topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボスニア連邦鉄道ストライキ決行中 - 2009.11.02 Mon

今日の朝7時よりサラエボ、モスタール、ゼニツァ、トゥズラ、ビハチにおいてボスニア連邦鉄道(Željeznica Federacije BiH )の機関士組合等がストライキを開始し、全てのローカル線が運休になっている模様です。また、国際路線に関してはブダペスト(ハンガリー)行きはドボイまで、またプロチェ(クロアチア)行きはチャプリナまで、それぞれ電車に乗り継げる都市までのバス代行に切り替えられたそうです。
ボスニア国内の各都市間移動はは鉄道網よりバス路線の方が発達している為大きな混乱にはならないかと思いますが、市民の足には変わりないですのでストライキの行方が気になりますね。

<参考>ボスニアの鉄道網(ボスニア連邦鉄道ウェブサイトより)

http://195.130.35.116/zfbh.ba/zfbhenx/images/Mapa%20BiH/Mapa_BiH_vel_en.gif

尚、ボスニアの鉄道でもスルプスカ共和国側の鉄道であるŽeljeznice Republike Srpske(スルプスカ共和国鉄道)側で同様にストライキ突入という話は入っておりません。



● COMMENT ●

ボスニアではストライキがよくあるんですか?

フランスでは本当によくあります。
ストライキしてないで、働いてくれ。って位よくあります(笑)

フランスでストが起こると、一般市民はやっぱり迷惑するから、やめてほしいと思うみたいなんですが、ボスニアではみなさんの反応はどうなんですか?

>コカゲさん

ストライキはボチボチありますし、特に不景気になってからは公共機関でもストライキ決行の話をよく耳にするようになりましたが、行政の仕組みが複雑な事が幸い(?)して全国一斉というのはほぼないですね。病院もストライキしますが、時間限定で実施だったと思います。
私が知っている中で一番長かったのは農民のストライキで私が知っている範囲では1年以上く首都・サラエボの政府の建物前で座り込みをしていました。時々サラエボを訪れると「ああ、またやってる」って感じで、恐らく最後の方は街の景色に溶け込んじゃった感があります(汗)

過激なストライキも困りますが、余りダラダラと続けても効果がないですよね。



管理者にだけ表示を許可する

スノーシーズンと午後登校、(ほぼ)同時スタート! «  | BLOG TOP |  » エア寿司屋~寿司の日によせて~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。