topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝のお客さま♪(追加画像あり) - 2009.05.07 Thu

ラフティング日本女子代表


(上は現地新聞記事に掲載された日本女子代表の写真。記事内容は同代表とほぼ関連ありません)

「朝のお客様」といっても我が家に朝から来客があったわけではなく、時々観ている現地TVの朝の番組に登場したゲストの方が本日のテーマです。

今月中旬からボスニア2都市(バニャ・ルーカ、フォッチャ)を会場にラフティングの世界大会が開催されるのですが、今朝の番組ゲストに招かれたのがこの大会に出場する女子日本代表チームキャプテンの西出選手。
大会は17日からスタートなのですが、選手団は既に5日からボスニア入りし、現在は会場の1つであるバニャ・ルーカでトレーニングを始められている模様。
到着3日目にして移動疲れや時差の違いで大変な時なのにTV出演お疲れ様でした☆

大会の公式サイトによると参加国は欧州諸国を中心に35カ国、アジアからはインド、日本、カザフスタン(→サッカーでは欧州枠ですが地理的にはアジアですよね?)がエントリーしています。
西出さんがキャプテンを務める日本女子代表チーム「THE RIVER FACE」は「スプリント」、「ダウンリバー」、る「スラローム」の3種目に参加する予定。
私自身ラフティングの経験はないとはいえ世界大会の開催が決まってからずっと気になっていたので是非観戦に行きたいとは思っていたんですが、こうして大会前に日本からの選手の方に注目があつまると益々会場に向かいたい気持ちが高まります♪

非常に月並みですが、がんばれニッポン!

どーれ、家のどこかに隠れている(汗)日本国旗探さなくっちゃ~☆

女子日本代表として参加されるチーム「THE RIVER FACE」メンバーの方が更新されているブログ

THE RIVER FACE
(メンバーの方の更新ではないようですが、現地入り情報がupされています)

こちらは男子日本代表で参加される方のブログ

au one net スポーツ倶楽部: ラフティング編

● COMMENT ●

恥ずかしながら、ラフティングって初めて聞きました(^^;

先月、ビリニュスではアイスホッケーの世界選手権ディビジョンⅠグループAの大会が開かれました。日本代表も参加して、6チーム中第3位という成績でした(^^)

試合の時間帯が仕事中か、夜の8時からと遅かったため、残念ながら会場に応援に行くことはできなかったのですが、日本代表が来ているっていうだけで興奮するというか、気分はやっぱり「がんばれニッポン!」でした!

大会最終戦の日本VSリトアニアでは、終了間際に選手同士が乱闘騒ぎを起こし、興奮した観客が空き瓶やらタマゴやらをリンクに投げ入れるという、残念な終わり方をしましたが・・・。

>ゆたさくさん

ボスニアは海から遠いですが(悲)、ラフティングに適している川がいくつかあるようで、観光もエコツーリズムと共にこういったアウトドアでも売り込んでいきたいようです。
お隣のクロアチアやセルビアは割と頻繁にスポーツの国際大会のホスト国になっているのですが、ボスニアはなかなかそういう機会がないし、そんな折に日本代表がやって来たとあっては応援にも力入っちゃいますよ~。
でも、ラフティングもそうなんですがマラソンとか競技中に移動を伴うスポーツってどの辺りが応援のベストポイントなのか悩んでしまいます(^^;)

それにしても、ホッケーの試合で乱闘はともかく、リンクに投げ入れられたタマゴって元々乱闘を想定して持ち込まれていたんでしょうか?!持ち物検査でタマゴはひっかからないのかしら?と凄く興味を惹かれました(^^;)


去年、ラフティングの経験とともに初ボスニア領上陸を果たしたどぶ朗です。
ラフティングはビールを飲みながら川を下り、他のラフティング客に缶ビールを投げてコミュニケーションを計るスポーツだとインプットされています。←ちがう(笑)
大会という事はタイムを競うのでしょうかね?今年もスポーツチックな物ではない方のラフティングに行きたいと思っています。

>どぶ朗さん

>>ラフティングはビールを飲みながら川を下り、他のラフティング客に缶ビールを投げて

折角エコツーリズムを推進しているのにそれは逆効果では・・??(汗)
ラフティングなだけに他のラフターの方に対するラフプレーはいけませんよね(大汗)

今年もラフティング行かれるんですね~☆
私も挑戦したいんですが、周囲からは「川に行くなら釣りがしたい~」という声があがりそうな予感
が・・・

Mic'o(みーちょ)さんにお願いです!

初めましてみーちょさん。
私はTHE RIVER FACE の応援団の一人でもあり、キャプテン西出(にっちゃん)の友人でもあります。
RIVER FACEのブログにみーちょさんからのコメントが載っていて、もしかしてみーちょさんなら、また近況を教えて貰えるかもv-10と思いコメントしました。ボスニアに無事に着いたことまでは分かっていたのですが、その後が・・でも地元のテレビ出演を聞いてホッとしてます。
大会周辺はネット環境が悪いのでしょうか???
現地の様子を知りたい!気持ちに駆られますが、
ここはみーちょさんに託そうと。(勝手にすみません)
もし大会を観に行くことになりましたら、私の分、日本にいるみんなの分まで応援お願いしますv-220

日本男子代表「テイケイ」と女子代表「THE RIVER FACE」の
勇姿を是非観に行って来てください。
ちなみに観るポイントですが、「スプリント」はゴール付近
「スラローム」はゲートが一番近く観られる場所、「ダウンリバー」に関しては川岸近くまで降りられる場所ならどこでも(きっと降りられる場所には大会関係者もいるはず・・)
彼女達もみっちょーさんからの応援があればかなり心強く嬉しいと思いますv-91
よろしくお願いします!!


>ヤマさん

ブログ訪問&コメントありがとうございます☆
先日のTV出演は5分位だったかと思いますが、朝早い事もあったのかちょっと緊張されている印象は受けたものの、最後の力強い「サンクス!(英語でのインタビューでした)」の一言に今大会何かやってくれるのではという期待を感じさせていただきました(^^)
実はその翌日の新聞に結構大きな写真が掲載されていたのですが、その新聞を取っておいた筈なのに今ちょっと見当たらないので(涙)また見つかったら紹介させていただきますね。

ラフティングの観戦スポット情報もありがとうございました!
現地のネット状況は、基本的にADSLや無線LANも割と普及してますし(我が家もADSLです)、ホテルでもネットを利用できる所が増えていますが、もしかしたらまだネット導入していないホテルに宿泊されているのかもしれないですね。

基本的には応援に伺わせて頂く予定ですので、日本で応援されている方達の気持ちと一緒に観戦しているつもりで応援させていただきますね(^^)

また現地マスコミなどで何か取り上げられてましたら情報アップいたします♪


>>それにしても、ホッケーの試合で乱闘はともかく、リンクに投げ入れられたタマゴって元々乱闘を想定して持ち込まれていたんでしょうか

私もこの点がすごく気になったんです!卵なんて普段から持ち歩くものではないですもんね。
で、知人に聞いたところ、「そもそもアイスホッケーというのは乱闘が付き物。最終戦だし、これを落とせばメダル無しというとても大切な試合だったから、僕は、試合が始まる前からこうなることは想定していたし、観客もそのつもりだったと思う。こんなことにナイーブに反応している日本側の方が分からないよ(日本代表監督が試合後に乱闘を非難する発言をしたことを受けたもの)」とのことでした。やはり始めから乱闘をするつもりで用意していたみたいです。

リトアニアでは持ち物検査はゆるゆるです。金探に反応しなければOKというレベルみたいなので、卵はOKなんでしょうね。。。(^^; 

今回の乱闘については、リトアニアのマスコミは騒ぎを非難する論調でしたけど、選手も含めた一般の人々の意見は、「よくやった!」「リトアニア人の気概を示せた!」といった感じで、賞賛ムードでした。

