topimage

2017-11

ピンポンダッシュ(?) - 2007.05.04 Fri

先日バスルームにいたところ、「ピンポーン」と呼び鈴のなる音が。
ちょっとそのまま出て行ける状態ではないので、急いで身支度をしていると

「ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン(×2)」

と非常識な頻度で鳴り響くベル(怒)
こんなはた迷惑な事をする人はオットの友人・N位のもの。
ドアを開けるなり
「あんた、そんなしつこくベル鳴らしたら壊れるよ。っていうか迷惑!!」
とダメだしを出す私。
奥さんも横にいるならこんな非常識な行為止めてください(--;)
ちなみにオットの友人には連発でクラクションを鳴らしうちの番犬を挑発してくれる人もいます。
この国に迷惑行為違反条例が存在するならそのうち検挙されますよ。(って挑発されて吠えまくる我が家の犬もか>汗)
問題はオットがこれらの行為を迷惑と思っていない事なのですが・・

上で紹介したオットの友人達は現行犯で取り押さえる事ができますが、「ピンポンダッシュ」の如く呼び鈴がなってドアを開けると、既に門の向こうには人影がないという事がしばしば起こります。

その実行犯(?)は郵便配達人。
我が家の門には郵便ポストが設置されているのですが、郵便物が届けられる際には必ずといってよい程呼び鈴がなります。
月1回の頻度で以前コラムを連載していた雑誌が送られてくる際にはポストに入りきらないので呼び鈴を鳴らすのは理解できますが、一部の国のように郵便物の受領に手数料を支払う必要もないのにも関わらず、それ以外の封書やハガキの配達時にも「ピンポーン♪」と配達お知らせベルが響きます。
朝9時前後にベルがなったら訪問主は99%郵便配達人と考えて正解。
しかし、最近息子が幼稚園に通うようになるまではこの時間帯人様に見せられぬ格好で家を徘徊していたので、「ピンポーン」の合図と共に着替えをしていたという有様(--;)着替えの所要時間僅か15秒程なのですが、それでも
ドアを開けた時には風の如く既に消えている郵便配達人の姿。
そして、何故か楽々ポストに入るサイズの郵便物が門の格子の間に挟まれています。
今朝「郵便お知らせベル」がなった際には、丁度息子を幼稚園に送り届けた直後にいつ人前に出ても支障がない格好をしていた為呼び鈴の音と同時に応対する事ができましたが、今日の郵便配達担当者の方から「先日ポストにいれた郵便に気が付いてくれたかな?」と訊ねられたので、通常わざわざポストに郵便物を入れないのは「郵便ありますよ」というお知らせの意味もあるのかもしれません。ただ、それに慣れてしまうと、逆に気まぐれでポストに投函してくれた場合に郵便物の存在に気がつかないという事もあるので、一応毎日ポストは覗く事にしていますが(^^;)

昨日誰かが門の鍵を開けて敷地に入ってくる気配があったので、オットかと思いドアを開けたらそこには見知らぬ男性が立っていてドキモを抜かれました。(丁度門のところに鍵が掛けっぱなしな上、番犬は裏庭に放してあった)
結局その男性は強盗でも物売りでもなく電気使用量をチェックしに来た担当者だったんですが、それを考えると例えピンポンダッシュ状態でも誰かが来た、という合図があった方がよいかと思えるようになりました。

まあ、我が家の場合呼び鈴と共にもれなくアラーム(=愛犬)も発動するので、特に呼び鈴を鳴らす必要はないんですけどね(^^;)
ということで我が家の呼び鈴はアラームが作動しない時にのみ押していただけますようお願い致します☆

関連記事

● COMMENT ●

我が家も一緒(笑)

我が家には集金(水道代と市税?)のおじさんが不定期にやってくるのですが、そのおじさんのピンポンダッシュが凄まじい!同時にドアも叩きまくられます。にも関わらず、すぐ居なくなります・・・。私も普段人に見せれない格好なので、着替えてるともうダメですね(笑)
ちなみに我が家のは「ジリリリリリ~」と警報機のような音なので心臓に悪いです。

アラーム(番犬)はいませんが、日本でいう1階にはフラットに入るための共同玄関があるのですが、先日このドアがオートロックだという事を初めて知りました(笑)
夜間意外滅多にこのドア閉まらないのですが(オートロックの意味がない)、この日うっかりフラットのドアを閉めてしまったのでした。チャイムの連打が聞こえても、自宅のドアの向こうには人影は見当たらず。イタズラかと思いきや、夫から電話が「・・・頼む。フラットの玄関を開けてくれ・・・」たまたまフラットのドアの鍵を持っていなかった夫が、どうやら外に設置されてるブザーを鳴らしていたようです。「何でチャイム鳴らしてるのに無視すんの?」と怒られたのは言うまでもありません。共同玄関の外にブザーがあることも、この時知ったので(爆)

15秒!

自分も着替えの時間15秒のクチです(笑)
我が家は、訳の分からない押し売りみたいな人が来た場合に言葉が分からず困るので、集金のおじさん以外は、ベルが鳴っても出ないでいいと言ってあります。
用事がある人は、来る前に電話くれるし。

・・・そのお陰で、自分の家なのに入れなくなりました(爆)

>Maityさん、どぶ朗さん

「居留守なのは分かってるんだぜ~」と言わんがばかりのピンポン(&ノック)ダッシュですね(汗)
オートロック作動してんだか・・って感じですが、ダンナさま運悪しでしたね。
こちらも普通の団地だとオートロックじゃなくて夜10時以降には各自鍵を閉めましょうって感じです。べオの団地ではまちまちで私が下宿してた団地は施錠なしでしたが、日本語のプライベートレッスンを受けていた生徒が住んでいた団地(私の下宿先とレベル的には変わらない)はオートロックでした。

オートロックといえば以前パリで泊めてもらったアパートもこのシステムだったのですが、うっかり宿泊先のアパート番号も家族の姓も度忘れし(ちょっと複雑な家族だったので誰の姓で借りているのか忘れた・・)あやうく路頭に迷うところでした。丁度、その家の長女がマックでバイトしているのを思い出したのでいちかばちかで勤務先に行き、仕事から上がる直前だった彼女をつかまえて事情を説明し事なきを得ました。
あの子が既にバイト先を出てたら・・と思うと怖いですね~(爆)

>どぶ朗さん
どぶ朗さんも着替えの達人でしたか(笑)
ピンポンダッシュ到来で着替えはじめたのはいいけど、身近にズボンがなくてオットのジャージをはいて対応した事があります(勿論ブカブカ)
ブカブカのジャージをはいてウェストを押さえながら出てくる日本人妻って・・
まあ、門から玄関まで多少距離があるので遠目にはそれ程気にならなかったかと(??)

それ以来何があってもいいように服の場所はチェックしています。
っていうか、サッサと着替えろよって話ですが(爆)

うちにくる郵便屋さんはだまってドアに郵便物をはさんでいくだけですが、夫の実家にくる郵便屋さんはかならず2回ベルをおしてました。
郵便配達は2度ベルをならすもんだとずっとかんちがいしてました。

>snowさん

べオ在住の時は集合住宅だったんでsnowさんところと同じく気が付けばポストに入ってるって感じでした。(あれ、でもsnowさんとこ今はアパートじゃないですよね?)
同じ郵便やさんでも地域によって様々ですね。


管理者にだけ表示を許可する

ノーマンズ・ランド 日本で舞台化! «  | BLOG TOP |  » 足並み揃わぬボスニアHoliday

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード