topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件は会議室で起きてるんじゃない。自宅の真横で起こってるんだ?! - 2010.02.01 Mon

気が付けば、2月最初の1日は目覚めから最悪でした。

目覚め直前に見た夢の中では日本の某鉄道駅で切符を買おうとしたら不審者につけられ
目が覚めたかと思えば、御近所さん宅で恒例の朝コーヒーを楽しんだ後、帰宅する途中でこれまたかなり挙動不審な人物に「お金をくれ」と乞われ、「今日は財布がカラっぽなんだけど」と言ったらシツコクはされなかったものの、かなり気味が悪く・・

あーあ、こんな人に出くわしちゃうなんて、もしかしたらあの夢は正夢だったのかしら?
と思いながら窓の外を眺めると、なんと

我が家を半周する形で「捜査中につき、立ち入り禁止」のテープが張られているではないですか!Σ(-0-;)
もしかして、あの挙動不審な人、何かやらかしたのか???
でも、警察官が動員される程の事件がこんな我が家の目と鼻の先で起こったのなら何かしらの音に気づいたはずだし、番犬・リキは何度か吠えたものの、時折家の前に不審者(と思われる人)が立ち止まった時にみせる激しい吠え方ではなかったし・・・
普段は閑静な住宅街なんですが、家の周辺に「立ち入り禁止」の黄色いテープが張り巡らされるのはこれが2回目(といっても物騒なエリアではありません)
一度目の時には発砲があった事もありすぐに異変に気づいたんですが、今回はほぼいつもと同じ空気が流れる中で事が進展しているので困惑するばかり・・しかも、1時間後には息子も学校から帰宅するのに、いつもの帰宅コースは立ち入り禁止な為迂回しないといけないし、それ以前に犯人が逃走中だったら・・と考えると不安が募る一方です。

<自宅の真ん前のアパートで起きた強盗未遂&発砲事件>
「事件です!」 http://bhkakeramico.blog57.fc2.com/blog-entry-158.html

mjestozlocina.jpg

捜査中の警察官に尋ねる事もできましたがうかつに声を掛けられる雰囲気でもないので、オットの携帯に連絡し事情を伝えた上で何かしらの情報が入ったら連絡してもらうように頼み、その後は警察官が聞き込みが来る事を想定して家中の掃除に励んでいた私。
レースカーテンを上げて窓の外の様子を伺っていたら思わず警察官の1人と目が合ってしまい、容疑者でもないのに何故かオドオドしてしまいました(^^;)
その後オットからの連絡が入り、我が家から徒歩数分の場所にある某銀行にて銀行強盗未遂発生→犯人逮捕との情報にホッとしたものの、銀行に強盗が入ったのなら何故その周辺だけでなく、わざわざ我が家の周りが立ち入り区域になっているのか益々謎が募る一方・・

息子が帰宅した時点でも黄色いテープが張り巡らされていましたが、オットと顔見知りの警察官の人がいて「雪の上だけ歩いていきなさい」という指示の下に無事帰宅しました。当の息子は突然自宅周辺を取り巻いた物々しい様子に特に驚きを見せなかったものの、強盗が入った銀行に勤務する顔見知りの警備員さんが無事かどうか気になる様子です。
この警備員さんは以前オットがボランティアで教えているキックボクシング教室に通っていた事もあるのですが、さすがに武装しているであろう強盗相手となるとうかつに手を出すわけにいかないですしね・・
私もこの銀行には時々光熱費の支払いでお世話になっているので、警備員さんだけでなく行員さんに何かなかったかも心配ですし、既に犯人が捕まったという事で危険はないものの銀行の真ん前には保育園がある為、万が一犯人が逃走して保育園に立てこもるなんて事が起こっていたら・・などと考えたら背筋に冷たいものが走りました。

しかし、犯人は捕まったとはいえ、午後を過ぎてもひたすら続く現場検証。何故か我が家の横を警察官と私服の人物が何度も往復している為、何だかまるで我が家で何かあったようでそわそわ落ち着かない感じです。
前回の事件の際も午前中に事件が起きて午後3時過ぎまで現場検証してましたが、今回は日暮れ時まで終わりそうもなさそうな・・と思っていたら、丁度オットが帰宅しました。
家に入る前にちょっと現場検証を終えた警察官と話をしてきたそうなのですが、息子が気に掛けていた銀行の警備員さんに関してはどうなったのかというと・・

