topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩秋の小道を歩く - 2009.11.15 Sun

色づいた木々の葉が美しい、こんな週末の昼下がりにはお散歩に出かけませんか?
novembar 014

ブログを訪れてくださった方にもバーチャル散歩でボスニアの秋を堪能して頂きましょう。
今回は写真が多いので下の「Read more」をクリックして続きをどうぞ

novembar 011

どこまでも広がる青い空は気分を爽快にしてくれます。

novembar 015

novembar 031

ここからは見えないけれど、丘の向こうは隣国・クロアチアです。
直線距離だと10kmない所に隣の国があるなんて、日本では考えられないですよね。


novembar 035

双眼鏡を覗き込む息子。ボスニア野鳥の会会員です(嘘)
でも、双眼鏡がなくても色々と目ざとく見つけてタタ(現地語でパパ)を驚かせました。視力がいいのは私譲りだな(笑)

novembar 033


novembar 008

これは知人が所有する果樹園。昨年植えたりんごの苗に「ふじ」と「むつ」があると聞いたので成長具合を一目みたいと思っての来訪です。これは「ガラ むつ」とあるけどガラとむつが交配したものなんだろうか?

novembar 017

これは「ふじ」

novembar 019


novembar 023

「ジョナゴールド」も発見。これまで現地の店頭に並んでいるリンゴといえば青リンゴと赤リンゴとしか認識していなかったけど、そういえば先日隣町のスーパーの広告にジョナゴールドが掲載されてたっけ。

novembar 024

木々のはるか向こう側に見えるのが私達が住んでいる街。

novembar 036

ピーッ、ピーッ、脱走者2名発見です!!!
門が閉まっているので敷地から出るには不法侵入者のごとく門を越えていくしかありません。
勿論、私もひょいっと・・までは行きませんが、自力で脱出成功。
(※敷地への出入りに関しては当然所有者から事前に許可を得てあります)

novembar 039

美しい自然の中の所々に残る戦争の廃墟。日暮れ行く中で余計物悲しさを誘います。
ちなみにこの周辺には地雷はありません。


● COMMENT ●

のどかで素敵なところですね~☆自然の色合いや勾配がリトアニアの自然とは異なって、新鮮です(^^)。

Jonagold、こちらの青果コーナーにもよく並んでいます。甘くて美味しいですよね☆

>ゆたさくさん


同じヨーロッパでも北と南だとやはり育つ植物も異なりますし、風景も違ってくるのでしょうね♪

ジョナゴールド、リトアニアでも流通しているのですね!
今回訪れた知人の果樹園では来年当たりから実がなり始めるのではないかと言われていますが、産地直売で買えるように今から予約しておこうかな?

初めまして。
お隣のクロアチアからお邪魔します。
今年初めてボスニアを訪れましたが、素晴らしい風景に圧倒されました。
クロアチアは山が少ないので、単調な景色が続くのですが、ボスニアは変化に富んでて綺麗ですよね。
ボスニア産のむつとふじがクロアチアに輸入される日が来るころにいはこの国を去っていると思うと寂しいです。

秋・・・

和みつつも、どこか寂しい秋の景色ですね。
秋の景色を見ると、まだ純粋だった子供のころの自分を思い出します。
まー、オッサンになった今も純粋なんですが(笑)
では、行ってきます。
色々情報をいただき、ありがとうございました。
楽しんできます。

>タヌ子さん

こちらこそ初めまして!といっても、タヌ子さんのブログも時折拝見させて頂いております(ROMだけで申し訳ありません)

ほぼ海なし国のボスニアから見ると海岸線の続くクロアチアは羨ましい事この上ないのですが、確かに山の自然の豊かさに癒される事は多いですね。

>>ボスニア産のむつとふじがクロアチアに輸入される日が来るころにいはこの国を去っていると思うと寂しいです。

それは残念です(涙)早ければ来年には実がなりはじめるようですが、知人としては国外の食品会社との取引を狙っているようです。それが実現したら何かしらの加工食品としてボスニアのリンゴを口にされる事もあるかもしれませんね。

またタヌ子さんのブログも拝見させていただきますね☆





>ケソさん

癒されるようで、何となく切ない風景ですよね~。
木々の緑がまぶしい季節も美しいですが、私も秋から晩秋にかけての葉が黄色に色づく時期の方に心惹かれます。

いよいよ出発なのですね。道中くれぐれもお気をつけて。
実り多き旅になりますようにボスニアの片隅で祈っています☆

よかったら帰国後もまたブログの方に遊びにいらしてくださいね


ベオグラードにて

みーちょさん、お気遣いいただき、ありがとうございます。
まずは無事にいることが重要ですよね。

現地時間の昨夜、セルビアに着きました。
夜中に出歩いたら意外と人通りがあって普通そうとか、
物価は日本と大して変わらないとか
いろいろ気がついたことがありますが、
一番驚いたのは気候。
全然寒くないどころか、暑いくらいでした。
朝ごはんの後散歩してきましたが、Tシャツで十分なくらい。
今週だけの異常気象かな?
ボスニアはいかがですか?

>ケソさん


早速の現地レポートありがとうございます☆まずは無事にセルビア入りされたそうで何よりです。
確かに今週に入ってから暖かい日が続いていますね。逆にその天候変化で体調を崩している人も周囲では多いのでケソさんも晩秋のべオを楽しみつつも健康管理に気を付けてくださいね。

ところで日曜にセルビア正教のパヴレ総主教が亡くなり木曜に葬儀があるそうなのですが、ボスニアでもセルビア正教徒の多いスルプスカ共和国側では喪に服すという事で公共機関などが休みになるという話です。
木曜という事はプレイオフ翌日なのでケソさんはボスニアに滞在されているのでしょうか?
イスラム教徒やローマカトリック信徒が大半を占めるボスニア連邦側では普段と変わりませんが、セルビアやスルプスカ共和国側では上記の理由で不便が生じる事もあるかもしれません。

いつも、いつも、コメント残そうと思っているのに読み逃げです。。。なんだか、ここんところバタバタとしていまして(苦笑)というか、正直、自分にブログ管理でいっぱいいっぱいだったりもして。。。。(笑)
あ、でも、mic'oさんのブログは、常に、そうなんだ~という思いながら読んでいます。

ボスニアの風景、何もかもが新鮮です。
私にとって全く未知の世界のボスニア。。mic'oさんのブログで知る事が出来て、とても興味深いです。

私の少ない知識で知るボスニアは、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争での何とも切ないイメージでしかないんですが、こんな風に普通に自然な景観があると思うと、正直ほっとします。

FUJI、フランスにもあるんですよ!でも、実際に売られているのは見た事がありません。売っているのを見たら速攻買う事間違い無しです(笑)ちなみに、私、富士山がある県の出身です。

それから、、、、
少し遅くなってしまいましたが、リンクの件、快くご快諾頂きありがとうございました。

あと、フランスで売られいるミカン、mic'oさんのおっしゃる通りクレモンティーヌです。

何だかまとまりの無いコメントになってしまって、すいません~。

>コカゲさん



読み逃げだなんて、そんな事問題ないですよ~。
こうして来て下さって、少しでもボスニアの事を知っていただける事が一番ですから(^^)
勿論コメントをいただければ励みになりますが、余裕がある時に気が向いたら・・って感じで。
それとリンクの件もありがとうございました。こちらからも承諾を得ないまま張ってしまいましたが
問題なかったでしょうか?こかげさんのブログみたいにリンク先の更新状況が分かるの便利ですよね~。

ところでこかげさんは富士山がある県のご出身なのですね☆
私も数年前に息子を連れて富士山の麓にある遊園地に行きましたが、お天気が良くって河口湖に富士山が
よく映えました。いつかは登山してみたいと思いますが、その前に体力つけないと(^^;)

コカゲさんもお忙しいと思いますが、お子さんが全快した後に体調を崩されないようご自愛くださいね。
それと、コメントに書き忘れてしまったのですが、Topのロウソクの写真とても幻想的でよいですね☆


管理者にだけ表示を許可する

セルビア正教・パヴレ総主教死去 及びそれに伴うスルプスカ共和国側の臨時休日 «  | BLOG TOP |  » 勝利という名の「光」を求めて~プレイオフ・アウェイ戦~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。