいし、郵便屋さん見かけるとバイト当時の事思い出して、勝手に親近感が沸いちゃうんですよね(笑)
アナログはデジタルツールに押されはしても、決して無くならないと思うし、珍しくなっているが為に受け取ると何だか特別なものを貰った気分になります☆

わ~、たくさんの郵便物。
インターネット全盛の時代ですけど、手紙もやっぱりいいですよね。届く予定の小包や手紙を待っているときのワクワク感。旧友の筆跡を目にする時などは、何とも言えない温かく、懐かしい気持ちになるものです。手紙には手紙の良さがありますね☆

ロシア人の友人(夫の友人の彼女)も1月半ばまでお祭り騒でした(笑)。。。会社が休みということで、年明けから2週間ほどリトアニアに滞在したこの友人は、連日遊びほうけ、1月1日の元旦だけが祝日という「サクッと」派のリトアニアでかなり浮いてました(笑)。

今年はテロ対策だとかで、欧州の各空港での荷物検査が厳しくなり、その影響で郵便物の到着が例年よりも遅れたという話を聞きました。年内に届くと思って日本に送った小包が、1月半ばにようやく届いたと聞いた時には、愕然としました。。。(汗)

>ゆたさくさん 

> わ~、たくさんの郵便物。

これが仕事の依頼とかならいいんですけど、なんて(笑)
でも、友人から久々に届いた数々の手紙にはやっぱり心がほっこりしますよね☆
年末でも12月20日前後に日本から送られた郵便物は凄いスピードで届いたのですが、欧州からは時間が掛かったのですね。
昨今テロやら政変やら本当に世界中で色々な事がおきてますから、今までより早めに送った方がいいのかもしれませんね。

郵便局はスローペースでの業務再開でしたが、一般的にはクリスマスを過ぎたらもう休みはお腹一杯って雰囲気です。働き始めたと思ったら、またお休み、って一番リズムが狂いやすいですよね(汗)


管理者にだけ表示を許可する

駆け引き(?)トライアングル «  | BLOG TOP |  » 一桁最後の誕生日でした

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード