topimage

2017-11

日本人の 証明(?) - 2010.04.24 Sat

ちょっと前の話になりますが、レストランで開かれた知人の○回目の誕生日会にお呼ばれしてきました。
普段は自宅で祝うのですが、今回はキリのいい年齢という事でちょっと大規模なパーティーを催す事になったようでして、親戚や付き合いの長い知人等総勢40人程が招かれました。

ホストである知人にお誕生日のお祝いを述べた後にはそれぞれ席に座り、目の前に並べられた料理をセルフでとりわけながら近くの席の人と談笑するというスタイルだったのですが、宴も佳境に入りバースデイケーキが登場。
すると、ケーキを囲んでみんなで記念撮影、という流れになるのですが、この宴に出席した約40名中、カメラを持参したのは、なんと

私、1人


今時ボスニアでも何かのイベントといえばあちこちでデジカメ撮影する姿が見かけられるわけですが、この時は見事に誰もデジカメを手にしていなかったのです。
かくいう私も普段使っているデジカメの乾電池が切れていた為、息子が生まれた時に購入したデジカメを持参していまして、こっそりひっそり(?)と宴の様子を撮影しようと思っていたのですが、何せこれが会場唯一のカメラだっていうんで思い切り脚光を浴びる事になってしまいました。
まあ、ゲストの皆さん、「カメラは誰かしら持ってくるだろう」という考えがあったのと同時に、カメラ付きの携帯を所持してる人もかなりいらっしゃるので、余り出かけにカメラを持参するという概念がないのかもしれません。
(現に息子の参観日では皆携帯で写真を取っていて、デジカメ出してたのは私だけだったという次第・・)

今回の主役であった知人の方は唯一私がカメラを持参していた事に感謝してくれ
「Mic'oがカメラ持ってきてくれて本当助かったわ~。やっぱりこういうところが日本人って感じよね~」
とお褒め(?)の言葉を頂きました。

昨今は日本人に限らず、色んな民族の人がカメラを片手に歩いてますが、やっぱりイメージ的には「カメラ持たずして日本人にあらず」なのかな?
日本人いるところにカメラあり、そしてMic'oいるところにカメラあり
恐らくこの先、こういったイベントの度にカメラマンとして重宝される事決定です(笑)




こちらでは年の数だけロウソクをたてるのではなく、数字をかたどったロウソクを立てるのが基本です。
でも、「7」の文字、反対になってますよ?(笑)

関連記事

● COMMENT ●

ははは、確かに「日本人=カメラ」って思われている節がありますよね(笑)。ビリニュスでも首からカメラを提げて歩いている観光客はたいてい日本人です(笑)。

私は元々相当の無精者でして、以前は外出時にカメラを持ち歩くことは殆どなかったのですが、ブログをはじめてからは頻繁に写真を撮るようになりました。ブログのおかげで、子供たちの今の姿を残すことができているような気がします(^^)。

>ゆたさくさん

沢山コメント下さってありがとうございました☆むっちゃ嬉しいです!(>▽<)

そうそう、カメラといえば日本人っていうのがステレオタイプですが、デジカメが普及してからは割りと日本人以外のカメラ小僧人口も増えたかも。
でも、シャッターを切る回数に関しては日本人が群を抜いていると思います。
時々、ファインダーではなく、自分の目に焼き付ける事も大事じゃないかな~と思ったりしますけどね。写真はあるけど、そこで何をしたのか記憶がない、という苦い思い出もあるので・・

そうそう!ブログやってると写真を撮る事が増えますよね(^^)
ウチは元々余り子どもの写真は掲載しませんが、最近は恥ずかしいのか、撮られるのがウザイのか(汗)余り被写体になりたくないみたいです。寂しいですが、まあ、私も小学校中学年位から写真に撮られるのが好きじゃなかったから、それも自然の流れなのかな~と思います。


管理者にだけ表示を許可する

気が付けば 長い付き合い «  | BLOG TOP |  » 職人(修行中)の技・イースターエッグ編

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード