topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳ガン検診のススメ - 2005.07.22 Fri


先回に引き続き病気ネタで恐縮ですが、本日生まれて初めて乳ガン検診に行って参りました。

数年前から右胸と脇の下の間が時折痛む事、知人の奥さんが妊娠と同時に乳がんである事が発覚した事祖母が若くして乳ガンで亡くなっており、その妹も同じく乳ガンを発病しているので、遺伝が心配になった事それ以上に、最近ダンナが車で検診に送っていった知人達に相次いでガンもしくは良性の腫瘍が発見された事で私の痛みがガンとは関連のないものだと確かめたいという彼の強い意向により検診行き決定。
いつもなら婦人科関連は妊娠・出産時にお世話になったドクターのクリニックで診てもらうのですが、今回は超音波、及びマンモグラフィー検査が可能な隣町ドボイのプライベートクリニックへ。(私信:わはは大空さん、今日ドボイに行ったのはこの為なのです)
初マンモグラフィー体験を前に、「胸がこんな風に挟まれて煎餅みたいにぺッタンコになっちゃうんだね~」と浮かれていたところ、電話での予約の際に「35歳以下の方は超音波検査で問題が無い限りマンモグラフィーの必要はありません」との事でした。オッパイ煎餅の刑は免れた?!

このクリニックでは35歳以上でしたが、ネットで調べた感じ日本のガン検診でもマンモグラフィーは40歳以上の市町村が多いみたいですね。どうでもいい余談ですが、オッパイプリンや饅頭はあってもオッパイ煎餅って見かけないですね。本当どうでもいいんですけど・
予約より少し早い時間に名前を呼ばれて検査室に入ると小柄で感じのいい女医さんが出迎えてくれました。まず右胸の痛みについて説明し、指示に従って上着を脱いだところで既にドクターのダメだしが!「あなたね~、こんな肌に後が残るようなブラを付けてたら血行も悪くなるし自分で病気つくるようなものよ」・・すいません。今日はうっかりサイズの合うブラが洗濯機の中に入っているのでややキツめのものをつけて来ました・・
でもドクターは判り易く(といっても専門用語は難解な部分もあるので持ち合わせている知識で「○○の事だろうな~」と聞いてましたが)、質問攻めの私にも時間を掛けて説明してくれたので、検診に来てよかった~と心から満足☆右胸からだけ断乳後約一年間お乳が出てた理由も分ったしね

私にとってはあっという間に終了した検診だったけど後でダンナに聞いたところでは30分近く診察室に居座っていたらしいです。3分診療の日本ではありえない事ですね。でも、日本で私が行きつけにしてる病院はなぜか話好きのドクターが多いんですけど。暇なのか(爆)、それとも予約制なので時間に余裕があるのか・・

最後に検査結果、及び万一右胸の痛みが2日以上続く場合に飲む薬の処方箋を貰ってきたのですが、結果の最後の欄には
「診察時のアドバイス:触診の方法とブラジャーの種類
とありました(^^;)

そうそう、結果はメデタク「異常なし」でした♪御無沙汰してる産婦人科のドクターのところにもそろそろ検診に行かないとね

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

日本とボスニアのかけら «  | BLOG TOP |  » 感染病イロイロ

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。