topimage

2017-11

ユーロとともに - 2007.08.07 Tue

まるで熱波にすっぽり飲み込まれたようなかのような酷暑が続いた悪夢の7月でしたが、8月に入ってからは「理想的な欧州の夏」というに相応しいような程ほどの暑さに低湿度な天気が続いてます。
ちなみに、今日14時現在の各地の気温は平均して20℃後半。夜になると野外では上着が欲しくなる位で、夜は毛布が必須。
タンクトップにシーツだけでも寝苦しかったのが嘘のよう・・
日の入りの時間も徐々に早まって、8時ちょっと過ぎにはもう夜の帳が下りてくるようになりました。
(今日のサラエボの日の入り 20:04)

逆に日本からは猛暑のニュースが飛び込んできますが、これからお盆に向けてこの暑さが続くのでしょうね。熱射病対策、そして先週末も複数の死者を出している水の事故対策(+サメ対策>汗)には十分お気をつけください。

ふと思ったのですが、南東欧を襲った熱波の到来と終焉、そして一時170円まで高騰したユーロが円安から(やや)円高に転じた時期が微妙に重なっていたような・・

今日の取引は163円台とユーロ高傾向にあるようですが、ユーロ高が進むにつれボスニアの残暑も厳しくなるのか・・・願わくばこの先両者とも下落に転じて欲しいのですけどね~。
(欧州在住の方は本来ユーロ高の方が望ましいのでしょうけど、私の場合円高の方が都合がいいので・・・)
関連記事

● COMMENT ●

こっちも

こちらも、一時の恐ろしい暑さはなくなり、特に夜は涼しくなりました。
今月はmaityのパパンとママンが遊びに来てくれるので心配していましたが、この分なら大丈夫そうです。
ただ、全然雨が降りません!毎日、半日は計画的に断水していますよ~。

>どぶ朗さん

一時期の猛暑が嘘のように過ごしやすい日々になりましたが、逆に日本からは連日真夏日とのニュースが入ってくるのでmaityさんの義両親には避暑になってよいかもしれないですね。

断水ね、ウチもどんだけぇ~って感じです(汗)
今朝土砂降りに恵まれたかと思いきや、あっという間に太陽が顔を出し・・今年は雨不足により農作物のお値段も高めのようです。

なんだか毎日、気温がまちまちで調子くるっちゃいますね。
それにしても日本を思い出させるこの湿度、たまりません。

おたがい調子崩さないようにしないとね。

昨日プロパンガスを買いに行ったら、2ヶ月前より2割以上値上げしていました。なんだか物価がどんどん上がってきているようで怖いです。

>snow 62さん


天気予報によると一応25℃前後まで気温が上がっているようなのですが、それでも半袖では肌寒く感じます。これまでが暑すぎたせいで感覚が麻痺してしまったんでしょうか?

こういう時こそ体調管理をしっかりしないとですよね。
息子もあと一週間で保育園とサヨナラなので、最終日まで体調を壊さないで通えるといいんですが。
snowさんのお子さん達は元気にお外で遊んでいるのかな?

こちらでもジワジワと物価上昇してますが、野菜は例年より割高になりそうなので、保存食を作る人は大変ですね。
ウチはどうしようかな~


管理者にだけ表示を許可する

橋「が」落ちるか、橋「から」落ちるか «  | BLOG TOP |  » 星3つです!!

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード