topimage

2017-10

赤いシャツの隣人~隣国モンテネグロに潜む大物とは?~ - 2010.05.19 Wed

沈静化する気配がないタイ情勢に杞憂されている方も多い事と思いますが、今日は伊勢丹が入居している商業施設が放火されるなど文字通りきな臭さが増しており、一般市民の方々への日常生活への影響、そして不安は相当なものと思います。

さて、そんなタイ情勢についてオットと話をしていたのですが、私恥ずかしながらタクシン元首相がボスニアの隣国・モンテネグロの国籍を取得していた事を昨日初めて知りました。(4月末の時点で同国滞在中だったとの事)
活動拠点にしていたUAEを追われる形でモンテネグロに流れ着いたようですが、ここが同氏の終の棲家となるのかどうなのか・・


「タクシン氏、支持者を支援 滞在先のモンテネグロで」(MSN産経ニュースより)
http://sankei.jp.msn.com/world/asia/100427/asi1004270024000-n1.htm

先程チェックしたニュースによると、今日になってようやく「反独裁民主統一戦線(UDD タクシン元首相の支持団体)」のデモは収束に向かったようですが、衝突の火種はまだ完全に消えたようではないという事で今後も警戒が続きそうですが、当の元首相はアドリアのリゾート地で何を想い過ごしているのでしょうね。


関連記事

● COMMENT ●

こんばんは。もうデルベンタも暖かくなっているのでしょうか?
モンテネグロといえば、銀座でおなじみのピンクパンサー( http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100515-OYT1T00502.htm )ばかり思い浮かべていたので、まさかタクシンが市民権取ってるなんてびっくりした次第です。
で、ピンクパンサーの話題に戻りますが、前述した記事を見ますとキプロスで逮捕された相方はムスリムのようですが、ツルナゴーラでは宗教の違いよりはビジネスの方が優先されているのか、いささか気になるところです。

>nilさん

お久しぶりです。デルベンタも先週あたりは暖房を入れてたのが一転真夏のような暑さが続いています。とはいってもこの天気は束の間で来週はまた10℃台まで気温が下がる予報が出ています。

ピンクパンサーの件は最近始めたTwitterの方で少し触れましたが、既に昨年末にべオで裁判があったのにまだ残党がいたのか!と驚かされました。
ボスニアでもビジネスなど民族やエンティティーを越えて交流が広まってますが、犯罪の方は本当勘弁してもらいたいですよね。




管理者にだけ表示を許可する

EURO VISION SONG CONTEST2010~伝説の『崖っぷち男』、反撃なるか?~ «  | BLOG TOP |  » アレルギー持ちには辛い宿題

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード