topimage

2017-10

ビタミンCは懐かしの味~温州みかん~ - 2009.11.13 Fri

新型インフルの猛威に屈するな!とうがい、手洗い、そしてビタミンCの摂取強化中の我が家ですが、今の時期のビタミンCといえば



みかんですよね~。これでこたつがあれば最高なんですけど(笑)
何となく、こたつとみかんってセットじゃないですか?

このみかんですが、皮の感触といい、口に入れた時の味わいといいいつもなんだか懐かしい感じがしてたんですが、実は温州みかんなんですね~。
この周辺を訪れた方の中にも現地の市場等で温州みかんを見かけて驚かれる事が多いみたいです。
店では「みかん(Mandarina)」としか表示されていないので種類まで気に留めたことがなかったのですが、ボスニア南部からクロアチアにかけて流れるネレトバ川の水に育まれた美味しいみかん。
今の時期はネレトバ川沿いの道路脇にみかんを売る屋台が沢山目につく事と思います。

novembar 007

普段は皮をむいて食べますが、幼少の頃親がお弁当にみかんを入れる時には半分に切ってくれたのを思い出し、昔を懐かしんでみました。うーん、ジューシーですね~☆

novembar 006

今日も買い物袋の中には1kgのみかんが顔を覗かせています。
「今日のみかんは甘いのかな?」と訊ねたら、市場じゃなく普通のお店なのに皮をむいて味見させてくれたのにビックリ。現在1kg1.8KMなり(=約120円)

<おまけ>

10月限定のツアーだったそうですが、スロベニアの旅行会社でツアー日程にネレトヴァ渓谷でのみかん狩りが盛り込まれたツアーが販売されていたようです。
観光地巡りだけでなく、旅行日程にこういった企画が含まれているのも面白いですね。

http://www.panoramic-travel.com/index.php?page=bus-tours-3
関連記事

● COMMENT ●

はい、ミカンといえばコタツです(笑)

フランスでも小さい食べやすいミカンが出始めました。

道路脇にみかんを売る屋台、とても興味深いです。
ボスニア、、、何もかもが未知なので、とにかく興味深いの一言に尽きます。

新型インフルエンザが猛威をふるうのが万国共通であるのと同時に、みかんの季節というのも万国共通なんですね(笑)

1kgが約120円!?安い!みかんを食べて、ビタミンC供給して、インフルエンザ対策しなくては。ですね♪

P.S.
mic'oさんのブログを私のブログのお気に入りブログ集に追加してもよろしいでしょうか?(リンクを貼ってもよろしいですか?)

>コカゲさん


> はい、ミカンといえばコタツです(笑)

ブログをアップしてから、日本といっても北と南じゃ気候が違うので一概にも言えないかな~と考えてしまいましたが、コカゲさんも「ミカンといえばコタツ」派なのですね(^^)
こちらで住み始めて以来コタツのある生活は最初から諦めていましたが、電気毛布を持ってくる事は何度か検討した事があります。
家の暖房をセントラルヒーティングに変えてからは電気毛布の事もすっかり忘れてましたが、こたつは暖房器具というより、冬の生活のお供といった感覚なんですよね~☆
>
> フランスでも小さい食べやすいミカンが出始めました。

小さいというとクレメンティンですかね?こちらでもボチボチ出回り始める(始めた?)と思いますよ。
クレメンティンもおいしいですが、やっぱり温州みかんにノスタルジーを感じてしまいます(笑)
こちらではみかんだけでなく、道路脇で四季折々のくだものやハチミツを売るスタンドが立っている光景をよく目にします。余り通行人が立ち寄っているのを見たことがないんですけどね(汗)

リンクの件、もちろん大歓迎です♪こちらからもリンク張らせて頂きますね。
これからもどうぞ宜しくお願いします☆


管理者にだけ表示を許可する

間寛平さんが隣国で・・ «  | BLOG TOP |  » ボスニア及び周辺国の新型インフル情報

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード