topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/11111もしくは1/106の門出 - 2007.09.24 Mon




ボスニアも他の欧州諸国と同じく9月から新学期を迎えました。
家族内に学校関係者がいるという事もあってか、新年度の初日というのは自分が学校に通わなくても何とはなしに気持ちを一新させられるものですが、今年はまた特別な気分でこの日を迎えました。

そう、我が家の息子も今秋から小学生になってしまいました☆

これから9年間続く小学校生活の初日。入学式に集まってきたどの顔を見ても誰と同じクラスになるのか不安と期待が入り混じった表情です。
息子に関しては担任の先生だけ事前に情報が入っていたものの(担任教諭の身内の方がオットと同僚だった為)、幼稚園やサッカーのお友達と同じクラスになれる確立は1/4。

自分の経験上、初顔合わせのお友達と仲良くなれるのも時間の問題だという事は分かっているものの、やっぱり同じクラスに顔見知りの子がいた方が心強いのもまた事実ですからね。
実際、入学式前も幼稚園に通ってた子などは知った顔同士で遊びに興じてしまってますし、小学校で集団生活を初めて経験する子達は何とはなしに不安げ・・

かくしてクラス割りは入学式のセレモニーの一環として、クラス毎に1人づつ名前を呼ばれる形で行われましたが、蓋を開けてみれば幼稚園&サッカースクールで一緒のお友達やオットの友人の子、そして一時期サッカースクールで一緒だったものの半年近く会う機会がなかったお友達などがクラスメイトだという事が判明!!また初顔合わせの子達ともそれとなく打ち解けている様子だったので親としては上々のスタートにホッと緊張の糸が解れるというものです。

ちなみに今秋晴れて小学校御入学を迎えた児童の数は、息子が通う小学校で106名、ボスニアのスルプスカ共和国側で11111名。(ボスニア全体だと多分この倍以上)

桜の花吹雪の代わりに初秋の風に祝福を受け、余所行きの服にランドセルではなく普段着での入学式となりましたが、子どもが学校生活の第一歩を踏み出した感慨というのはどの国でも一緒なのだな~と感じた門出の日でした。

prvidan.jpg


幼稚園のクラスメイトとみっしゅ(仮名)
「学校入ってもお前の事、離さないよ・・」といったかどうかは定かではありませんが、残念ながら別々のクラスへ(涙)

Img_1544.jpg


エントランスホールで行われた入学式から市長のスピーチ。「お子さん達が飽きてしまうと思うので、手短にしたいと思いますが~」ってマイク使わないと大人も全然あなたの話聞こえないですから~!!

Img_1547.jpg


「僕、こういうものです」
クラス発表の際に渡された生徒の名前と学校の名称でもあるニコラ・テスラのイラスト入り名刺。但し一枚しか配布されない為新しいお友達に渡すわけにもいかず、用途不明なアイテム(汗)

Img_1552.jpg


明日からの学校生活に先駆け何やら作戦会議中の幼稚園経験組
先生困らすような事したらダメだよ~!



● COMMENT ●

ご入学おめでとうございます☆

1/11111・・・何の事だろうと思ったら!
スルプスカ共和国側では、小学校のご入学がゾロ目だったんですね(笑)
11111名の中にみっしゅくんがいるんだと思うと、感慨深くなりますね~( ;_;)

しかし名刺。なかなか気の利いたアイテムと思ったら、1枚ではどうにもならないですねぇ(汗)

写真の中の子供達、いい構図ですね!期待とドキドキに胸いっぱい膨らませている雰囲気が良く伝わってきます。
数ヶ月もすると、「うまくクラスの皆と溶け込めるかな?」という親の不安をよそに、イタズラ団体が出来上がるのでしょうか?(笑)

幼稚園やサッカーチームの仲間との別れ(といっても別々のクラスという意味ですが)や新しい友達との出会いを早くも経験した、みっしゅくん。
大人への階段をひとつ登ったというところでしょうか。
この先も、素敵な学校生活が続くよう応援してますよ~☆

おめでとう~~

本当にこの名詞。なぞのアイテムですねv-11何に使うんだろうか??笑

でも、本当に生き生きとした写真ですね~~。
かわいいかわいい。一年生。
楽しい事一杯有るといいね~~。
おめでとう~~

>maityさん 光ちゃんママさん

お祝いコメントありがとうございます☆

11111ってスゴイぞろ目でしょ!私も高校受験の時の受験番号777で「おっフィーバーしてるな」って突っ込まれましたが、1年生なだけに1並びって凄く幸先がいい感じがしてきます。
実はウチの息子、「今年入学してもいいよ~」組(2001年9月~12月生まれは本来来年入学だけど、希望があれば今年入学可)だったので色々考えましたが、もし息子が入学しなかったらぞろ目にならなかったわけだし、まあよかったかと(?)
でも実際のところ1年生は基本的に遊び中心なんで来年入学だったらかなり退屈だったと思われます。息子同様端境期に生まれた子達は繰り上げ入学するのが大半のようです。

