topimage

2017-10

日本とボスニアのかけら - 2005.07.23 Sat

※今日はリンクさせて頂いているvonnoelさんの『あなたの「日本」、私の「日本」』にトラバしております。

世界も広いけど、日本も狭いがその中は実にバラエティーに飛んでいるよな~と思わせていただいたVoonoelさんのブログですが、同国人同士話が盛り上がる中、時折何となく違和感を感じる事、私もあります。
メールや会話でお互い海外生活を愚痴っていたりすると必ず出るセリフ「日本だったら・・・・ですよね~」でも、同意を求められても「そう、そう、そう!」って首を縦にブンブン振れない瞬間に出くわすと思う。といっても、日本を離れて長いので、浦島状態に陥っているわけではないのですよ(笑)
年々日本の何処に住んでいても同じサービスが受けられるようになってきているし、情報だってTVやネットで即座に最新のものが入手できる昨今。でも、地域性っていうのは全国一律にする事はできません。
全国津々浦々から集まってきた人達が「日本」の話だからといって満場一致できないのは当然の事ではないだろうかと思うんですよね。仮に私が住んだ事のある地域で日本を語るとしたら、どうなるだろう?と考えてみたのですが、恐らく下のような文章になるはず。

「日本にいたら毎日取りたてのお魚が食べられるのにね~ 日本にいたら冬は雪は殆ど降らないし、ダウンジャケットなんて無用の 長物よね~ 日本にいたら市内に子どもと大人がが楽しめる施設が周辺に 何箇所もあるから、 車さえあれば 家で子どもと2人で 煮詰まった生活をしなくていいのにね~」

考えてみると中学生以下の子どもと住むには環境がいいかも・・(笑)いや、そういう事を言いたいんじゃなくて、私達を取り囲む環境や人々を日本の標準として話は出来ないって事。
日本であれ、現在私が住むボスニアであれ私が目や耳にしている事の1つ1つはその国を形づくるカケラなのであって身の回りに落ちているカケラしか寄せ集めていても決して全体は見えてこない。自分にとって身近なカケラだけ拾っていれば、本当は楽な事は百も承知。でも、全体像を知り、語りたいのであれば時には鋭い破片に指が傷つく事があっても、それが真実ならば敢えて他の場所に落ちているカケラを拾い集めに行く事も辞さない・・
(でも、客観的にみても余りに一方的でイビツな情報で固められたカケラだったら拾おうと思わないけどね)

カケラを集めれば集める程、その形が正確に見えてくるはずこの先の人生、私はどれだけのカケラを拾い集められるだろうか
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

「外国人力士はなぜ日本語が上手いのか?」 «  | BLOG TOP |  » 乳ガン検診のススメ

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イムリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年9月9日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 66.32 円

<クロアチア>1ク-ナ= 17.45円

<セルビア>1ディナール= 1.08 円

<マケドニア>1ディナール=2.1 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 129.79円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード