topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲良き時も、或いはそうでない時も - 2009.07.05 Sun

maricdjekic 010

息子の夏休みが始まって1ヵ月が経過しました。
そろそろ休みも折り返し地点を回った所?いえいえ、とんでもない!!

休みはまだきっちり2ヶ月残ってますから~!!!!
(今年の新学期開始は9月7日だそうです)

現在、同じ位休みが残っている親戚の子達が海外から親の実家であるこちらの街に遊びに来ていまして、帰省期間中の数日間を我が家で過ごしているのですが、小学生の男子3人微笑ましい位仲良き時もあれば、当然そうでない時もあり・・・でも、上の写真のような光景を目にすると月並みながら「仲良き事は美しきかな」という一節を口にしたくなるものです。

今では親となった私でも親戚の子達と過ごした夏の思い出は何年たっても色褪せる事はありませんが、年上のお兄ちゃん達に甘え放題の息子もこの休みが終わる頃に親戚のお兄ちゃん達に背負われて歩いた時間を懐かしく思い出すのでしょうね。

息子よ、君の夏休みの課題は大人になって懐かしく思い返す事のできる思い出を沢山作る事です。

● COMMENT ●

なんとも微笑ましい、素敵な写真ですね☆
長い夏休み、息子君にたくさんの素敵な思い出が出来るといいですね♪

それにしても、夏休み、長いですよねぇ。。。うちの子も、今はまだ幼稚園(夏休みに関係なく、年中預かってくれます)に通っているから良いですけど、「小学生になったらどうしよう?1人でずーっと家に置いておくわけにもいかないし。おばあちゃんに見てもらえるかな?キャンプにでも行かせようかな?」などなど、今から頭を悩ませています(^^;

仲良しですね^^

先日は、いっぱいお話?!出来て楽しかったです^^

従兄くん、大きいですねぇ~!それに男の子、三人仲良しでイイですねぇ~!Mic'oさんは賄いが大変なのでは?

大地のいとこは皆、女の子。その中で彼が一番年長さんなんですが、一人っ子ということもあり、甘えさせ上手ではなく…。もう少し優しいお兄ちゃんしてよぉ~という時もあります。

そうですよね、親戚の子達と遊んだ思い出は、いつまでも結構残っているものですよね。父方の方では私が一番大きかったので、下の子達の相手を(時々テキトーに)してたの思い出すなぁ~!大事にしなきゃ。

我が家は今年は皆既日食のイベントを一緒にキャンプ場で見る予定です^^またね。

>ゆたさくさん、わはは大空さん


>ゆたさくさん

写真だけ見ると微笑ましいんですが、ファインダーで捉えていないところで色々とあったりして(^^;)
でも、総合的にみたらやっぱり「仲良き3人」って感じでしたけどね☆

リトアニアではサマーキャンプというのも一般的なんですね!
こちらも探せばあるみたいですが、基本的な子供の過ごし方としては自宅かもしくはおじいちゃん・おばあちゃんなど親戚宅に長期で遊びに行く、という感じなのかな~という気がします。
私も近々4日程出張にでるんですが、幸い7月中はオットが「呼び出されたら職場に行く」という状態なので(教師ではないんですが学校勤務なんです)なんとかなりそうです。

>わはは大空さん

こちらこそ先日は楽しかったです~!!また機会があったらお付き合いくださいね☆

仲良しに見えてもやっぱりそれぞれの自己主張が激突する事もあって、時に相手に手が出て鼻血が噴出なんてことも(^^;)まあ取っ組み合いというわけではないですし、ある程度揉めた後に相手に妥協したりもしてますしね。私達もかなり仲裁には入ってますが(私もかなりこわいオバちゃんと化してました>爆)、子供同士でうまく解決策を見出だしていけそうな時には下手に間に入らず流れに任せた方がいいですよね。
そういえば私も一番歳の近い従姉妹と他愛もない事でいつもケンカしてたっけ、なんてことを思い出してしまいました(^^;)

息子は自分より年下の子と遊ぶ時には殆どケンカもせずに仲良く遊べるのに、年上の子の間に混じると競争心がかき立てられるのか自己主張が激しくなるんですよ。おだやかに遊べる事も大事だけど、沢山お兄ちゃん達に揉まれて心身ともに強くなっていくのかな~とも思います。


管理者にだけ表示を許可する

合宿メシ・何故か日本食編 «  | BLOG TOP |  » 進化しつづける(?)ボスニアラーメン事情

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。