強盗の要求通り両手を挙げたものの、強盗が警備員さんのピストルを奪おうとした瞬間を狙って相手の機関銃(!)を奪い形勢逆転。危機一髪の行動が犯人逮捕に繋がりました。
ニュースで「銀行の警備員が自己防衛で犯人を取り押さえた」と報道されていましたが、もしかしてこの動きにはオットのキックボクシングの教えも少しは役に立ったのかも、とちょっとだけオットを見直したり(オット曰く、本人が持つ元々の身体能力が高い為だろうとの事ですが)
ただ、今回強盗に入ったのが1人だった為に対処が可能だったものの、2人以上だったらいくら鍛えている警備員とはいえ下手に手出しはできなかったと思われます。

尚、強盗は警備員と揉み合った際に自分の機関銃で足を撃ち、病院に運び込まれたとの事ですが、警備員をはじめとする行員、そして行内にいた顧客にはけが人は出ませんでした。

今回の事件は2つのTV局の夜のニュースでトップ報道されましたが、未遂で済んだのは不幸中の幸いとはいえ、平日の午前中、しかも人の往来も頻繁にある場所でこんな事件が起きたという事はこの街の住民に大きなショックを残しました。

実は、後で分かったことなのですがこの事件には共犯がいまして、逃走を手助けする役割を担った2人の共犯者は事件現場付近に車を停めて強盗役の同僚が戻ってくるのを待っていたらしいのですが、その車が停車していた場所というのが、なんと

我が家の真横

そりゃ、ウチの周囲が捜査現場になるはずだわ・・・・(汗)

「事件は会議室で起こっているんじゃない!現場で起きてるんだ!」

という青島刑事(「踊る大捜査線」)の名セリフがありますが、まさに事件は現場で、いや我が家の真横で起こっているんだ!という今日の一件でした。

朝から夢も現実も悪夢のようだった1日ですが、せめて、今夜はいい夢を見たいです・・・


ちなみに今日は他の街でもガソリンスタンドに強盗が入ったようですが、ボスニアでも不景気の影響なのか強盗(引ったくりを含む)の数が増加しているようです。といっても連日物騒な空気が流れているというわけではないですが、我が家のように特にめぼしい物がない家庭でも戸締りにはこれまでより神経を使わなければいけないようです。




青島刑事、確かにその通りなんだけど、できれば家の周辺は巻き込んで欲しくないと思われ・・・(--;)

● COMMENT ●

嫌ぁ~、、怖すぎます。
共犯の人達、何もそこで待機しなくても。。という感じですね。想像すると、怖くて鳥肌が経ってしまいました。

私が住んでいるところは田舎だからか(?)、日本よりも治安がいい?と錯覚してしまう位、平和です(あ、でも、戸締りはキチンとしますが。)海外に住んでるくせに、どこか平和ボケした日本人の私としては、この記事を読んで、もうちょっと警戒感を持って生活しなくては、、と思いました。

未遂で終わったし、すぐに犯人も逮捕されて良かったですね。
ご主人のキックボクシング、絶対役に立ったと思いますよ。
物騒な話なのに、警官の聞き込みに備えて掃除に励むmic'oさん、可笑しすぎ!
我が家に警官が来たら、ここが強盗現場だと思われそうです(汗)
でも、未遂時間でもトップになるってことはボスニアって安全な国なんですね(クロアチアもそうですが)、
フランスやギリシャでは日常茶飯事で、未遂事件ぐらいではニュースにもなりません…
物騒な世の中ですね。

>コカゲさん、タヌ子さん

>コカゲさん

>>共犯の人達、何もそこで待機しなくても。。という感じですね。想像すると、怖くて鳥肌が経ってしまいました

そう!よりによってどうして家の真横なの?!って感じです。
(他の家だったらよかったって訳じゃないですが)
でも、普段そこに車を停める人はいない上にわざわざナンバープレートには雪をかぶせておいたらしくて、たまたまその車を目撃していた近所の人は「あの車、絶対怪しい!」と思ったらしいです。
今朝は近所でもこの話で持ちきりでしたが、朝コーヒー友達のオバちゃんも「窓の外を見ていたら自宅のすぐそこが突如「事件現場」と化していて顔が青ざめたって言ってましたよ。

