topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スリの気配を感じたら・・ - 2005.07.26 Tue

高級乗用車に軽く追突し、ぶつけられた車の運転者が車外に出たすきに、ぶつけた側の仲間が車を乗り逃げする、自動車盗難の新手口を「ごっつん盗」と呼ぶそうですね。
ところで、これ「ごっつんとう」という呼び方でよいんでしょうか?気が動転してたら思わず「ご、ごっつぁんとうだ!」って口走ってしまいそうです。

それにしても、オレオレ詐欺だの、ごっつん盗だの、と次々と犯罪の新手口が出てきますね。日本の情報をチェックしてなければ帰省時にうっかり引っ掛かってしまうかも。私も昨年だったか、購入してない化粧品が着払いでしかも旧姓宛てに送られて来たそうです。親は私に確かめるまでもなく、受取拒否してくれたそうですがもう結婚して5年も経っていたのに旧姓で、というのも随分古いデータを基に送ってきたものですね(^^;)

幸いこの手の犯罪の被害にあったことはありませんがベオグラード滞在時代に、スリ未遂には遭遇した事があります。
いつも同様満員のバスに乗り込んだところ、何となくバッグのあたりがモゾモゾとするので、そちらの方に少し視線を送ったところ隣に立っていた若い男性が、自分のパーカーに何気なく私のバッグを巻き込んで中を物色しているではありませんか!?(-0-)正真正銘、スリ行為の現場ライブです。

しかし、奥さん慌てる事はありませんなぜなら 私のカバンの中はトレーニングで汗にまみれたTシャツ、ショートパンツ、靴下、タオル・・と私の汗と涙怜にまみれたもの満載だったからです。奴のターゲットと思われる財布は上着で隠れるジーンズのポケットの中に入れてあったので、どれだけカバンの中をまさぐられても出てこないわけよ。きっと「なんだ~この妙に湿っぽいものは~」と思っていたに違いありません。
ちなみにバックにお財布等貴重品を入れてある場合にはショルダーとファスナーのあたりをしっかり握っておくとか一応防犯になるだろう手段を講じております。
もういい加減にせーよ、と思い一発彼に向かって睨みを利かせたところ大人しく手を引きましたが被害は無かったとはいえ、行為自体は許すまじ!という事でバスを降りる際に、さりげなく後ろ蹴りを食らわしておきました。間違って罪の無い人の足に蹴りが入っていない事を祈ります。(笑)

ボスニアに来てからは幸い満員の交通機関を利用する機会が少ない為このようなケースに遭遇した事がありませんが5、6年前程前、ダンナとサラエボを訪れた際にターミナル近辺でダンナから「あの男性2人組、お前のバック狙っているぞ。気をつけろ」と警告された事があります。幸い現在のところ犯罪に巻き込まれた事はありませんがカフェ等で座っている時やちょっとした瞬間でもバッグは体から離さないこの原則だけはいつも忘れないようにしています。あ、でも、車からガソリンが抜き取られるというのは予想だにしてなかったかも・・

;<追記>犯罪(未遂)の事ばかり書き連ねてきたのでボスニアって治安が悪い国と誤解を受けた方もいるかもしれませんが、治安に関しては今の日本なんかと比べたら数段安全ですので、油断は大敵ですが、ナーバスになる必要はないと思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Antonio, Vruce mi je... «  | BLOG TOP |  » 普通にニッキ ~郵便局から図書館へ~

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。