うちの学校だけかもしれませんが、2クラスは午前中授業、残りは2クラスは午後授業と学校に来る時間帯も異なる為、仲の良いお友達が自分と違う時間帯に登校するクラスになってしまうと休み時間に遊ぶという事すらできなくなってしまうんですね~!しかもクラスは基本的に5年間一緒らしいし・・そんな事もあって仲良しの子が同じクラス(もしくは同じ時間帯に授業のあるクラス)になる事は結構大事かと思われ・・
でも、学校が終ってからも遊ぶ時間はタップリあるのでそれ程問題にもならないのかもしれません。

そんなことより3時間のあいだに坂道の上り下り×2の送り迎えはきついっす~orz

>光ちゃんママ

お互い1年生の子を持つママですね~☆
なんだか本人同様、もしくはそれ以上にドキドキしちゃいませんでした?

そうそう、名刺。折角お友達作りのアイテムに活用できると思ったら1枚かよ!って感じなんですが(^^;)ドイツみたいに他の子達と分かちあう行事がないので、名刺位1枚といわず10枚位どーんと入学祝いとしてくれてもよさそうなのに・・

私は毎日の送迎でへタレ気味ですが(汗)、宿題がないだけ楽かも~。実はあるけど、自主的にやってないだけだったり・・(大汗)

こんにちは。ごぶさたしています。

みっしゅくんの小学校入学、おめでとうございますv-22

ボスニアの小学校は8年制だと聞いていたのですが、9年制になったんですね!
それにしても5年間クラス替えなしというのが驚きです。
いいクラスに入れたらそれも最高ですけどね。


その名刺って、もしかしたら名札のようなものなんでしょうか。
今はわかりませんが、私が小学生1年生の時は名札付けていたのを思い出します。


こちらの小学校がなぜ2部制なのか前から気になっていました。昼間子どもがサッカーして遊んでたりするので、なんでかなぁと思っていたものです。
学校が2部制なのは、以前は学校が子どもの数に対して足りなかったからその名残だとか聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょう。

ボスニア学校事情のレポート、これから楽しみにしています!!

>イエティさん

昨日産んだと思ったらいつのまにか小学生です(笑)

ボスニアの小学校はスルプスカ側を皮切りに段階的に9年生になりました。ただ、以前入学前クラスだったのが1年生に繰り上げになったということなんですけどね。日本でいうと幼稚園の年長+中学2年が初等教育です。

6年生から各教科毎に担当の先生がついたりするらしいので、それまでは一緒のクラスでいくという事なのかな~と思ったりしますが、先生でも卒業した学校によって5年生までしか担当できない
とかいろいろ複雑ですよね。

全国的に同じシステムなのかは不明なのですが、うちの息子は先月午前登校で今月は午後登校、といった具合に隔月で登校時間が異なります。午後からだと午前中が無駄になるのでなるだけなら通年で午前中がいいな~と思うんですが。
多分教室数の都合なんでしょうが、1学年4クラスのうち2クラスが午前、残りの2クラスが午後登校なので学年一緒でも学校で全くかおをあわせない場合もあるんですよ~。本当摩訶不思議な学校システムです

やっぱり入学式あったのですね。
本当にかわいい写真で、そんな写真が撮れるMic'oさんがうらやましいです。
集合写真なんかも撮ったのかな?
甥、姪が行ってた学校は週代わりで早番と遅番が入れ替わり、朝が苦手な甥っ子には辛そうでした。
朝ごはんも食べないで、学校の休憩時間に近くのパン屋で買って食べると聞いてびっくりしました。
その時間にパン屋に行こうものなら、すごい混雑でこれまたびっくりしました。

>snow62さん

入学式の集合写真はありませんでしたが、取材に来ていた地元紙向けに保護者が子どもを持上げて取った写真はあります。勿論その写真はもらえるわけじゃなくて新聞に掲載されただけですが、カラーで載ったのでその紙面はよい思い出として取っておこうと思います。

日本でも売店のパンが怒涛の勢いで売れていったのを思い出しました。今月は午後登校なのですが、朝と違って既に売り切れているパンもありますね。


管理者にだけ表示を許可する

喜びの一品 «  | BLOG TOP |  » 既に当日なのですが、お知らせ

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。