topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感染病イロイロ - 2005.07.20 Wed


16日付の「EURO BLIC」RS版によると、ボスニア北部・ビエリナ近郊の村で女性に噛み付いた猫が狂犬病(Bjesnilo)に感染している事が発覚しました。

噛み付かれた女性は即病院に収容されて処置をうけ狂犬病感染が認められた猫は処分されました。この女性は以前からこの猫に時折エサを与えていたそうですが猫を捕まえようとしたところ、爪で引っ掛かれた上に噛み付かれたとの事。しかし、外見からは狂犬病に感染している様子は全く伺えなかった為、今回の事体に困惑を隠せないようです。
この猫が狂犬病に感染したルートは、既に感染していたキツネである可能性が高そうですが、この地域において動物が狂犬病に感染するケースはこれまでなかったそうでボスニアで野良犬、猫を見かけたら即座に狂犬病を疑う必要はなさそうです。ただ、狂犬病対策としてここデルベンタでも定期的に野良犬の捕獲をしているようなのでなるべくなら触れるのは避けた方がよいと思いますが。

日本でも犬を飼っている家庭には春になると狂犬病予防接種のお知らせが来ますが、ボスニアでも飼い犬には動物病院で年一回狂犬病の予防接種を受けさせる必要があります。
我が家のリキも知人である獣医さんに毎年ブスッと針を刺されて帰ってきます
その際に証明書を貰ってくるので、万が一誰かを噛んだ時の為等に大切に保管しておきます。でも、猫は多分予防接種の対象外なんだろうな~。
国外から持ち込む際には予防接種証明書が必要だって聞いた事がありますがどうなんでしょう?(>日本から海外へ猫を連れて来られた方)日本でも接種義務があるのは犬だけでしたよね?

さて、動物から人に感染する病気といえば、昨年春にバニャ・ルーカ市でKju groznica(Q熱=Query Fever=謎の熱)が発生したのも記憶に新しいところです。福島県食肉衛生研究所のサイトによると、地元報道の話として「5月7日以降75人が発症、8名がBanja Luka医療センターの感染症科に入院」という報告があったとの事。この報告では感染源は不明とされていますがどうやら現地では市内を通過していった羊の群れから感染したようです。(追記:現地のボスニア公共放送(PBS)サイト内では5月12日付のニュースとして同日までに75人が発症、38人が病院で治療を受けた、との報道)
これに関連してかどうかは不明ですが、現在「原則」として羊の群れを連れて別の地域に移動する事は禁止になっています。(実際のところこの国で法律は余り効力ありませんから・・・--;)また、バニャ・ルーカだけでなく、2000年にはカカニィで動物との接触と農法の変更が原因と見られるQ熱に177名が発症するという事例も報告されています。

ちなみにこのQ熱、1930年代に初めて発生が報告されたオーストラリアでは1991年から2000年まで年平均で582.4件発生したそうですしフランスを始め欧州諸国での発症例も報告されています。(参考:人獣共通感染予防医学研究所ウェブサイト) ちなみに現在のバニャ・ルーカ市ではQ熱に感染する恐れはありませんので・・

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

乳ガン検診のススメ «  | BLOG TOP |  » 暑いのに

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。