topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行者に朗報!サラエボ空港から旧市街までのバス運行開始 - 2009.10.18 Sun

New!2016月10月現在情報
一時は廃止になっていたサラエボ空港⇔市内行きのバスですが、このバス路線を求める多くの声に答えるべく今夏から再びCentrotrans Eurolinesが同路線の運行を開始。
詳細は近日中に記事としてまとめますが時刻表は以下でも確認できます。
http://www.centrotrans.com/uimages/odrzavanje/08082016_NEWS_1_BIG.jpg

※2011年10月末にサラエボ空港のインフォで最近の運行状況について確認したところ、空港ー市街地間のバスは「もう運行していない。街までの交通手段はタクシーのみ」と言われてしまいました。
同じインフォで配布しているガイドブック「Sarajevo Navigator」最新号(10月発行分)の「Public Transport」の項には同路線の運行とバスの料金まで掲載されてるのに!ですよ。(そもそも発着便数が少ない&送迎有の空港利用者が多いという理由から同路線利用者が少なくて採算が取れなかったのかもしれませんが・・)
最近廃止されたのか、また復活するのかちょっと不明なので、とりあえずもう暫く記事は削除せずに置いておきます。


これまでサラエボ空港-サラエボ市街地の移動はタクシーが唯一の交通手段でしたが、これまでにも話題に上がっていたサラエボ空港ーバシュチャルシヤ(旧市街)間のバス運行が10月12日よりついにスタートしたようです。

途中ホリデイイン等に立ち寄りながらの運行で所要時間30分。1日各9便づつの運行となります。
経由地は往路と復路で若干異なるようですので、乗車の前によく御確認下さいね。

運行時間は始発がバシュチャルシヤ発5:00am、空港発5:30am、最終がバシュチャルシヤ発10:00pm、空港発10:30pmとなっています。
運行はフライト発着の多い昼間の時間帯に集中しますが、日本からの訪問者が利用する機会の多いオーストリア航空やルフトハンザのフライトが出発(もしくは到着)する時間帯にもバスの運行がありますのでご安心を!
但し、サラエボ市街から空港に向かうバスは3:30pm以降10:00pmまで出ないため、夕方から夜に掛けてのフライトで到着する方のお出迎えに向かう際にはタクシーを使うしかなさそうです。

サラエボ空港-バシュチャルシヤ 時刻表(英語版)
※リンクしていた空港内HPのURLが変更したようなので、サラエボ県観光協会(Tourism association of Sarajevo Canton http://www.sarajevo-tourism.com/eng/transport.wbsp)の情報を抜粋しました(2010年9月)

Route 200E
Bezistan (Zelenih beretki street) - Airport

平日
Bezistan -Airport
11:30, 13:30,15:30,22:30
Airport–Bezistan
12:30, 14:30, 16:30, 21:30, 22:30

土・日

Bezistan– Airport
05:00, 06:00, 10:30, 12:30, 14:30
Airport-Bezistan
5:30, 11:30, 13:30, 15:30

停留所
Baščaršija(バシュチャルシヤ=旧市街),Pozorište(国立劇場), Muzeji(博物館), Holiday Inn, Pofalići, D.Malta, Otoka, RTV , A.Polje, Nedžarići, AVAZ, Airport

料金 6KM(≒3EURO)

今回の路線バス導入により空港で客待ちをしているタクシードライバーの深いため息が聞こえそうですが、これまで移動手段がタクシーしかなかったのが不思議な位ですからね。
でも、独占市場ではなくなったとはいえ、人数や行き先によってはタクシーを使った方が便利&安上がりな時もありますし、この件が利用者側の選択肢が増えたと同時に、タクシーのサービス向上にも繋がるとよいですね。

<追記>
空港Hpにバス料金に関する記述を見つけられなかったのですが、日刊紙「Oslobodjenje」等の情報によると片道運賃は6KM(12月初旬のレートで約400円)との事。タクシーは20KMが相場(荷物が多い場合は数KM増)なので3~4人で移動する際にはタクシーを使った方が便利かも。
ちなみに先日空港を訪れた際には出口を出て右手にEUROLINEのバスが止まっていたので、恐らくこれが空港バスと思われます。一応空港職員等に確認してみて下さい。




