topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感染症イロイロ・3~風疹注意報&予防接種~ - 2009.05.26 Tue

今朝、近所のおばあちゃんから開口一番「日本では新型インフルエンザに伴う学校休校が終わったんだってね~」と声を掛けられました。1週間ひっそり静まり返った学校にようやく子ども達の明るい声が戻ってきた光景はこちらのニュースでも取り上げられたようです。

一方、ボスニアでは新型インフルエンザではなく他の感染症が発生中でして、北西部の街・プリエドル周辺にて1993年から1994年生まれの子ども達35人が風疹感染した事が公表されました。
内戦中に生まれたこの世代は風疹の予防接種を受けておらず感染、発症に至りましたが、現在は1歳以降にはしか、風疹、おたふく風邪のMMRワクチン(現地での名称はMRP)を接種する事になっている為、現在小学2年生の息子世代に感染する可能性はほぼないと思われますが、丁度内戦生まれ世代が通学する高校で感染拡大しないよう早めの対策を講じて欲しいものです。

こちらで受ける予防接種ですが、生後間もなくのBCG、B型肝炎に始まり病院側から指示されたスケジュールに沿って接種を受けていきます。受けた接種の種類と日付、そして次の予防接種の予定は健康保険証に記入してもらう事になっています。


letak-imunizacije-bos.jpg

(画像はボスニア連邦保健省サイトより)

ボスニア連邦(イスラム教徒、クロアチア人が多数を占める地域)側の予防接種スケジュール。接種の種類は上からBCG、B型肝炎、DTPa、ポリオ(注射タイプ、生ワクチン)、Hibワクチン(細菌性髄膜炎予防)、MMR、DT、TTです。
私達が住んでいるスルプスカ共和国側でもほぼ同じスケジュールで接種を行っていると思われます。(↑の接種項目の内、息子が受けていないのはHibワクチンだけ。恐らく息子が同ワクチン接種該当年齢の時にはスケジュールに入っていなかったものと思われます。)


zknjizica_20090526204504.jpg

個人情報なのでちょっとボカしていますが、「感染病情報」の欄に生まれてから受けた予防接種の情報が記入されています。

● COMMENT ●

そうか~、内戦中に生れた子供たちは、予防接種を受けていないんですね。「風疹の流行」と聞いて少しびっくりしたのですが、そういう事情があるのですね。

リトアニアでも「予防接種パスポート」と呼ばれる手帳が保健省から発行されて、生れてから受けてきた予防接種の情報が記入されます。

>ゆたさくさん

全く予防接種を受けていないのかは分からないのですが、恐らく病院自体がかなりの被害を受けていたり避難生活を送っている中で接種を受ける機会を失った子達も多いのではないかと思います。
また、その世代の子どもを持った人に当時の事を聞いてみますね。

丁度息子が生まれた頃から接種の種類も増えたみたいなんですが、その当時に予防接種の副作用が出たケースが昨年あたりにマスコミに取り上げられてちょっと恐ろしくなりました。
ワクチンは病気から子どもを守る役割もあるものの、副作用によって障害が残るケースもあるし「諸刃の剣」だなとも思います。


管理者にだけ表示を許可する

君の声が 枯れる前に&海外におけるうがいの真相 «  | BLOG TOP |  » ♪Top of the world ~ラフティング世界選手権2009・競技編③~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。