topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3分の1がいない教室 ~新型インフル最新情報~ - 2009.12.02 Wed

=====================================
<お詫び>

執筆途中の記事を保存する際、誤って「下書き」モードではなく「公開」モードに設定してしまった為、一時的に中途半端な記事が公開されていました。大変失礼致しました。
=====================================


マスコミ等を通じて発表される新型インフルの感染登録者数は11月末時点でボスニア連邦側290名、スルプスカ共和国側238名。そして、11月16日に南部の街モスタールで40代の男性が新型インフルの後遺症による最初の犠牲者として報告されて以降も先週末に20才の女性、39才の男性が死亡し、新型インフル関連の犠牲者数は3名となっています。
(日本と違いマスコミで犠牲者の実名や家族が公表されるのには驚きますが・・)

感染報告者数は以上の通りですが、実際に周辺を見回してみると新型インフルとは断言できないものの地元の小学校、高校では教師、生徒共に欠席者の数が目に見えて急増しているそうで、1年生から9年生まで約1000人の生徒が通う息子の小学校でも約1割にあたる110人が欠席したとの事。
また、うちの息子も熱はなかったもののちょっと咳がひどかった為大事を取って1日お休みさせたのですが、彼が欠席した日はクラスの3分の1にあたる9人がお休みしていたそうです。
これが新型インフルによるものなのか、それとも息子のように風邪による欠席なのかは明らかになっていませんが、学校側もそして生徒とその保護者側も今まで以上に新型インフルへの警戒を強めている事は確かです。
(一時期学校にマスクを持参する子がいたようですが、予防や感染防止というよりは「ふざけてかけてみた」という意味合いが強かった模様)
ちなみに学校閉鎖は各学校の判断ではなく教育省の指示を受けて行われるようです。

この月末まで登校すれば約一ヶ月続く冬休みに突入しますが、それまでなんとか新型インフル及び季節性インフルの感染しないで過ごせるような生活を心がけていきたいと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

神々も走る年の瀬(その2)~聖人と親達の共同戦線~ «  | BLOG TOP |  » もうちょい 切っとくぅ~? ~美容院でのひとコマ~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。