topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(元)ガールズトーク&水と食べ合わせが悪いのは? - 2005.08.16 Tue

夕方、ダンナの元・教え子Dが遊びに来た。現在大学生の彼女は高校時代ダンナが開講していた日本語クラスに参加してくれてた子で、休みで帰省すると時々我が家に顔を出して、日本語のおさらいをしたりする。しかし、彼女も大学生ながら兄弟の子ども達のベビーシッターに駆り出される事が多いだけあって、話のテーマが日本語から育児にシフトしている事も多い。「私も勉強とか色々やる事があるからベビーシッター引き受けるのも大変なんだけど、親の方は仕事から戻ってきたらクタクタだし、奥さんは家事もあるし、やっぱりその上での育児ってシンドイと思うんだよね~」って、20代前半の遊びたい盛りに何て兄弟思いな事だ・・(感涙)今回の話題は↓でも紹介した28日前後の祭りの事にも及んだのだけど、彼女も余りお祭りに心が弾まない、という事で一致。祭りという行為自体はキライじゃないんだけど、その為に日常生活に支障がでるのは我慢できないのだ。普段支障がなければ「この数日位・・」と寛容な気持ちにもなれるものだろうけど、毎日多少なりの支障がある上に、更に、となると気分もゲンナリだろう。まあ、そういった不便な部分もひっくるめて楽しめるのが生活の達人なのだろうけど。この7年間でかなり腹が据わった部分も大きいけど、それ程大したレベルの問題ではなくて、つい人前でグチりたくなる事もある。でも、グチっていると思わせる反面、実は「もー、しょーがない状況だな~!」と皆で一緒に笑い飛ばしてしまいたいという気持ちもあって、自分の腹の中に貯めておけるような事もわざわざこうして文にしているのかもしれない。話が少し横にズレたけど、お祭りの話の延長でとうもろこしの話題が出て、私はここで缶詰以外のとうもろこしを口にした事がなかったのだけど、Dは親戚の家でとうもろこしの収穫をする際に茹でてもらえるとうもろこしが好きなのだと言う。そこで、私が「そういえば、昔とうもろこしを食べた後は水を飲んだらいけないって言われてた記憶があるよ」と教えると、Dは果物と水、特にリンゴは食べ合わせが悪いと教えられてきたらしい、という事が判明!食べ合わせの相性って色々言われているけど、本当のところはどうなんだろう?ついでに文化の相性も知りたいところ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

9月1日以降にサラエボへいらっしゃる予定の方へ «  | BLOG TOP |  » 日本と余り縁がない人の日本食セレクション

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。