topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら 先生 でもまた明日(前編) - 2007.06.17 Sun

2001年末に産声をあげた息子も今秋から小学校へ通う事になりました。
こちらでは必ずしも就学前に保育園、もしくは幼稚園に通わせる習慣はなく、親が働いていても保育園に通わせずベビーシッターを雇う人もいますし、母親や身内が常時家にいる場合には小学校就学まで家で過ごす子もいます。

我が家でも私が出張等の際に限り親戚・知人にベビーシッターをお願いする形を取っていたのですが、就学前面談で「現地語より何故か日本語力の方がまさっている事」を指摘された事と、小学校入学準備を兼ねてこの春から地元の保育園に通園させる事にしました。
ただ、保育時間が現地の平均的な就労時間に合わせ最大午後4時までなので、私の出張の際にはその後の面倒をベビーシッターの方にお願いする事になります。

集団生活に関しては昨秋から地元のサッカーチームに参加している事と元来の社交性が功を奏して「既に2年位保育園にいるみたい」と称される程園での生活に馴染んでいる息子ですが、通園して数日後担当の保母さんから「これ覚えて来てくださいね~」と一枚の紙を渡されました。

「ぼくはたいようがだいすき なぜならあたらしいいちにちをつれてくるから」

という一文。これ、なんと

5月末に行われる卒園式で暗記朗読する詩 なのでした。
うちの子は数日前に入園したばかりなんですが・・orz

ちなみにこちらの保育園では何かといえば詩を暗唱朗読するのがお決まりですなのですが、今回の卒園式で息子のグループは自然に関する詩を交代で朗読することになったようです。

卒園式までのリミットは約一ヶ月。息子は課題の一節を暗記して勝手に替え詩(?)までして楽しんでますが、この余裕が本番の際に吉とでるか凶とでるのか・・

詩の他にどうやら式の際に皆で歌う「さよなら 大好きなせんせい」の歌詞はかなり怪しいです(汗)

(続く)

<園の風景 その1>


trol.jpg


97年にノルウェー等の支援を受けて再建された園の建物

entei.jpg


園の建物を挟んで両端が園丁になっている

● COMMENT ●

うちの子も、なにかの折につけ暗誦させられました。大きな子はかなり長い文も朗々と暗誦してましたが、息子は先生に手伝ってもらってもごもごでした。

>snowさん

卒園式でも皆それぞれ暗唱を披露してくれましたが、早口でがーっと話すので一体なんだか分からないという事も多々あります(^^;)
でも一生懸命な姿に親たちはじーんとするんですよね。

ご無沙汰ですっ!ここんとこ、ドバイから日本への移動準備と、後始末に追われ、なかなかいろいろな方面に遊びに行けてませんでした。油断したら、ココ記事がいっぱい増えてたわ^^(自分とこ久々に更新しまくって楽しんでたんだけど…)

ドボイを離れ早二年です。信じられないっ。それに、みっしゅくんが小学生!(驚きでした!!!なんだか私の中ではいつまでもあの頃のみっしゅクンなの…)そして保育園の写真を見て、とってもとっても懐かしい気持ちになりました。大地の通っていた保育園に雰囲気そっくりです^^(って、あそこはとっても小さかったんだけどね^^;みっしゅくんとこ園庭が広くって羨ましい)それに私は先生の仰っていることとか、もっと全然分かっていなかったToT今頃Mic'oさんの解説で、ああっ、こんなシステムだったのだ…と納得してたりします。

詩の暗唱…やってたねぇ^^残念ながら彼は一つも覚えていないところが悲しいです。でもね、「今まで一番楽しかった幼稚園(保育園)は?」と聞くと、ボスニアって答えたよ。短い園生活でしたが、得たものは大きかったのだと思っています。

大地は体験出来なかったけど、みっしゅくんの小学生活レポート、楽しみにしているね。

>わはは大空さん

フフフ、油断したらいけませんよ~(^^)って気分が乗っている時にまとめ書きしてるんで、きっと無駄足踏ませちゃった事多々ある事でしょう。ごめんなさいm(__)m

そうなんですよ。みっしゅも今秋から小学生です。本来は来年入学組なんで賛否両論あるんですが、1年生はいわゆるプリスクールレベルだし本格的なお勉強は2年生からなので、入学できる権利があるなら同じ年生まれの子達と一緒に入学させてしまおうという結論に達しました。(本来は2001年9月生まれの子までが小学校入学なんだけど、12月生まれまでは入学する権利があるのです。みっしゅは12月末生まれ)
入学についてはここで書くと長いのでまたメールしますね。小学生ママとしてまたアドバイスよろしくお願いします☆

保育園生活については大空さんのブログから色々イメージを得てましたが、みっしゅもお友達と色々ありつつも楽しそうに通っているので
もっと早くから午前中だけでも通わせていればよかったと反省です。
日本語習得という点では自宅待機がとても意味があったけど、逆に現地語が遅れちゃったりと色々あったので・・

小学校生活、私もドキドキです。
そちらもまた逐次レポートしますね☆


管理者にだけ表示を許可する

さよなら 先生 でもまた明日(中篇) «  | BLOG TOP |  » いつまでも ともだち~♪

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。