topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星3つです!! - 2007.07.26 Thu

ボスニアを含む旧ユーゴのビール事情については以前「(旧)ボスニアのかけら」内で御紹介しましたが、今回は嬉しいお知らせが!

何と、Banjalucka Pivara AD(本社バニャ・ルーカ)で製造されているネクタル・ビールが先月6日にブリュッセルで行われたSuperior Taste Awards 2007にて、同コンテストの最高カテゴリーであるスリースターズ・プロダクトの1つに選出されました。

尚、この審査にあたるInternational Taste & Quality Institute (iTQi 日本名=国際&味覚審査機構)に関してはこちらのサイトを参照下さい。


今年、この審査に出品されたのは601品目で、ネクタル同様3スターズプロダクトの称号を与えられたのは全品目の7%にあたる42品目。
(2つ星は32.9%、1つ星は25.1%)
クロアチアやセルビアといった旧ユーゴ諸国からも複数品目の参加がありましたが、ボスニアからは唯一の出品だったようで、しかも旧ユーゴとしてもただ1つ最高ランクの三ッ星を与えられたというのは快挙と読んでもよいのではないでしょうか?

また、ネクタル・ビールはこの受賞を機にボスニアで展開されている「Kupujmo kvalitetno domace」(「クオリティーの高い国内(製品)を買おう」)に参加し、製品の全国展開を図るようです。
国内のビール市場はこれまた評判が高いサラエブスコ・ビール(サラエボの地ビール)や近隣諸国のビール、そこに加えてネクタル・ビールと、ビール好きには選り取りみどり。
下戸の私は残念ながら飲み比べと縁がありませんが、猛暑の影響でビールの消費量が例年を上回るであろう今夏、人々の喉を最も潤すのはどのビールか楽しみに周囲を観察してみようと思います。



● COMMENT ●

おめでとうございます!

すごいですね!快挙じゃないですか!!
飲みてぇー!ネクタル~~~!!
(どういうわけか、近くでは売ってないんですよね。残念。)

「(旧)ボスニアのかけら」の旧ユーゴビール名鑑のおかげで、こちらで買えるビールの故郷(くに)をすっかり覚え、モンテ国内のみで通用する特技が増えました(笑)←国外から来るお客様に喜ばれます(^m^)

「私もビール名鑑作る~~!」と鼻息が荒かった昨年ですが、近所で買えるビールを買い込んだはいいものの、写真に収める前に飲みつくしてしまい、夫に散々怒られました・・・orz
もちろん、もう1度買おうとして「2度目はない」と通告されております。

ほとぼりが冷めた頃を狙って、ちょっとずつ購入しながらUPする作戦に変えたmaityです。今年こそ名鑑づくりがんばろ~!
ワインはダメですね。飲む機会はいっぱいあるんですけど、味の違いが分らん??…どれも「ウマい」としかコメントできない(爆)

そういえば、テンプレートが変わりましたね~~!いい画だ!
夏休みが楽しくて仕方なかった子供時代を思い出します。
みっしゅくんは卑怯だなぁ。かわいすぎる。。。
題材が夫しかいない我が家はどうする?(笑)

>maityさん

レスが遅くなって申し訳ありません~m(__)m

なんかテンプレートを新しくしてからというもの、Name、Subjectと入れてCOMMENTに移ろうとすると、何故かMailに飛んでしまうという珍現象が立て続けに起き、なかなかComment欄に辿り着く事ができませんでした。何故??

それはともかく、年鑑作りに着手する前にビール飲み干してしまったんですか?(^m^)
私の場合は下戸なんで(特にビールは苦手)誘惑に心揺れる事なく淡々と写真を取りまくっていたのですが、これが寿司だったらかなり危なかったと思われ・・・(あ、寿司シンドロームが~)

これまでに様々なテンプレートを転々としてきましたが、最近ようやくカスタマイズしやすいものを発見しました。
自分の写真を使う事で私独自のブログカラーが出せるかな、と。
写真はこれから色々変えていこうと思うのでお楽しみに~☆





管理者にだけ表示を許可する

ユーロとともに «  | BLOG TOP |  » スタジアムに潜む地獄

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。