topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選ばれたのには訳がある!~50億人目&60億人目のベビー~ - 2009.10.25 Sun

現在、推定で約68億人が地球上で生活しているといわれていますが、1年で8千万の人口増加があるそうなので世界人口が70億人に達するのもそう遠い未来ではないのかもしれません。

ところで、世界で50億人目、そして60億人目に認定された赤ちゃんが共に旧ユーゴで誕生している事をご存知でしょうか?

http://www.joicfp.or.jp/jpn/question/index.shtml

50億人目に認定された赤ちゃんマテイ ガスパル君は1987年。当時はまだユーゴスラビアを構成する共和国の1つであったクロアチア・ザグレブの病院で誕生しました。
50億人目の赤ちゃんが生まれる地をクロアチアに決定した理由は、その年ザグレブでユニバーシアード大会が行われた事に関係するようです。

50億人目の赤ちゃん誕生を伝える当時のニューヨークタイムズ紙記事(英語)
http://www.nytimes.com/1987/07/12/world/and-baby-makes-five-billion-un-hails-a-yugoslav-infant.html

そして、マテイ君が生を受けてから12年後の1999年、ボスニア・サラエボにて、60億人目の赤ちゃんとなるアドナン・メビッチ君が誕生しました。
こちらは、アナン国連事務総長(当時)が当地を訪問するのに合わせての認定となったようです。
60億人目がボスニアで誕生という話は記憶していますが、アナン事務総長の訪問との関連があった事は今回改めて当時の事を調べているうちに初めて知りました。
アドナンというのはイスラム教徒のポピュラーな男子名なのですが、赤ちゃんの名前はアナン国連事務総長にちなんで付けられたそうです。

http://www.un.org/Pubs/chronicle/1999/issue3/0399p1.htm

この10月12日に60億人目認定から満10年を迎え、当のアドナン君は今どうしているのか?現地メディアではアドナン君の誕生日にあたる10月12日に彼の近況を報告していました。
その報告によると、例年同様誕生日にはサラエボ市関係者の訪問を受けたアドナン君ですが、今年はちょっと心配事を抱えての誕生日となってしまったのは、父親であるヤスミン氏が盲腸で入院生活を送っている為なのです。
この他にも母親も現在無職状態、映画館の暖房炊きである父親の収入とサラエボ市からアドナン君に送られる援助金を足してもボスニアの平均収入に満たない中で生活における不安も大きいようですが、まずは父親が全快して病院から戻ってくる事が家族にとって最も幸せをもたらす事。
そんなわけで10歳の誕生日の願い事はただ1つ、父親が元気に退院して自宅に戻ってくる事だそうです。もう、既にその願いはかなえられたでしょうか?

世界人口50億人目のマテイ君と60億人目のアドナン君、世界から注目を受けた誕生時以上の祝福が人生の節目節目に待ち構えているよう願っています。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

時計が刻む地震の記憶~バニャルーカ大震災から40年~ «  | BLOG TOP |  » 丑三つ時の時間泥棒?~冬時間スタート~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。