topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年のご挨拶 - 2009.01.01 Thu



元旦早々雪が舞い、辺りは一面銀世界です。
不景気が影響してか爆竹の音も心なしか例年より少なく感じる今年の正月。
シンシンと雪が降り仕切る中、思いがけなく静けさの中で今年最初の1日を迎えました。

年は変わってもブログ更新の頻度は昨年とさほど変わりないものと思われますが、今年も思わず「ぷっ」と噴出していただけるようなネタを紹介していきますので時折フラッと覗いて頂ければ幸いです。


● COMMENT ●

あけましておめでとうございます♪

わぁ!雪だぁ!!! みっしゅ君喜んだでしょう?そうそう、爆竹パンパンあったあった…。

なぜかココでも12月は雪に縁がありまして。。。我が家も初スキーを楽しんだ子がおります^^

それにしても、靴下は謎だわ…。Mic'o探偵、ぜひ解明して教えて下さいね!気になるぅ~~~っ、私でありました!

今年も宜しくお願いします^^

>わはは大空さん

> わぁ!雪だぁ!!! みっしゅ君喜んだでしょう?そうそう、爆竹パンパンあったあった…。
>
> なぜかココでも12月は雪に縁がありまして。。。我が家も初スキーを楽しんだ子がおります^^
>
> それにしても、靴下は謎だわ…。Mic'o探偵、ぜひ解明して教えて下さいね!気になるぅ~~~っ、私でありました!
>
> 今年も宜しくお願いします^^

こちらこそ昨年同様よろしくお願いします m(_ _)m
そうそう、年末までは暖冬?と思う位雪が降らなかったのに、元日から寒さがギューンとましてここ数日はマイナス二桁です。元日の雪もまったく溶ける気配がありません(汗)

靴下は、謎ですよね~。靴が脱ぎ捨ててあるならまだ分かるけど(?)靴下の場合、靴下脱いだ後に靴だけ履いて去っていったのかしら?とか、靴はどこに脱ぎすててあるのだろうとか・・
ちなみに靴下は割りと新しそうなものでした。







新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申しあげます。

新年(クリスマス)の行事について、ひとつ質問があります。
私も一度連れて行ってもらったのですが、アントワープでは1月6日の深夜0時前後に教会にオーソドックスの人たちが集まってきます。教会内の何箇所かにキャンドルを置く場所があり、それぞれの場所にキャンドルをともして祈ります。なぜ、何回もお祈りするのか尋ねたところ、死者(先祖?)のために祈るところ、生きている家族のために祈るところなどと分かれているようです。特に盛大なミサをするというのではなく、皆キャンドルをつけてすぐ帰っていきますが、本来はどのような儀式が行われるのでしょう?Mic'oさんが行っている教会など近くにあったらぜひ教えてください。

>デベラさん

こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします。
デベラさんとデベラさんにとって大切な方々にとって、実り多い一年になりますように。

クリスマスの行事について、私自身は正教徒ではありませんしオットもあまり教会には足を運ばない為、残念ながら実体験としてお話はできないのですが、クリスマスにはリトゥルギヤ(聖体礼儀)と呼ばれる儀式が行われますよ。
リトゥルギヤはTV中継も行われるのですが(現在丁度ライブ中継の最中です)、ここ数年はクロアチアのHRTでも中継を行うようになりましたよ。

キャンドルは生きている人にささげるものと亡くなった方にささげるものでは置く場所が異なりますね。どちらがどちらか書かれていない事も多い為いつも戸惑ってしまいます(笑)





> 新年明けましておめでとうございます。
> 本年も何卒よろしくお願い申しあげます。
>
> 新年(クリスマス)の行事について、ひとつ質問があります。
> 私も一度連れて行ってもらったのですが、アントワープでは1月6日の深夜0時前後に教会にオーソドックスの人たちが集まってきます。教会内の何箇所かにキャンドルを置く場所があり、それぞれの場所にキャンドルをともして祈ります。なぜ、何回もお祈りするのか尋ねたところ、死者(先祖?)のために祈るところ、生きている家族のために祈るところなどと分かれているようです。特に盛大なミサをするというのではなく、皆キャンドルをつけてすぐ帰っていきますが、本来はどのような儀式が行われるのでしょう?Mic'oさんが行っている教会など近くにあったらぜひ教えてください。

リトゥルギヤ、というんですね。
私がそれを見たことがないのは、ベルギーでは翌日もただの平日なので仕事があることや、もちろん中継なんかはしてくれないからだったんでしょうね。
キャンドルをともすためだけに教会へ足を運ぶ人たちを見て、日本のクリスマスとはやっぱり違うなぁと感動したのですが、ぜひ今度はリトゥルギヤにも参加できるよう頼んでみたいと思います。

>デベラさん

私もクリスマスのリトゥルギヤに足を運んだことはないんですよ。
でも、たまたま修道院巡りツアーに参加させて貰った時に参列したリトゥルギアは早朝2時間立ちっぱなしで(しかも朝食前)クラクラしました(汗)

日本のクリスマス(というよりイブですね)はイベント的要素が強くて、それはそれで懐かしかったりもするんですが、純粋に宗教に基づいたお祝いに立ち会うと信者でなくともとても神聖な気持ちになりますね。日本の大晦日から元日にかけての厳粛な雰囲気と共通するところがありますね


> リトゥルギヤ、というんですね。
> 私がそれを見たことがないのは、ベルギーでは翌日もただの平日なので仕事があることや、もちろん中継なんかはしてくれないからだったんでしょうね。
> キャンドルをともすためだけに教会へ足を運ぶ人たちを見て、日本のクリスマスとはやっぱり違うなぁと感動したのですが、ぜひ今度はリトゥルギヤにも参加できるよう頼んでみたいと思います。

遅ればせながら

Mic'oさん、本年もmaity共々、よろしくお願いします!
今年も、だんな様やみっしゅ君と一緒に、素敵な1年でありますように!

>どぶ朗さん

レス遅れてしまいましたが、昨年はネットだけのお付き合いだけにとどまらずお二人と思いがけなくお会いする事があったりと本当にお世話になりました。
昨年末は息子と私がはまっていた番組にティバット在住の人が参加していた事もあり、ティバットの映像を見ては「おお、どぶ朗さんやMaityさんの新居はあの辺なのだろうか?」と思いを巡らせたりしていました。
それではこちらこそどうぞ宜しくお願いしますね☆


管理者にだけ表示を許可する

今年初の・・ «  | BLOG TOP |  » オットがサンタに着替えたら・・・

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。