topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特命サンタ・ママの選択 - 2009.01.07 Wed

大人より少し長めの冬休みを楽しんだ子供達もボチボチ学校生活に戻り始めているようですが、こちらではまだまだ続く冬休み 。そして、セルビア正教徒が多数を占める地域では今日がクリスマス本番です。
キリスト教でもセルビア正教では旧暦で12月25日にあたる1月7日にクリスマスなのですよ。
もう年明けの宴も終焉に近づいてきた頃に再びテンションを上げなければならず、正直なところ栄養剤飲んで(嘘)気持ちを盛り上げないとやってられないというのが本音のところですが、信者の方にとっては大事な行事ですからね。このへん異教徒(私)と信者の温度差なんだろうな~と。

先日「ニコラおじさん(聖ニコラ)」がやって来たことは日記でも紹介しましたが、クリスマスイブにはもちろんサンタさんがやってきます。
ただ、聖ニコラそもそもサンタさんのモデルとなった人物なので、先日やって来た聖ニコラとクリスマスイブにやってくるサンタさんを区別する為なのか、サンタさんの方は現地語で「Djeda mraz(直訳すると「霜おじいさん」)」とか「Djed Božićnjak(直訳すると「クリスマスおじいさん」)」などと呼ばれています。

聖二コラ同様息子からは今回も特にプレゼントの希望はなし。(特にこちらからも尋ねないし)
それどころか、最近は更に輪を掛けて生意気度がUpしたのでプレゼントはもらえないのではないか、という気持ちもあったようです。
正直なところ、ここ数日の態度はクリスマスプレゼントに全く値しないものだったので、「何もあげないで少しお灸すえたろか」という思いもなくはなかったんですけど、全体的にみれば学校では勉強も生活態度もかなり努力しているらしいですし(担任談)、家庭での一面だけで評価するのもよくない事だよな、と。

なーんて、色々考えている内にお店全部閉まっちゃいましたよ!
クリスマスイブは通常よりお店の営業時間が短縮する上に、クリスマス当日はほとんどすべての店舗が休業なんです。
という事はプレゼントを準備できないというわけで・・・
(裏技としては他の宗教を信仰している人が多い街、もしくは車で30分程の隣国・クロアチアに行くという手もあります)
オットは「まあ、しょうがないよ。あはは」とあくまで能天気なんですけどね(っていうかアンタの宗教上のクリスマスだろうが!!)

息子も寝る前までクリスマスプレゼントについて言及しなかったのでこちらも油断してたんですけど、寝る前に一言

「サンタさんがプレゼント持ってきてくれなかったら悲しいかも・・」

え、やっぱり、そりゃそうだよね・・・(大汗)


で、色々頭をひねって考えた結果、私達が出した結論は 、お年玉も兼ねて現金(おこづかい)をあげようという事に。
折角のクリスマスなのに全く夢がない結論ですね(汗)
さすがにサンタさんからのプレゼントにキャッシュはまずいだろう、と躊躇もしましたが、そもそも聖ニコラだって貧しい娘達の枕元に金貨を置いていったという逸話もある事だし、許されるだろうというか、むしろ

サンタさん、許して~!!!!
クリスマス明けには悔い改めますから~(?)

お金を入れる封筒は普通のではなく、本来写真を入れて送る用途に使われるカードにお金を挟み、本来プレゼントはクリスマスツリーの下に置くところをサンタさんの帽子の中に入れてツリーのてっぺんに被せてみました。

↑の作業を行ったのは夜中の1時過ぎだったのですが、なんとした事か

財布がどこにあるのか分からない~!!!!

普段は電気をつけても目を覚まさない息子ですが、万一の事を考慮して手探りでコートのポケットから財布を探し当てました。
財布が見つかったとなると次は金額ですが、財布に入っていたのは

1プレゼントにするには少し足りないかもと思われる額の紙幣
2ちょっと多いかも?と思われる紙幣
3小学2年には明らかに多すぎるだろうと思われる紙幣

一瞬1でもいいかな、と思いましたが、「これからはもっとママとパパの言うことを聞けるように」という願いを込めて2にしました。

いつもより遅めに目を覚ました息子は、まずクリスマスツリーにサンタさんの帽子が被せてある事に気づいたので、「お~帽子があるって事はサンタさん来たんじゃない?」と誘導してみると、帽子を手に取り
「あ、何か入ってるよ~!!!」と封筒を取り出しました。

その後は・・・言わずとも分かりますよね
誤算だったのは、カードに貼り付けてある写真を入れる為のプラスティックケースの中に予めバラの花の写真が入っていたようなのですが、それもサンタさんからのプレゼントと思い込んでいたこと。
「わ~、サンタさんからお金と写真もらったよ~!!!」と家中駆け回っておりました。

息子も朝起きるまでは気持ち半分「プレゼントないだろうな~」と思ってたようで、「サンタさん来てくれないかと思ってた」と一言。(一応自覚はあったのね ^^;)

今回は今後の期待も込めてサンタさんもプレゼント持ってきてくれたけど、ママ同様来年のクリスマスまでにお前も少し悔い改めなさいよ~!!!!

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

学校ってやつは・・ «  | BLOG TOP |  » 今年初の・・

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。