>ゆたさくさん

うーん、まあ一種の「お約束」なんだとは思いますが、それがホッケー界での慣習なのかそれともリトアニアでの慣習なのかというところですよね。リトアニアではお祭り感覚なのかもしれないですが、それをホームとはいえ国際舞台に持ち込んでしまうと問題とみなされる事もあるわけですし。
こちらでもサッカーの試合の際に発炎筒が炊かれる事が多いんですが、国内リーグはともかく国際試合の場でもこの習慣を持ち込んでしまう事があるんですね。でも、国内リーグにおいては「またやってるよ」と顔をしかめられる位の事でも、一歩外に出ると罰則を与えられる事もあるし、やっぱり国の印象も下げますよね。

まあ、心意気をあらわすのはリンクやフィールドの中だけで十分だと思いますが、それぞれの国で許容範囲が異なるのでどこに標準をおくかというのは難しいですね。




> >>それにしても、ホッケーの試合で乱闘はともかく、リンクに投げ入れられたタマゴって元々乱闘を想定して持ち込まれていたんでしょうか
>
> 私もこの点がすごく気になったんです!卵なんて普段から持ち歩くものではないですもんね。
> で、知人に聞いたところ、「そもそもアイスホッケーというのは乱闘が付き物。最終戦だし、これを落とせばメダル無しというとても大切な試合だったから、僕は、試合が始まる前からこうなることは想定していたし、観客もそのつもりだったと思う。こんなことにナイーブに反応している日本側の方が分からないよ(日本代表監督が試合後に乱闘を非難する発言をしたことを受けたもの)」とのことでした。やはり始めから乱闘をするつもりで用意していたみたいです。
>
> リトアニアでは持ち物検査はゆるゆるです。金探に反応しなければOKというレベルみたいなので、卵はOKなんでしょうね。。。(^^; 
>
> 今回の乱闘については、リトアニアのマスコミは騒ぎを非難する論調でしたけど、選手も含めた一般の人々の意見は、「よくやった!」「リトアニア人の気概を示せた!」といった感じで、賞賛ムードでした。

ラフティングについて何にも知らない私も、ラフティング世界選手権があると聞いてすごい気になってます!
日本から参加者がいるとなると、ついつい応援したくなっちゃいますね。
私がいるサラエボからバニャ・ルカはちと遠いのでフォチャあたりなら遠征できるかなと思いつつ、車が無いので応援しに行くのは難しいかなぁと。
でも日本代表の方たちの勇姿を見たいです。
テレビで放送してくれるんでしょうかね。

>イエティさん

国際大会は時々ありますけど、世界選手権レベルの開催は本当滅多にないですものね。
しかもサラエボではなくてスルプスカ側ですから。

両都市ともバスターミナルまでは問題ないですが、そこから先への交通手段がどうなっているのかにもよりますよね。やっぱり車じゃないと無理だろうな~。
ウチも車出せる週末に行こうと思っていますが、その日に限って夜の競技なんですよ。
ナイターで試合って凄いですよね!(驚)

RTRSがスポンサーなんでスルプスカ側では何かしらの特集番組は組まれると思いますけど、連邦側ではどうでしょうか。サラエボで開催されている大会をこちらのメディアで観る事ができないという事はありましたけど今回は逆転現象もあるかもしれませんね。




>イエティさん 中継の件です

世界選手権関連のTV番組をRTRSのサイトで検索したところ、開会式、両会場での競技生中継(フォッチャは朝10時から1時間だけ)が予定されていて、その他にも期間中の朝と夜10時に関連番組が放送されるそうです。

サラエボのホテルではRTRSも視聴できたと思いましたが、イエティさん宅ではどうですか?
ボスニアで開催される世界的な大会は84年のオリンピック以来だそうなのでBHTでも取り上げられるといいですね。

おお!情報ありがとうございます!
ラジオなんかでも頻繁に世界選手権の宣伝なんかがされてるので、当地はかなり盛り上がっているんでしょうね~。
RTRSなら連邦側というか自宅で映るので、放送予定をチェックしてみようと思います。

>イエティさん

RTRS入るんだったらばっちりチェックできますね☆
今日も朝から何かというとラフティングの事取り上げてますよ~。



管理者にだけ表示を許可する

指令・愛の戦士達を追跡せよ(?!)~ユーロビジョンソングコンテスト2009予選~ «  | BLOG TOP |  » 感染症イロイロ・2~長引くのはどっちだ!~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。