topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、二コラがやってきた♪ - 2008.12.20 Sat

クリスマスイブまであと一週間を切りましたが、昨夜は我が家に二コラがやってきました~☆

って、二コラって誰よ(汗)

簡単に言うと、昔々自分の財産を匿名で貧しい人に分け与えていた聖人で、彼がサンタクロースのモデルになったと言われています。 聖二コラはこの周辺諸国での呼び名で、ドイツでは聖ニコラウス、オランダでは聖二コラス(シンタクラース)と呼ばれるんですよね?
で、この二コラさん、殆どの国では12月6日にいらっしゃるようですが、セルビア正教徒が多い地域では宗教上使用される「ユリウス暦」上で12月6日にあたる今日(19日)が「聖二コラの日」なんです。

二コラさんもサンタクロース同様、夜中に家々を廻り、この1年行いが良かった子ども達にプレゼントを置いていきます。勿論、二コラさんから親が業務委託(笑)を受けてプレゼントを用意するわけですが、それとな~く息子に欲しいものを尋ねると

特にないらしい・・・Σ(-0-;)

といっても、普段から物を与えられすぎて飽和状態なわけではなく、本当に欲しいものが無い時には本当にないらしいのです。 (ちなみに出張から帰る時のおみやげも「チュッパチャップス3本」で満足)

これから長~い冬休みに入る事を考慮し、彼が好きなアニメのDVDにでもしようかと思ったのですが、実はこの先彼の誕生日、クリスマスとプレゼントをもらえる機会がある為、最終的に

オットの職場からもらえるお菓子詰め合わせセットでいいか☆という結論に達しました。
(全ての職場でそうなのかは不明ですが、聖二コラの日前後に職場の従業員(もしくは職員)の子女に対してお菓子セットをプレゼントする習慣があります)

svetinikola.jpg
slatkisi.jpg

冬休みのオヤツはこれで十分確保できました(笑)

昨日の昼間に息子が学校へ行っている時間を見計らってオットが職場から渡されたお菓子セットを持ち帰り、それを私が息子の目に付かない場所に保管。
まあ、本当にこんなんでいいんかな~と最後まで思いつつ、夜中にそっとベッドの足元に詰め合わせの箱を置いて私の任務は終了~。

そして、息子が目覚めた頃を見計らって何食わぬ顔で部屋に様子を覗きに行くと、案の定箱からお菓子を取り出して大喜びでした♪

で、無事ミッションコンプリートしたのはいいものの、この後に残る2つのお祝いはプレゼントどうしたものか、という悩みは尽きず・・(汗)
ちなみに日本のじいちゃん、ばあちゃんにはチャルメラ(ラーメン)とハイチュウをリクエストしたようです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

オットがサンタに着替えたら・・・ «  | BLOG TOP |  » 一年で最も痛い日

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。