topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009ESCベスト男性ボーカル&今年はあの「崖っぷち」男がキタ━(゚∀゚)━!!! - 2010.01.11 Mon

既に今年の大会(inオスロ)に向け着々と準備が進んでいるESC(ユーロビジョンソングコンテスト)ですが、昨年度参加者の男性ベストボーカルパフォーマンスアワード(Best male vocal performance award)が12月末に発表されましたのですが、その栄えある受賞者に選出されたのが

ボスニア代表として出場したグループREGINAのボーカルであるダヴォル・エブネルでした(パフパフパフ~♪)

同大会で圧倒的に集めて記録的な勝利を収めたノルウェーのアレクサンダー・リーバクを僅差ながら抑えての受賞です♪大会成績としては決勝9位と予想に反して振るわなかったレギーナですが、今回の賞の他にもリーダーのアーツォ・チョビッチが同大会の最優秀作曲家に選出されており、ESC関連としてはこれで2つ目の受賞となりました。
下は関連記事のURLと男性ベストボーカルパフォーマンスアワード投票の内訳です。
Davor Ebner wins Best male vocal performance award

http://www.esctoday.com/news/read/14705

1.Davor Ebner (Bosnia & Herzegovina) - 26.1%
2.Alexander Rybak (Norway) - 25.9%
3.Brinck (Denmark) - 17.3%
Sasha Son (Lithuania) - 17.3%
4.Petr Elfimov (Belarus) - 13.5%

以上は昨年度のESCのお話でしたが、私、すっかり忘れていました!
今日、1月11日に今年のESCボスニア代表が発表される事を。

偶然ESC関連のサイトを開いたところ、最初に飛び込んできたのは、何と懐かしいあの男の顔!!!

その男の名は、ブカシン ブライッチ

一昨年、スロベニアとコソボを除く旧ユーゴ諸国の歌手志望者が参加して放送されたオーディション番組「オペラツィヤ・トリユンフ(Operacija Trijunf」で同じくボスニアから参加のアドナン・ババイッチと優勝争いをし(結果は準優勝)、昨年はESCのセルビア代表を狙うべく「OT Bend」名義で「べオビジヤ(昨年までESCのセルビア代表選考会を兼ねていたソングコンテスト)」に参加したもののこちらも2位と万年2位に甘んじていたブカシン。
しかも、オペラツィヤ・トリユンフでは5回にわたる番組からの脱落の危機を乗り越え同番組のTOP2まで這い上がってきたいわば「崖っぷち」男が生まれ故郷・ボスニアを背負って欧州の舞台に殴りこみです!

(※ブカシンはボスニア生まれですが、内戦中セルビアに難民として避難→移住した事によりボスニアとセルビアの二重国籍を取得しているようです)

ん~、歌唱スタイル嫌いじゃないけど欧州のツワモノ、キワモノを相手にするにはちょっとインパクトに欠くような気も若干しないではないですが・・(汗)
↓は昨年ESCセルビア代表選考会(べオビジヤ)を2位で終えた時の映像(OT BAND名義)
グループはメンバー4人で構成されてますが、冒頭で歌っているのがブカシン



恐らくESCでの楽曲はロック調になると思われますが(↓の動画は「オペラツィヤ・トリユンフ」出場時のパフォーマンス)



バラードもいけます(オペラツィヤ・トリユンフ出場時)




お願いだから、オペラツィヤ・トリユンフで同窓だったイゴルくん(昨年のESCクロアチア代表)のようにどこか違う次元に飛ばされないでおくれ・・・


まだ英語版は開設されていないようですが、ブカシン情報を含むESC情報はこちら(BHRTサイト内)
ちなみに今年の勝負曲となる「Munja i grom」 (英訳「Thunder and Lightning」)は3月7日に放送されるESC特別番組で初披露される予定です。

http://www.bhrt.ba/eurosong2010/index.html


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ボスニアでも ありがとーぅ ~献血のチカラ~ «  | BLOG TOP |  » 祝い三昧&ワビサビ的ツリー

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。