<お知らせ>
「東欧情報」と「海外育児」のブログランキング参加してみました~☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

● COMMENT ●

今夏、ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行を計画している者です。
サラエボ空港までの行き方を探していたところ、貴殿のサイトを見つけました。
そこで、いくつか質問があります。お答え頂ければ幸いです。

まずは、結局の所、空港までのバスは運休しているのでしょうか?
そして、サラエボ空港発が朝早い(6:30)ので、空港内野宿を考えているのですが、それは可能そうでしょうか?もし、不可能ならば、近くに安いホテルがありそうですか?

以上、よろしくお願いします。

>TAKE MATSUさん

ブログへのご訪問&メッセージありがとうございます。

空港バスの件ですが、私が最後にサラエボを訪問した3月末にツーリストインフォメーションで確認したところでは、「空港バスは運休中」という事でした。(宿泊先で貰ったガイドブックには「運行中」とあるのですけどね・・)
街中からトローリーバス(103番)を使うと空港近くの住宅地まで行けるようなので、それを使うという手もあるかもしれません。私は空港への移動手段としてこのバス路線を利用した事がないのですが、空港から徒歩5分位のホテルに泊まった際にも「街に行くなら103番のトローリーバスで行けるわよ」と紹介されました。

また、空港ですが、夜はクローズして朝5時からオープンだと思うので、野宿は無理だと思います。
空港付近のリーズナブルな宿は1泊20ユーロのところに何度かお世話になった事がありますので、そちらのURLを紹介しますね。

Hotel Suljovic
http://www.booking.com/hotel/ba/suljovic.en.html#hash-blockdisplay4
(ホテル予約サイト「Booking.com」のホテル紹介ページURL)

空港までは荷物が少なければ歩ける距離(2km位?)(私もこの宿から空港まで歩いた事があります)
周囲に大きいスーパーも数件あり便利ですが、公共交通機関で街へ出るには少々不便かも。





> 今夏、ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行を計画している者です。
> サラエボ空港までの行き方を探していたところ、貴殿のサイトを見つけました。
> そこで、いくつか質問があります。お答え頂ければ幸いです。
>



TAKE MATSU

> まずは、結局の所、空港までのバスは運休しているのでしょうか?
> そして、サラエボ空港発が朝早い(6:30)ので、空港内野宿を考えているのですが、それは可能そうでしょうか?もし、不可能ならば、近くに安いホテルがありそうですか?



>
> 以上、よろしくお願いします。

親切な返答ありがとうございました。
大変助かりました。

当日は、モスタルからサラエボに着き、ほんの少し観光をしてホテルに行きたいと考えています。
今現在は、空港至近の「octagon」ホテル(62ユーロ)か、ご紹介頂いたホテル(20ユーロ)で迷っています。まあ、値段で後者を選ぶと思います。

今回は、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

>TAKE MATSUさん

コメントありがとうございます。
「Octagon」は私も以前宿泊した事があります。実をいうと、前のコメントで「空港から徒歩5分くらいのホテル」というのは、こちらのホテルの事でした。
タクシーを呼ばずに徒歩で空港まで行けるのは便利ですが、紹介させて頂いたホテルからでもタクシーを呼んでもらえば5分も掛かりませんしね。
ただ、紹介させて頂いたホテルの場合、朝早いとフロントに人がいない場合があり、その辺り事前にしっかり伝えておいた方がよいと思います。

私もサラエボは時折しか足を運ばないので余りお役に立てませんが、また何かありましたら気軽にご質問いただければと思います。


管理者にだけ表示を許可する

緑がなくても白がある!(アンケート付き) «  | BLOG TOP |  » 選手に靴磨きを約束した首相は旧ユーゴが誇るイケメンだった?!

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。