ここもかなり田舎なんですが、時々思い出したように事件が起きるんですよね~。我が家は普段でも門に鍵を閉めている上に、番犬まで待機しているので「妻が逃げないように厳重警備してるんだろ~」ってオットが皆にからかわれているんですが(^^;)、でも実際のところそこまでしてくれた方が安心感はありますよね。私は逃げないどころか、門を乗り越えてらくらく逃走しますけど(笑)

>タヌ子さん

本当に未遂でよかったですが、一夜過ぎてもやっぱり衝撃は大きいですね。その一方でオットは「コーチ、あの警備員が強盗にかけた技は俺達まだ習ってないですよ~」とか半分からかわれてたらしいですけど(^^;)
今回の件でヒーローとなった警備員さんは事件翌日も休まず通常通り仕事をしていたようですが、あんな緊迫した1日を過ごした後なのだから1日位休ませてあげてもよいのにな~と思ってしまいました。

警察の訪問に備えて掃除してる、って電話でオットにも話したんですが案の定爆笑されましたよ。本当普段の状態だと「お宅も強盗にやられたんですか?」って質問されそうですから・・我が家がちらかっていたら「ああ、今日のボスニアは平穏なのね」と思ってください(笑)



さぞ怖かったでしょうね。
でも犯人逮捕で本当に良かったですね。
どこかでウロウロしていると思うともっと怖い感じ。

うちは過去2回泥棒に入られました。
1回目は未遂でしたが、2回目は完全に家の中に入られて、冷蔵庫にしまってあった、木箱入りの梅干まで盗られて、庭に投げ捨ててありました・・・。

きっと梅干にびっくりしたんでしょうねえ・・・。

ご近所で強盗だなんて、さぞ驚かれたことでしょう。それにしても、共犯者が実はご自宅のそぐ側で待機していただなんて、考えただけでもぞっとしますね。。。立ち入り禁止のテープが張られたり、警官が歩き回ったり、自宅周辺の物騒な雰囲気に、mic'oさんもさぞかし不安で怖い思いをされたのではないでしょうか。

ビリニュスもこの不景気で以前に比べて強盗、引ったくり事件が増加しているのですが、知人が被害にあうなどしているため、他人事とは思えません。

顔見知りの警備員さん、行員さんに怪我がなくって本当に良かったですね♪警備員さんの身を案じるみっしゅ君が、とても健気で可愛らしいな~って思いました)^^)。

>triyoshiさん、ゆたさくさん

>triyoshiさん

コメントありがとうございます。triyoshiさんのブログも時折拝見させて頂いております。

事件そのものも衝撃でしたが、警察官が我が家の周囲を捜査している方が不安でした。現場の銀行付近ではなく何故我が家の周りに立ち入り禁止のテープが張り巡らされているのか謎だらけで・・

triyoshiさんは被害に合われてしまったとの事ですが、梅干を盗んだ挙句庭にばら撒いていくなんて全く失礼な泥棒ですね!
まあ、泥棒という行為自体が失礼極まりないですが、「要らない」と分かった時点で投げ捨てるのではなくどこかに置いていってくれればいいのに、と思いました。
でも、よっぽど慌ててたんでしょうね。

>ゆたさくさん

強盗も怖いけど、共犯者だって立派な(?)犯人なわけですし、そんな面々が我が家の真横にいた、という事実を後から知ってゾッとしました。
それ以来家の横を通る時には不審車両が駐車してないか確認してしまいます(汗)

みっしゅも警備員のお兄さんとは保育園の時代から顔見知りで、銀行の真ん前にある保育園に通っていた際に色々お世話になりました(って銀行強盗したわけじゃないですよ>汗)
幸い大きなケガはなかったのですが、やっぱり精神的な疲労もあるでしょうし事件の翌々日から休養を貰ったみたいです。
オットが電話で話をしたのですが、強盗の犯人がたまたま警備員さんの元・同級生だったのがショックだったようです。


管理者にだけ表示を許可する

煙に巻かれた1日 «  | BLOG TOP |  » 凍える17時を過ぎても・・

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。