topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死~いつかは迎える日~ - 2005.07.29 Fri

昨日の夕方、一週間程前に4度目の脳卒中で倒れここ数日がヤマだろう、と思われていたダンナの叔母が亡くなりました。

今回の脳卒中はこれまでで最も重い症状で薬剤師をしている彼女の娘も「今回は、もうダメかもしれない・・」と話していたので、皆心の準備はそれなりにできていたとはいえ実際に亡くなってみると、その人がどれだけ私達の中に存在感があったのか、という事に改めて気づかされますね・・
そんな事をシミジミ考えているのは私位でダンナを含め親戚の面々は、この猛暑の為今日の午後行われる事になった葬儀に向けて急ピッチ会場設定やら、親戚(これがまた多い!)への電話連絡等に追われております。今朝も朝からダンナは叔母の家がある近郊の村へ向かい我が家には先程チラっと顔見せに来た位。なんせその村には商店が無い為、必要なものが出てくるたびに結局車で20分程かけてデルベンタまで出てこないといけないのです。ダンナがデルベンタに戻って来たのは、葬儀に必要なものを手に入れる為と※Smrtovnicaと呼ばれる死亡知らせを街の各所に掲示する為でした。(※相互リンクさせて頂いているAn-chanさんのブログでは「Umrlica」と呼ばれてます。この詳細は彼女が詳しく解説していますので、そちらをどうぞ)

亡くなるまでの60数年間、休む暇もなく働いて、口数も少なく人生の楽しい部分を見ないまま、亡くなっちゃったんじゃないかな、というのはダンナの言葉だけど、イースター休暇で隣国セルビアから戻って来た息子と過ごしていた際、いつになく嬉しそうだった顔がとても印象的だった私としては(いつも控えめ彼女なだけに、余計印象深く残ってる)楽しい部分はやっぱりあったんじゃないかと思ってる。でも、彼女が愛した息子も彼女の死に目には間に合わなかった・・・それでも、自宅で夫や他の子供、孫達に見取られながら息を引き取ったのは最期の形としてはやっぱり幸せだったんじゃないかな、と。

勿論これは生きている側の勝手な憶測だし、自分が亡くなる時はどう思うのだろう・・などと、暑さで溶けかかった脳を活性化させながら色々思いを巡らせてしまいました。
ちなみにこちらではもう手の施しようがない場合、自宅で過ごさせるケースが多いそうです。本当は最後のお別れをする為葬儀の前に顔を出そうと思ってたんだけど足となるダンナが方々に走り回っている上、この暑さで幼い息子を連れて行くのはやはり難しいので自宅待機になりました。
葬儀後に泊まりに来る彼女の息子一家を迎える為家の掃除をしながら、彼女の冥福を祈っていようと思います。

<追記>?当初An-chanさんのブログにトラバさせて頂いたのですが、どうも上手く反映されないようですので、記事へのリンクは残し、トラバは外させて頂きました。An-chanさん、ごめんなさい。?同じく相互リンクさせて頂いているわはは大空さんのブログには先々月お亡くなりになった お父様の供養について記述されてますが、日本にも○回忌だけでなく、色々と細かく 供養の儀式があるのですね。色々参考にさせていただいたのですが 中でも「初立の日」は印象に残るよいお話でしたのでこちらの方トラバさせて頂きました。 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Summer/カローラのCM «  | BLOG TOP |  » Antonio, Vruce mi je...

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。