topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジアムに潜む地獄 - 2007.07.20 Fri

酷暑とはまさにこの事、といわんばかりの天気が続いているBiH(ボスニアヘルツェゴビナ)
この熱波は人間だけでなく自然界をも脅かしており、特に南部のヘルツェゴビナ地方では各地(チャプリナ、ネウム、モスタル、リュブスキ)で火災が発生。また西部のドゥルバルでも2箇所で火の手が上がったようです。

また、北部のシャマツ近郊では高温による酸素不足が原因で全体の90%に当たる約5トンの魚が死亡。スルプスカ共和国漁業組合会長の試算によるとその損害は20000KM(約170万円)を超えるとの事。

昨晩のニュースによると同日の17時時点の気温は北西部のバニャ・ルーカで41℃、そして南部のモスタールで42℃。モスタールに至ってはこの日ヨーロッパ最高気温を記録したとの事でした。今日もこの熱波はボスニア上空で腰を据えているようで、14時時点での各地の気温は

サラエボ、ビハチ34℃
バニャ・ルーカ、ドボイ 37℃
トレビニェ 38℃
ネウム39℃
モスタール 41℃

となっております。

ちなみにブログ執筆時点(18:30)における我が家の室温は31℃、外気は日陰で32℃ですが、南に面しているテラスに干したシーツは一時間足らずで乾いてしまいました(!!)
猛暑と乾燥による断水さえなければ洗濯し放題の1日です。

外に立っているだけで熱い空気のうねりに飲み込まれてしまいそうですが、今日も国内最高(おそらく欧州最高)気温を記録しているモスタールでは、地元のサッカーチーム、ズリンスキ・モスタールがUEFAカップ予備戦第一回戦を戦います。しかもその対戦相手は隣国セルビアの強豪パルチザン・ベオグラード!!
否がおうにもサポーター同士がヒートアップするのは避けられないこのカードを前に、BiH代表であり、パルチザンでプレーするダルコ・マレティッチは「モスタールで“地獄”が待ち受けている事は重々承知しているよ」とコメントしていますが、モスタールでマレティッチらを待ち受ける最大の「地獄」とは、手くずね引いて待ち構えているズリンスキーの面々でも、試合内容に関係なく荒れ狂うフーリガンでもなく、灼熱地獄であることは間違いないでしょうね。

● COMMENT ●

本当に暑い日が続いてますね。
毎日庭でプールで遊んで、暑さをしのいでます。(私も子供用のビニールプールでバシャバシャやってます)
ここニシュも暑くて、今日の予報でも41度。家の中はうちも31度です。
夜も暑くて涼しくなるのは夜中近く、おまけに夕べは蚊の猛攻撃を受けて寝不足ぎみです。

家にはサマーキッチンが無いので、極力火を使わない食事で堂々と手を抜いてます。
この猛暑しばらく続きそうですね。
おたがいバテないように気をつけましょうね!

暑中お見舞い申し上げます

毎日サラエボのツインタワーの温度計を見上げて、37度という表示を確認していました。
しかし今日は温度計もこの暑さに耐えきれなくなったのか、ついに測定不能になったかのように沈黙しています。

工事現場の人たちを見ると、仕事とはいえ気の毒になってしまいます。

日射病、熱射病に気をつけてくださいね。
私は部屋にエアコンがないので、うちわ片手に濡れタオルを首に巻きながら暑さを凌いでいこうと思います。

>snow62さん、イエティさん

>Snow62さん

コメントありがとうございます。
この暑さ、週明けも続きそうですが、今日は風のせいか少ししのぎやすいです。
家は日が差し込まないよう、南側に面している部屋は全てブラインド下げっぱなしにしてますよ~。

夏用のキッチンですが、郊外の村では見かけるものの、市街地では殆ど屋内の台所で調理してますよ。
ウチは台所に窓もあるし、換気扇もつけているのですが、それでもスープなどを作る時にはかなり部屋の中に熱がこもります。特に昨日はゲスト用にランチを用意したり、コーヒーを沸かしたりと調理器フル回転だったので、暑さにフラフラしてました(汗)

そういえば、今年は殆ど蚊を見かけないんですよ。
どうやら対岸のクロアチアで蚊の殺虫剤を散布したという話もあるんですが、蚊よりも蝿の方がウザいです。

>イエティさん

BHT1の天気予報ではここ数日「サラエボ 34℃」になってるんだけど、観測所がある辺りとセンターでは微妙に気温差がありそうですね。
確かにあれだけの人(と車)が往来していれば40℃は軽く超えそうだわ。

ウチも例年エアコンは極力つけないように心掛けていますが、今年は少し使用時間増えてます。
イエティちゃんも体には気をつけてね。
ちなみにうちわってひ○き屋さんの?

ポドゴリッツァ 44℃

本当に毎日暑いですね~!
海に行こうと思っても、車に乗りたくない(笑)

何でエアコン付いてないの、ザスタバ?(泣)
ウチは2人揃って胃腸が夏バテ気味です。

うちの裏のおばちゃんは、毎日外でお昼作ってます。

小さいガスボンベ買って、テラスで料理しようかと思ってたのですが、高いのであきらめました。
とにかく火を使わない料理ばかりしてますが、お客さんが来れば、そうは言ってられませんよね。

これからエアコンどんどん売れるでしょうね?うちもこのままでは買うことになるかも。

そういえば!

去年の夏はブンブン飛び回っていた蚊が、今年はさっぱり鳴りをひそめています。

もしかして・・・暑すぎて死んだ!?

maityの燃料、ビールがおいしく感じないので私も死にかけてますが(爆っ)

たしかに、パルチザンにとって最も手強い敵は、この猛暑でしょうね~~!
しかし強化演習の一環として、「暑中 がまん大会」が組み込まれていたかもしれませんよ。
この猛暑に、クラブでは薪ストーブを焚いてたとか、コタツに入って熱々のおでん食べてたとか・・・(笑)

>どぶ朗さん、snowさん、maityさん

>どぶ朗さん

我が家の車はザスタバではないですが、大抵の中古車同様クーラーなしです(汗)こんな猛暑の日はどこにも行かずに家でクーラーの利いた部屋で涼んでいるに限りますね。

ちなみに我が家の近くの川は一部が干からびております(汗)

>snowさん

またのコメントありがとうございます。
オットにも訪ねましたが、村、もしくはバーベキューでもしない限り外で調理するというのはこちらでは余り一般的じゃないようです。

私はsnowさんと違って料理のレパートリーが狭いので、火を使わない料理ってサラダ系のものしか思いつかないのです。まあ、スープなんかは具を入れて煮込んでいる間他の部屋に逃げてるので何とかなってる感じです。

ちなみに村在住の親戚宅では料理のほかにも自家製牛乳を沸かしたり、と火を使う事が多いため、夏でも電機調理器ではなく薪オーブンを使ってるそうです(汗)

>maityさん

旧ユーゴ全体的にというわけではないようですが、そちらでも蚊の発生が少ないようですね~。それともこれから大量に発生???

ところでパルティザンは猛暑おでん合宿(笑)が功を奏したようで、6-1の圧勝でした☆↑のどぶ朗さんによるとポトゴリッツアは44℃だったそうですが、パルティザン-ズリンスキ戦と同日にポドゴリッツアで行われたハイドゥク・スプリト-ブドゥチノスト戦では選手がメチャ走っていて試合内容そっちのけで感動してました(試合もよかったですよ♪)


管理者にだけ表示を許可する

星3つです!! «  | BLOG TOP |  » 今更ですが、旅人気分

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。