topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dan D & それぞれの世界の中心 - 2005.10.10 Mon

※10日にこの記事を読んでくださった方へ記事Up後にボスニアのW杯予選突破の可能性について勘違いしていた点があり、サッカーに関する記述を大幅に訂正しています。大変失礼致しました。m(__)m

「Dan D」とは英語でいうところのD-day、つまり第二次世界大戦において英米連合軍がノルマンディに上陸しヨーロッパ大陸進撃開始した日(及び軍事用語で作戦行動[攻撃]開始予定日)の事です。
実は私、歴史は元担任の歴史の先生に「いや、お前は世界史苦手だったのに、またとんでもなく複雑な歴史の地域の嫁にいったもんだ(笑)」と言わしめたほど歴史は苦手科目だった為ネットで確認してしまいました。一応名誉?のため申し上げておくと、勿論ノルマンディー上陸作戦が教科書に出てきたのは覚えてますよ。ただ、DAN Dがどうこの出来事と関わっているのかに確信が持てなかったという事なのです。(何故こんなに言い訳してるのだろう>汗)

このDan Dという表現、サッカーの試合などでは決戦の日という意味合い等でマスコミに使われる事があります。現在行われているサッカーのW杯予選では、12日に行われる予選最終節がまさにDan D。
ボスニア・ヘルツェゴビナ代表(以下BiH)が入っているグループ7も現在首位のセルビア・モンテネグロから3位のボスニアの間の勝ち点差が僅か3。しかも、最終節は首位セルビア・モンテネグロとボスニアの本選行きを賭けたサバイバル対決&それ以前にこの組み合わせからしてハイリスクの闘い、という事で究極のDan Dとなってしまいました。
しかし、BiHは昨日のサンマリノ戦でベテランのボリッチがハットトリックで勝利(3-0)を収めたものの、グループ2位のスペインが2-0でベルギーに完勝してしまった為、次節でスペインがマルタに負ける可能性が非常に低い事を考えると、仮にBiHがセルビア・モンテネグロに勝利したとしてもグループ1位通過の可能性は限りなく厳しいものになってしまいました。(仮に次節でスペインが勝利すると勝ち点20、BiHが勝利しても勝ち点19でスペインに僅か及ばず。ちなみにBiHがセルビア・モンテネグロに敗れた場合にはセルビアの勝ち点22となりスペインを上回ってグループ1位=本選行き決定)8日のBiH対サンマリノ戦では場内アナウンスで「さあ、水曜日(12日)のDan Dは皆でBiHを応援しましょう」といった事を呼びかけてサポーターの士気を高めていたのがTVから聞こえてきたのですけど、私の周囲の下馬評では引き分けの可能性が濃厚とされています。
でもBiHのW杯出場の可能性(プレーオフも含めて)はセルビア・モンテネグロ戦の勝利しか残されてません。思い起こせば2年前の欧州選手権予選の際も、最終戦(対デンマーク)で勝利を収める事のみが本選出場(もしくはプレーオフ)への条件という、今回と全く同じシナリオでした。それだけに今回は是非勝利を収めて念願の本選への望みを繋ぎたいところです。
しかし、その対戦相手であるセルビア・モンテネグロは私にとって旧ユーゴへ関心を持つきっかけをもたらした国でもあるわけで、それぞれの国に違った形の思い入れがある中、応援の胸中かなり複雑なものがあります・・

ところで、セルビア・モンテネグロVSBiHが行われるベオグラード在住の友人から現地情報を仕入れようと携帯メールを送ったのですが、彼女から戻って来た答えは「えー、サッカーの試合?何の事??いつあるの?」とのこと。友人がサッカーのみならずスポーツ全般に関心がない事は承知の上だったので、この返答は想定内とはいえ、ちょっと苦笑い。でも、この一戦はスポーツ関連のみならず、ニュース等でも取り上げられているので、試合がある事位は知ってるかな、と思ってたのですけどね。

毎日ニュースで取り上げられていたとしても、興味がない分野というのは聞いているようで、直ぐに頭から抜けてしまうものだというのは自分にも経験のある事です。その一方で、以前とは比にならないけど、BiHのW杯出場を意識し始めてからサッカー中心の生活をしていた事に気が付きました。最近BiHの停戦10年でも思う事ですが、自分にとって意味のある事でも、ボスニアの出来事が生活の中心にない人にとっては意識の片隅にもない事だし、先日日本中を沸かせた阪神の優勝も、ブリトニー・スピアーズの出産も、押尾学の事実上引退も、それが自分の世界の中心と関係がなければ、瞬時に記憶の奥底に眠ってしまう、もしくは記憶から抹消されてしまう、他愛もない事なのだったりするのですよね。(ちなみに阪神優勝以外は私の記憶から急速に遠ざかりつつあります) でも、己の世界の中心外にある事でも目をむけるべき現状は沢山あるわけで、時には軌道を外れて他の世界の回りを巡ってみる事も必要なのかな、と思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

赤い実の如く «  | BLOG TOP |  » のろまなカメも5人の子持ち

プロフィール

Mic'o(みーちょ)

Author:Mic'o(みーちょ)
======================================

1999年からボスニア・ヘルツェゴビナ北部の小都市・デルベンタに在住。現在は主婦時々お仕事の生活。
これまでに関わったお仕事は、各種通訳及び翻訳(セルビア語、クロアチア語、ボスニア語)、取材コーディネーター、ボスニア関連コラム(サッカー、生活事情)執筆、ラジオ出演など。
詳しい経歴はこちら⇒http://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htmhttp://www.geocities.jp/prirodnaljepotabih/profile.htm)


2015年からボスニア北部の伝統刺繍(ズミヤニェ刺繍、イミリャニ刺繍)に取り組んでおり、ボスニア国内や日本でこれらの刺繍を紹介するイベントを開催してきました。また、これまで制作してきた刺繍作品を紹介するブログを更新しております。
「ボスニアで手に色(しょく)生活」
「ボスニアで手に色(しょく)生活」

http://ameblo.jp/micobih/

仕事関連や刺繍に関する問い合わせはtagjug@hotmail.comまでお願いします。(状況により返事が遅れたり、返信できない事もありますので、予めご了承下さい)

※お問い合わせに関するお願い
ここ数年、在外邦人をテーマにしたある番組から出演依頼のメールを頂くのですが、諸事情によりプライベートな生活の紹介を含むTV取材等は遠慮させて頂いております。何度お断りしても他のルートを通じて繰り返し同様のご連絡を頂くので、当方もその都度お断りの返事をしなければならず、大変困っております。私にだけでなく、知人にも迷惑が掛かっているケースもありますので、ご理解の程よろしくお願いいたします。
========================================

ブログランキングに一応参加中
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ボスニア北部の伝統刺繍作品

画像をクリックするとアルバムが閲覧できます。(今後随時作品を掲載していきます)

なお、画像の無断転載を固くお断りします。

2017年ボスニアの主な移動祝日

年によって日付が変動する各宗教の移動祝日。2017年は以下の通りです。

4月16日 イースター
(ローマカトリック、セルビア正教)

6月26日 ラマザン・バイラム初日
(イスラム教)

9月2日 クルバン・バイラム初日
(イスラム教)

旧ユーゴの為替レート(対日本円)

Bloomberg.co.jpの為替レートを基にしています。

(2017年1月15日現在)※実際の両替レートとは若干差があります

<ボスニア>1コンヴェルティビルナ・マルカ= 62.16 円

<クロアチア>1ク-ナ= 16.15円

<セルビア>1ディナール= 0.98 円

<マケドニア>1ディナール=1.97 円

<スロベニア、コソボ及びモンテネグロ※>1ユーロ = 121.32円

※モンテネグロ及びコソボは欧州連合に加盟していないものの、通貨としてユーロを導入中

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。