topimage

2017-09

陸焼け☆海焼け - 2007.06.18 Mon

hiyake.jpg


真夏を思わすカンカン照りかと思えば突然雷雨が立ち込めて・・と日焼けする暇もない程目まぐるしく変化している初夏のお天気ですが、私の腕には陸焼け(写真左)、続いて海焼け(同右)により着実にメラニン色素が増殖しております。

陸焼けの理由は↓につきるでしょう。

teren.jpg



息子が所属するサッカーチームで親善試合が続いている為、それに付き合うと否応なしに半日屋外で過ごす事になります。

Img_1336.jpg


親になるという事・・それは即ち容赦なく紫外線にさらされるという事(汗)
ちらほら目につく傘はあくまで雨傘です。




じっとしているだけでも暑いのに息子にひっつかれたり乗っかられたりしているお兄ちゃん達。皆面倒見はよいのですが、余り図に乗ると見捨てられます(^m^)

↓のバスと美しいアドリア海を舞台に展開する海焼けの話は次回にて☆

rikcri.jpg

● COMMENT ●

うぅ。私も・・・

昨日海に行き、夕方5時を回っていたので大丈夫かなって思っていたら、白い砂浜は容赦なかったです(汗)
日焼け止めを塗っていたんですが、海焼けしました。

昨日は平日(木曜日)なのに、なんでそんな時間に海へ行ったかと申しますと、実はセルビア語の授業だったのです。ただ、先生の旦那さまが、海でビールを飲みたいとダダをこね(?)、課外授業@海になったのでした・・・。

みっしゅくん、試合中にプレイヤーの背に乗ったりしたらダメでしょ☆
大人になってもこれをやったら、審判に怒られますよ?(笑)

>Maityさん

海岸での課外授業いいっすね~☆
程ほどの日差しの下アルコールも入ってろれるも廻るってもんです(?)

そういえばコトルの海岸って砂浜なんですか?
私が行ったモンテの海水浴場はどこも石だらけでした~。アドリア海はこのタイプの海岸が多いようですが、こないだ行ったCrikvenicaは海岸の一部が砂浜で感動しました。(多分人工浜)
但し砂浜部分は午後5時まで有料なので5時過ぎるのを待ってこっそり行ってました(汗)

みっしゅが馬乗りしているのは、一応休憩時間です(^^;)それにしてもこんなことして許されるのも弟分の特権ですね~。勿論私からはイエローカード出てますが(爆)




先日行ったビーチも、恐らく人口浜だと思います。ガイドブックにはアドリア海沿岸部は砂利浜の海岸と砂浜の海岸が交互に並ぶと書いてありましたが、おそらく天然の砂浜は少ない(というか、ない?)のではと思っちょります。

ちなみにコトル周辺の海岸も基本は砂利浜なんですが、ホテルの周りだけ砂浜という一帯もあります(笑)

先日のビーチは駐車場が有料なんですが、まだ6月だからか、平日だったからか無料でした。

休憩時間と聞いてほっとしました(笑)
それにしても、ユニホームがかわいいですね。袖が7分袖か8分袖くらいあるんじゃないですか?
まさに「服に着せられてる」状態ですね。かわいいです~


>maityさん

アドリア海は砂利浜と砂浜が交互に並んでいるんですか。それは知りませんでしたφ(..)
最初は馴染んだ砂浜の方がいいな~と思ってたのですが、砂利に慣れると足が砂まみれにならずよいかも。砂は幾ら洗っても何となく履物がジャリジャリしてるような気がして。

駐車場ではありませんが、ビーチに並んでいるデッキチェアーががら空きなのでのんびり寝転んでいたら実は有料だった事が判明(汗)
それまでにも何度か利用していても誰も料金徴収に来なかったので無料なのかと思ってたんですが、そんな訳ないですよね?

>>袖が7分袖か8分袖くらいあるんじゃないですか?

元々は半袖なんですが、息子の場合は10分丈ですよ、ってつまり長袖かよ!(汗)
実はこれ個人持ちのユニなんですが、息子の場合余りにデカすぎるのでチーム側から「もう少し買うの待ったほうがいいんじゃない?」と勧められています(爆)ちなみに写真内で着用しているのはチームの予備ユニです。


管理者にだけ表示を許可する

陸焼け☆海焼け(時にはバカンス気分編・その1) «  | BLOG TOP |  » さよなら 先生 でもまた明日(後編)

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード