topimage

2017-11

明けても明けても・・・ - 2011.01.13 Thu

年末は大晦日までワーキングディだったボスニアですが、私が住むスルプスカ共和国側は年明けと共に連休ラッシュ開始。

1月1日&2日正月休み
1月6日&7日はクリスマスイブ&クリスマス休み+8日、9日が週末に掛かった為、公的機関等は4連休

と、新年が始まって2週間弱にも関わらず既に6日は休みだったという、思い切りブレーキが掛かった年明けですが、ここに来て、

セルビア正教の正月に当たる14日も公的機関等は休日

というお達しがありました。

我が家のオットは「きっと休みにはならないよ」と予想していたのですが、結局この日も直前で休み決定。
昨年は前日の晩にニュースにて「明日はお休みです」と知らされた記憶があります。
しかも、続く15、16日は再び週末に掛かる為、公的機関勤務の方々は再び3連休。
恐らく民間企業(特に商売関係)は時間短縮ながら営業するのではないかと思いますけど。

宗教上の行事に異議はありませんが、とうに年は明けているにも関わらず、この連休が過ぎ去らない間はなんだか明けても明けても明けきらない、そんな心境です。
ちなみに、ボスニア連邦側では通常通りのワーキングディです。

そうそう、ここで毎年祝う日が変わる移動祭日についてメモしておきます。

キリスト教のイースターはローマカトリック、セルビア正教とも4月24日
昨年に引き続き同日になります(※通常は正教徒とその他の教派(宗派)で祝う日が異なる)

また、イスラム教のラマザン(断食月)は8月1日から8月29日で断食明けを祝うラマザン・バイラム初日は8月30日。そしてクルバン・バイラム(犠牲祭)初日は11月6日となります。
関連記事

● COMMENT ●

おそばせながら。。。

明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します(*゚ー゚*)

スルプスカ共和国側って連休祭りなのですね
ちょうど、ワタシも昨日チェコの連休を調査していたのですが、3連休以上の休みはイースター&クリスマスを入れてたったの3回でした(´ω`;)
祝日が日曜日とかぶってたりと休み少なめなチェコからみたらかなり羨ましいです~!

>あやのさん

あやのさーん、新年おめでとうございます☆
こちらこそどうぞ宜しくお願いしますm(__)m

そう、今年は丁度週末とくっつく休みが多いんですよ。
でも、連休を取れるのは主に公務員で、個人営業のところは祝日1日のみの休みというところが大半だと思います。
ボスニア以外にも地域(州)ごとにお休みがバラバラという国がありますが、チェコはいずれの祝日も全国共通ですか?

そうそう、年末年始の旅行記も拝見させて頂いてますよ~。ひたさん、ますますパッカーの道まい進中ですね(^^)今年はひたさん撮影の写真もUpされる機会が増えるのかな?楽しみです~☆

チェコの祝日はいずれも全国共通なんですよ!
ボスニアは州ごとに休みが違うんですねーボスニア。。。未だ未開の地なので凄く興味があります(*゚ー゚*)

今年はひたさんもカメラ小僧デビューしたので、親子ともどもカメラの世界&バックパッカー道をまい進していきたいと思いますヽ(´ー`)ノ

>あやのさん

質問にお答え頂きありがとうございました☆
そちらは全国共通なのですね!

ボスニアは州というか、内戦後に「ボスニア連邦(イスラム教徒のボシュニャーク人+ローマカトリック信者のクロアチア人中心)」、「スルプスカ共和国(セルビア正教徒のセルビア人中心)」そして「ブルチュコ特別区」と呼ばれる3つのエンティティーがあります。
そのエンティティーごとに多数を占める民族の祝日=休みといった感じになるのですが、勿論少数であっても他の宗教を信仰されている方もいるので、カレンダー上の祝日の他に各自「2日間の宗教休み」を決めて公休扱いにしてもらう事ができます。

パッカーの旅、是非こちらの方にも足を延ばしてみてくださいね~☆


管理者にだけ表示を許可する

一桁最後の誕生日でした «  | BLOG TOP |  » 今日のおよばれゴハン~クリスマスは早朝から全員集合!編~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード